僕のヒーローアカデミア

ヒロアカのワンフォーオールの譲渡と個性特異点について考察!呪われた力だった?

ヒロアカのワンフォーオールの譲渡と個性特異点について考察!呪われた力だった?
Pocket
LINEで送る

ワンフォーオールとオールフォーワンが遂に直接対決したヒロアカですが、徐々にワンフォーオールの秘められた力などが明らかになってきていますね。

初代から九代目のデクまで譲渡されながら、代々の継承者の個性を取り込み、ワンフォーオールは脈々と受け継がれてきました。

ですが、その力は強大でデクの体を壊しかねないものとなってきています。

初代ワンフォーオール曰く、「ワンフォーオールの力は個性特異点を過ぎてしまっている」とのこと。

その個性特異点とはどのようなもので、デクにどのように作用してくるのでしょうか。

そしてワンフォーオールの力を爆豪は「呪われた力」と言いましたが、なぜそのように言い捨てたのでしょうか?

改めてワンフォーオールの力をおさらいしていってみようと思います。

今回は「ヒロアカのワンフォーオールの譲渡と個性特異点について考察!呪われた力だった?」と題しお届けします。

>>ヒロアカ最新話はどうなる?<<

 

ヒロアカのワンフォーオールの譲渡と個性特異点について考察!

それではワンフォーオールの譲渡や個性特異点について見ていきましょう。

 

ヒロアカのワンフォーオールの譲渡

ワンフォーオールは「力をストックし、別の誰かに譲渡する」という個性で、これを繰り返すことで受け継いでいった相手をどんどん強化する能力を持っています。

そんなワンフォーオールの譲渡方法ですが、使用者が「継承させたい人に『個性』を譲りたいと思いながら遺伝子の一部を摂取させること」です。

オールマイトがデクにワンフォーオールを譲渡したときは、オールマイトの髪の毛を渡して食べさせていましたが、他の継承者の時は血液を使用した可能性があります。

五代目継承者ラリアットの回想では、頭から血を流しながら必死に血液を介してワンフォーオールの譲渡を行おうとしていました。

ワンフォーオールの継承者たちは、ある程度の時期になると次の継承者にふさわしい人物に目星を付け、死の間際に譲渡してきたのだと思われます。

ちなみにワンフォーオールの譲渡を行ったからといって、前の使用者がすぐにワンフォーオールを使えなくなることはなく、徐々になくなっていくようです。

なので、オールマイトはデクに譲渡した後もヒーロー活動をしていたというわけですね。

 

ヒロアカのワンフォーオールと個性特異点

「個性特異点」とは、個性が発現するようになった世界で第四世代から見られるようになった現象です。

段々と個性が世界中の人々に広まると同時に、強い個性が出てくるようになりました。

しかし生まれ持った個性でも、強力過ぎる個性は所有者である人間の体を傷つけるまでになり、最悪命を落とすことにまでなります。

世代を重ねるごとに複雑に、強力に、膨張する個性に体の進化が間に合わずに、コントロールを失うその現象を個性特異点と呼びます。

容量に合わせて体を適応させなければ、どんなに強い個性でもコントロールできませんよね。

これは複数個性を操るオールフォーワンにとっては死活問題になってくるので、元々ドクターがオールフォーワンのために始めた研究でもありました。

ワンフォーオールは個性を受け継ぎ、特異点を過ぎる事で歴代の個性も使用可能になるという利点があります。

ですが、その反面コントロールしにくくなり、暴走する危険性も…。

現在ワンフォーオールは個性特異点をとうに超えていて、その為歴代後継者たちの個性を徐々に使えるようになっていますが、その分デクの体に負担がかかっています。

以前、黒鞭が暴走したのもこの個性特異点を超えた影響でもあるようですね。

 

ヒロアカのワンフォーオールの力についてのツイッターの反応は?

 

ヒロアカのワンフォーオールは呪われた力だった?

デクがワンフォーオールをコントロールしようとしている様子を、爆豪はオールマイトとみていました。

みんなを守るために、歴代の力を借りて戦うデクのその姿を、しかし爆豪は喜ばしく思っておらず、逆に痛ましく思っていました。

そんなワンフォーオールの力を「呪われた力」であると言い捨ててさえいます。

確かに、オールフォーワンとの因縁を無理やり背負わされ、そして歴代後継者たちはみんな短命になるという運命を辿っています。

ワンフォーオールを継承するということは、「選ばれた」というよりも「ただそこにいたから託された」という意味合いもあります。

デクはワンフォーオールを20%しか使えないので、特にデメリットの方が体にも大きく出てくるということでした。

そんな苦難しかない道に、苛めていたとはいえ幼馴染を歩ませたいとは思いませんよね。

 

ヒロアカのワンフォーオールまとめ

ますます戦いが激化していくヒロアカですが、その中でワンフォーオールの謎も徐々に明らかになってきていますね。

夢の中で初代ワンフォーオールに出会ったことで、明らかになったことが多かったと思います。

譲渡方法はデクがオールマイトから譲渡した際に明らかになっていましたが、歴代後継者たちが譲渡したときのことも何となく察せられますね。

さらにワンフォーオールは個性特異点という、デクの体に大きな害を与えかねない一線をすでに超えているということでした。

その代わりに歴代後継者たちの個性が使えるようになりましたが、その為にデクが戦えなくなってしまい、更には暴走を起こしてしまう可能性すらあります。

そんなワンフォーオールを、これまでの継承者の末路を顧みて爆豪は「呪われた力」を言い捨てました。

果たしてワンフォーオールは今後どのようにデクや周りの人々に影響を与えるのでしょう。

そしてワンフォーオールは本当に呪われた力なのでしょうか。

以上「ヒロアカのワンフォーオールの譲渡と個性特異点について考察!呪われた力だった?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る