ワンピース

【ワンピース1006話ネタバレ】花のヒョウ五郎感染!マルコがキングたち相手に奮闘!

【ワンピースネタバレ最新話1006話速報】ブラックマリア人獣型VSロビンの悪魔

2021年3月8日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース本誌1006話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。

前回のワンピース1005話では、サンジがブラックマリアに痛めつけられたあと、ロビンに助けを求めました。

ロビンとブルックはすぐに助けにやってきてサンジを救出、ブラックマリアと対峙しますが、ブラックマリアは服を脱ぎ、「女難」の刺青を見せつけます。

一方、ヤマトとモモの助は敵に居場所がバレ、ウソップがメアリーズを不審に思い、ジャックが錦えもんたちの所に向かっています。

ブラックマリアとロビンたちの戦いはどうなるのでしょうか。

ワンピース1006話では、ヤマトたちの居場所が再び敵にバレます。

キャロットも倒されてしまい、ペロスペローが城内に入ります。

マルコがキングとクイーン相手に奮闘していますが、ヒョウ五郎親分が氷鬼に感染。

花のヒョウ五郎、侠客として最期の矜持を見せつける…!

今回は「【ワンピース1006話ネタバレ】花のヒョウ五郎感染!マルコがキングたち相手に奮闘!」と題しお届けします。

>>ワンピースの最新話ネタバレはこちら<<

 

ワンピース1006話ネタバレ考察

考えられる今後のワンピースの展開を紹介していきたいと思います。

ワンピース最新話1005話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ワンピース1006話ネタバレ考察|ワンダとキャロットの攻撃

ワンダとキャロットの登場によりマルコは先に進むことができたワンピース995話。

スーロン化で登場の2人かっこよかったですね。

この2人の攻撃によりぺロスペローは顔面に深い傷を負いましたが、ビックマムはカイドウの元へ向かったのでぺロスペローはワンダとキャロットと戦うことになります。

ペドロの死について自爆したんだと話すぺロスペローですが、ワンダとキャロットは仇を打つ気持ちに変わりはなさそうです。

深い傷を負っているぺロスペローですがこのままキャロットたちは倒すことができるのでしょうか。

ぺロスペローの能力、飴は炎耐性が低い弱点を持ち、キャロットの攻撃は電気をまとったものなのでキャロットが有利な感じもしますね。

このままぺロスペローは敗れるのでしょうか。

 

ワンピース1006話ネタバレ考察|ワンピースを読んでの感想・予想ネタバレツイート

以下がワンピース1006話を読んでの感想、これからのワンピースの予想をしていたネタバレツイートの一部です。

 

ワンピース1006話ネタバレ

ワンピース最新話1006話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ワンピース1006話ネタバレ|侠客”花のヒョウ五郎”

ワンピース1006話は巻頭カラー、表紙はローとルフィとキッド、カラーページはカイドウと幹部たちです。

ワンピース1006話タイトルは「侠客”花のヒョウ五郎”」です。

ルフィの流桜の師であるヒョウ五郎に何が起こったのでしょうか。

また、ヒョウ五郎がメインにくるということは、今回も屋上での戦いはお預けになりそうです。

ルフィたちの戦いも待ち遠しいですが、カラーがカッコイイのでOK!

激化する城内の戦いの行方は…?

 

ワンピース1006話ネタバレ|モモの助が見つかる?

ワンピース1005話ではヤマトとシノブが勇ましく「開かずの倉庫」の扉をぶち破り、全員をのして人目につかない所に行こう!という流れでした。

ただまたしても城内をウロウロしている別のメアリーズを通し、バオファンに見つかります。

しかも服の中に隠れていたモモの助も透視されます。

バオファンの能力が有能すぎる!

モモの助はヤマトの腰にぶら下がっていて、頬は赤く、鼻の穴を膨らませています。

さすが大将、緊張感のある展開を和ませてくれます。

ヤマトはしのぶを誘導しますが、しのぶに目立たない道を通ってと念を押されました。

 

ワンピース1006話ネタバレ|サンジが選んだ行き先は?

モモの助発見の知らせはバオファンの能力によって城内に拡散されます。

宝物殿に向かっている城内3階のサンジにもその声は届きました。

このまま錦えもんたちのところに行くのか、それともモモの助を守りに行くのか、方向は真逆、どちらに行くか迷います。

そして「こっちだ!!!」と言って、走り出しました。

サンジは高レベルの見聞色を持っています。

今度こそ捕まるだけでなく、戦力として活躍できる場所を感じ取り、そこに向かったのでしょう。

まだ見ぬヤマトの美しさを察知して導かれてしまったような気もしますが、気のせいでしょう。

 

ワンピース1006話ネタバレ|キャロット倒れてペロスペロー侵入

鬼ヶ島入り口でペロスペローと戦っていたキャロットとワンダが倒されてしまいます。

飛ばされたり、ビッグマムに軽く扱われていたりするせいかあまり強そうに見えなかったペロスペローですが、やはり強かった…!

そしてやはりワルでした。

お前らには天候の運が必要だった、ビッグマム海賊団のナワバリにピクニックでもしにきたのか、仲間に死なれたくなければ森で草でも食ってろと暴言連発。

それからキャロットの体を投げ捨て、せせら笑いながら城内に入ります。

どうやら月が隠れてスーロン化が解けてしまったことも敗因の一つのようですね。

天候を操るビッグマムや鬼ヶ島の移動のせいで天候が悪いです。

さらに百獣海賊団と手を組むのは不服だけれど、若僧共には四皇の格を教えたいと発言していました。

若僧といえばやはり最悪の世代のこと、敵に回ることになりそうです。

 

ワンピース1006話ネタバレ|氷鬼再進行!

ドーム内のライブフロアではマルコの青い炎の効力が切れ始め、ウイルスに感染した人々の氷鬼化が再び進行します。

感染した侍たちはお互いを励ましながら薬を作るチョッパーを守る盾になります。

ヒョウ五郎もその一人、懸命に戦っています。

その盾を破ろうとしているのはアプー率いる海賊たち。

 

広告

ワンピース1006話ネタバレ|伝説の大親分”花のヒョウ五郎”が強すぎて

チョッパーから抗体を奪おうとする海賊たちが泣きの報告を入れます。

裏切ったドレークと、突如現れたワノ国の伝説の大親分”花のヒョウ五郎”が強すぎてチョッパーに近付けない、と。

ヒョウ五郎は初登場時の弱々しい老人ではなく、筋骨隆々の立派な男になっていました。

ヒョウ五郎は氷鬼ウイルスに感染していました。

そして皮肉にも氷鬼ウイルスは、命と引き換えにヒョウ五郎の全盛期の力を引き出しています。

暴走しそうになる体を自慢の精神力で抑え、ヒョウ五郎は必死で戦います。

親分たちには抗体が間に合わず氷鬼になった場合、迷わず息の根を止めてくれと頼んであります。

ヒョウ五郎は「花の一刀流怒髪光拝」をさく裂、襲い掛かる元見廻り組総長ホテイら3人を一気に返り討ち!

全盛期のヒョウ五郎はカイドウからもスカウトがくるほどの実力者、すごい気迫を感じます。

 

ワンピース1006話ネタバレ|「なァおでん」

力を使い続けるヒョウ五郎の進行は早いようで、もはやこれまでかと考えます。

心の中でおでんに語り掛けます。

力の有り余っていた全盛期、ともにカイドウに挑んでいたらどうなっていたのかと時々考えた、と。

さらに錦えもんたちがおでんの遺志を継ぎ、見事討ち入りを果たした、ルフィという面白い弟子もできたと考えると、ワノ国にはきっと夜明けがやってくると確信します。

 

ワンピース1006話ネタバレ|マルコVSキング&クイーン

クイーンがヒョウ五郎たちを含む侍の殲滅を狙います。

ブラキオサウルス化した口からビームを放射しようとします。

が、マルコがそれを阻止、「鳳凰印」でクイーンの喉を焼き、侍たちに手出しする前に自分を倒せと挑発。

クイーンは今度マルコに向けてビールを放射、マルコが飛び上がって避けると、キングがマルコの片翼を斬りました。

着地したマルコは指でくるっと円を描きます。

とたんに炎が渦を巻き、キングに向けて業火「青炎雁(ブルーバード)」が放たれました。

キングが吹っ飛ばされたところにマルコが追撃、膝を入れます。

クイーンが援護に入ろうしますが、「鶴爪(オングル)」という蹴り技で突き放しました。

 

ワンピース1006話ネタバレ|マルコに限界が近い

キングたちをマルコが圧倒しているように見えます。

しかしマルコ自身は疲れてきているようで息切れしています。

10億越え2人を止めるのはキツい、抗体づくりを急げと呟きます。

そこでペロスペローがライブフロアに到着します。

随分疲れているようだと言ってワルい笑みを浮かべました。

 

広告

ワンピース1006話ネタバレ|男”花のヒョウ五郎”この人生にくいはなし!!!

「ウオオオ!!!」

いたるところで氷鬼化が始まりました。

ヒョウ五郎もまた自身の精神力の限界を悟り、座り込んで介錯を急かします。

本望、まるで天から褒美をもらったようだった、これ以上は味方を危険にさらすだけ、そう言います。

すると体が凍り付き、口から牙が生え、ガルルと唸り声を上げ始めます。

ヒョウ五郎はもう話せません。

だから心の中で念じます。

「後は頼んだお前達…!!!男”花のヒョウ五郎”この人生に…くいはなし!!!」

ここでワンピース1006話は終了!

次回も休載ではないようなので楽しみですね!

 

ワンピース1006話ネタバレまとめ

ワンピース前話1005話では、サンジがロビンに助けを求めました。

城内は騒然、しかしロビンとブルックはすぐに駆けつけてサンジを救出、錦えもんたちのところには復活したジャックが迫ります。

ロビンとブルックがブラックマリアと戦うことになり、サンジは錦えもんたちの所に行きます。

今後はブラックマリアの人獣型や真の恐ろしさが明らかになり、ロビンが悪魔の部分を見せてくれると考えました。

またメアリーズの対策が行われたり、助っ人の正体も判明するのではないでしょうか。

最新話速報としてワンピース1006話のネタバレを紹介してきました。

ワンピース1006話では、ヤマトたちが再び見つかり、サンジがそちらに行こうか迷います。

また、ドレークとともにチョッパーの薬作りを死守してきたヒョウ五郎が氷鬼ウイルスに感染。

マルコはキングとクイーンを相手に奮闘しますが、疲れが見えてきて、城内に入ったペロスペローにそれを悟られます。

そしてついにヒョウ五郎が限界を迎え、覚悟を決めました。

戦況悪化、しかし想いは確かに託される…!

ワンピース1006話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

今後のワンピースの展開も楽しみですね!

以上「【ワンピース1006話ネタバレ】花のヒョウ五郎感染!マルコがキングたち相手に奮闘!」と題してお届けしました。

>今すぐ無料でワンピース最新刊を読む<<

 


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。