SMAP

古い地図じゃないと中居正広が発言し紅白でSMAP再結成の可能性を示唆?新しい地図に加入もある?

古い地図じゃないと中居正広が発言しSMAP再結成の可能性を示唆?新しい地図に加入もある?
Pocket
LINEで送る

2019年11月18日11時56分から放送された「中居くん決めて!」での中居正広の発言がSMAPファンの間で話題になっています。

グラビアアイドルの、ちとせよしのがVTR出演しましたが、そのくだりで「初めてジャニーズの方に」と中居がジャニーズと知らなかったような発言をしました。

そこで中居正広が「俺、古い地図じゃないんだよ!」と新しい地図を連想させるような発言をしました。

この発言で「SMAP再結成するのでは?」との声がファンの間で広まりました。

真相はどうなのでしょうか?

今回は「古い地図じゃないと中居正広が発言しSMAP再結成の可能性を示唆?新しい地図に加入もある?」と題しお届けします。

 

古い地図じゃないと中居正広が発言

「中居くん決めて!」の番組で、King & Princeの高橋海人がゲスト出演しました。

上のツイート内の動画にあるように、中居がちとせよしのに「会いたいでしょ?」と聞くと「初めてジャニーズの方に」と返しました。

これを受けて自分もジャニーズだと言うために「俺、古い地図じゃない!」と言いました。

この発言は元SMAPメンバーの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の新しい地図と絡めた発言だと思われます。

この発言の意図は何なのでしょうか?

新しい地図に入るといった意味なのでしょうか?

ツイッターではこの発言を受けて様々な憶測が飛び交っていました。

また同番組では「僕が教えたんで10%みたいなことはないですか?」という発言から、香取の楽曲のタイトルの「10%」とかけたのではとも言われていました。

 

中居正広の古い地図発言でツイッターでの反応は?

この古い地図発言でツイッターを見てみてもファンのツイートであふれていました。

これはどんな意味なのか、SMAPに関する発言をしてくれてうれしい、再結成をにおわせているなど様々な意見がありました。

どのような意味があるにせよ、ファンからするとこのような発言ができるようになったということはうれしいことのようです。

以下が今回の発言に触れているツイートの一部です。

古い地図じゃないとはSMAP再結成の可能性を示唆?

また11月16日には東スポがSMAP再結集の企画が持ち上がっていると報道しました。

これはNHKの紅白歌合戦にSMAPが出るかもというものです。

7月に亡くなったジャニーズ事務所の前社長ジャニー喜多川の追悼企画をしようと考えられていて、そこでSMAPも再集結させようと動いているようです。

今年もジャニーズからは5組の出場が決まりましたが、これまで何グループも出ている紅白で追悼企画をする可能性は十分にあり得ますね。

テレビ局関係者によると毎年恒例のジャニーズのカウントダウンコンサートが行われるが、東山紀之やKinKi Kidsなど豪華ゲストが出演することも考えているようです。

そこで解散してしまったSMAPもジャニーさんの追悼企画となったら出演してくれるかもと、紅白の舞台でSMAPが再集結してくれないかと模索しているようです。

今回の中居正広の「古い地図」発言はこの紅白での再集結をにおわせているのかもしれませんね。

もしくはファンや世間の反応を見るために言った発言なのかもしれません。

再集結希望の声が高まれば紅白でSMAP再集結の舞台が実現するかもしれませんね。

もう一度5人そろった姿を見たいものです。

 

古い地図じゃないと中居正広が発言まとめ

中居正広の「古い地図じゃない」発言でファンの間で話題となっていますが、実際のところどうなるのでしょうか?

紅白ではSMAP再集結に向けて動いているようですし、もしかしたらあり得る話なのかもしれませんね。

もうSMAP5人そろった姿は見ることができないと考えていたファンも多いかと思いますが、ここにきて可能性が出てきました。

今後の展開を見守っていきたいですね。

以上「古い地図じゃないと中居正広が発言しSMAP再結成の可能性を示唆?新しい地図に加入もある?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る