ワンピース

【ワンピース968話ネタバレ】ロジャー海賊団解散でおでんはワノ国に戻りオロチにブチ切れ?

【ワンピースネタバレ968話最新話確定速報】ラフテルにたどり着いたロジャーとおでんはこれからどうする?
Pocket
LINEで送る

最近のワンピース(ONE PIECE)本誌ではおでんがロジャーの船に乗り込みついにロジャーの最後の航海が明かされていきます。

前話967話では、ついにロジャーがあの最後の島ラフテルにたどり着きました。

ラフテルというのはロジャーがつけた名前だったんですね。

今後もまだロジャーやおでんの過去の話となっていくかと思いますが、次々と謎だったことが明らかにされていきますね。

968話でラフテルに着いた後、ロジャー達はこれからどうするのでしょうか?

その後のワノ国の状況も気になりますね。

今回は「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ968話最新話確定速報】ラフテルにたどり着いたロジャーとおでんはこれからどうする?」と題しお届けします。

 

ワンピース968話ネタバレ

ワンピース968話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ロジャーがラフテルにたどり着いたその後

ロジャーは無事にラフテルから戻ってくることができました。

シャンクスがでロジャーを出迎え、何かを聞いたあとに号泣してしまいます。

ゴールドロジャーという名前が世界のすべてを手に入れた男として世界に知れ渡りました。

しかしロジャーはその「ゴールドロジャー」という名前は本名でないとし、訂正したいと思っていました。

ギャバンもラフテルに行き世界の秘密、Dの一族についてを知ったからか、ロジャーが今までDの名前を隠したかったわけが分かったと言います。

そしてロジャーが手にした宝全部のことをワンピース(ひとつなぎの大秘宝)と呼ぶようになりました。

ですがその宝のことを何もわかっていない世間の人々の様子を見てロジャーは笑います。

 

ロジャー海賊団の解散を宣言

今までを思い返すと奇跡の連続で、1年の余命とされた命で、これまで生き延びれたのはロジャー海賊団の仲間のおかげだとお礼を言います。

その言葉に皆照れてしまいます。

そしてロジャーはロジャー海賊団を解散することを宣言します。

ロジャーとレイリーはこの先の事を語り合います。

深海でロジャーやおでんだけが聞いくことができた声、聞いた預言は真実だとロジャーは言います。

自分達を超える者はこれから先に必ず現れ、少し早すぎたと話しました。

2人はワンピースを誰が見つけ出すのかと話します。

ロジャーは自分の息子がワンピースを見つけることを確信しているようです。

レイリーはロジャーに子供がいないと突っ込みますが、ロジャーはなおもできると言い張ります。

 

ロジャーがオーロ・ジャクソン号を降りる

最後の宴が始まりました。

ロジャーは海軍のいない海へ向かうと言います。

そして最初に自分が船を降り、その後おでんをワノ国に送っていくように言います。

ロジャーは死ぬ前に白ひげに会いに行くと言います。

おでんに白ひげの船に残っているイゾウをワノ国に帰すかと聞きますが、おでんは白ひげ海賊団になじんでいたら必要ないと答えます。

そして白ひげのことを頼むようにイゾウに伝えるようとロジャーに頼みます。

ロジャーはレイリーに何かを告げた後、船を降りていきます。

おでんの手記には男の別れだから誰も涙を流す者はいなかったとありましたが、全員が号泣してロジャーを見送っていました。

 

オロチとカイドウが手を組んだ経緯

ロジャー達がグランドラインを制覇したというニュースが飛び込んできてから2年後、カイドウはワノ国に流れて着いていました。

カイドウの百獣海賊団は当時ゲッコー・モリアも所属していました。

しかしモリアは野心的でカイドウを裏切り、2つの勢力が激突する勢力争いに発展します。

その抗争はワノ国全土を巻き込んでしまうような争いになってしまいます。

おでん不在のため、将軍代行のオロチがカイドウに加勢することを決めてしまいます。

オロチはこの時すでに、武器の製造を進めており、その武器はカイドウにとっても手に入れたいものでした。

またオロチもおでんが戻ってきたときのために、カイドウという力があったらと考えます。

両者の利害が一致し手を結んでいました。

そんな中におでんがワノ国に帰ってきたということでした。

 

おでんがワノ国に戻る

ロジャーが船を降りた後ロジャーの言われた通り、おでんをワノ国に送り届けます。

おでんはロジャー海賊団の皆と別れを告げます。

ロジャーの時のように、また会えるはずと皆涙を流しています。

ワノ国に戻ったおでんはまず九里に向かいます。

礼儀正しく育っていたモモの助におでんは驚きます。

しかし赤鞘九人男たちには、この非常事態に留守にするとはどういうことかと罵られます。

傳ジローとアシュラ童子はその頃にはいませんでした。

傳ジローh金貸し借りをしてワノ国を回っているようです。

その反対にワノ国の民たちからは歓迎されていました。

それは先にワノ国に戻ったトキ達が民の仕事を手伝い、ロジャーとおでんの航海の話を皆に語っていたため、上月家が人気になっていたためでした。

 

ワノ国の悲惨な現状

おでんは現在の国の現状を家臣たちから聞きます。

聞かされた現状は思っていたほど深刻な現状でした。

おでんがいない間に父のスキヤキが死に、将軍代理としてオロチがワノ国の実権を握り、好き放題しワノ国を疲弊させていました。

オロチの正体はワノ国で過去に大事件を起こした黒炭家の末裔だということもわかりました。

オロチはワノ国を敵から守るとの目的として、武器製造に力を入れてきたようです。

武器を製造するための工場が多く建ち、煙突からの黒い煙が空気を汚し、排水により、水も汚れてしまいました。

そのためあれだけ豊かだった自然も破壊され、農作物にも影響を及ぼしました。

またオロチは国民や大名たちにも上納金を強制し、低賃金で働かせ、人々は生活も厳しくなるくらい貧しくなってしまっていました。

従う必要はなかったとおでんは言いますが、すでにカイドウがワノ国に入っており、オロチのバックについて反抗できなかったと言われます。

 

ブチ切れるおでん

そしてトキもおでんと別れてからさらに容態が悪化したようでした。

そのような現状を見ておでんは自分のした選択を悔やみます。

さらに事件があったことを聞きます。

カイドウの部下が錦えもんたちを罠にハメ、九里城に攻め込んだという事件があったようです。

その目的はおでんの息子のモモの助の命を奪うこと。

その時は間一髪河松とイヌアラシが城にいたため守り抜くことができたようです。

しかしその時カイドウの部下が矢を放ちトキの足を射りました。

おでんはその傷跡を見てブチ切れて、オロチのところに単身乗り込みます。

トキがおでんに行ったら相手の思うつぼだと止めますが、おでんはそのままオロチがいる都に行ってしまいます。

 

おでんがオロチを討ちに行く

おでんはオロチがいる城に乗り込み、兵士たちを全滅させ、広間に向かいます。

オロチはおでんの怒りの姿を見て焦り、自分を斬ればカイドウが動き、ワノ国がどうなるか考えろと言います。

しかしおでんはそんなこと聞きません。

斬ってから考えるとオロチに向かって真っすぐ近づいていきます。

オロチはおでんのことをイカれている奴だったおと青ざめます。

 

ワンピース968話ネタバレ考察

ロジャーとおでんはラフテルへ到着しましたが、968話ではどのような展開となってくるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

世界の秘密とワノ国との関係

ワノ国3幕の序章でロジャー海賊団のおでん達の会話が描かれていました。

おでんはワノ国の長年の鎖国には意味があり、光月家が関係していること、今はまだその時ではなくて、20年以上先の事と言っていました。

そのことからこの発言はラフテルで知った世界の秘密と関係あるかと思います。

よく意味が分からないまま3幕に入りましたが、ロジャー達とラフテルにたどり着いたところまでわかって、少しずつ繋がってきました。

このおでんの過去の回想から色々と最初の話につながってくるのではないでしょうか?

またおでんは航海日誌に記してきていたようです。

その日誌には世界の秘密についても書かれていることっと思います。

最終的にこの日誌がルフィー達の手に渡り、その日誌を参考に航海、ワノ国の問題の解決のカギになってくるのではないでしょうか?

 

ロジャー海賊団はこれからどうなる?

ロジャーの寿命はあと1年と言われていました。

ラフテルまでの航海でそこそこの歳月が経っていると思われます。

ロジャーはその後自首し処刑されます。

それまでのロジャー海賊団の様子が描かれるかもしれませんね。

ロジャー海賊団はこのまま解散となるのでしょうか?

ロジャー海賊団の解散から、ロジャーの自首、処刑までのことも描かれそうですね。

またロジャーが自首した理由は、やはりラフテルで世界の秘密を知ってしまったからだと思われます。

ですのでわざと宝を隠したと処刑前に言って世界政府が隠している秘密を暴いて、内容はわかりませんが、何かを託そうとしたのかもしれません。

ロジャー海賊団の皆もそれを納得して各々の道に分かれていったのではないでしょうか?

そのあたりもラフテルに到着した今語られるかもしれませんね。

 

ワノ国の現状はどうなっている?

一時ロジャー達は病に伏していたトキを安静にさせるためにワノ国に向かいます。

錦えもんたちがワノ国の現状をおでんにわかってもらおうとしますが、トキがさえぎり、おでんもトキの意向をくみ取り再びワノ国を出てしまいました。

その様子から、おそらく将軍代理となったオロチが好き勝手にやっているのでしょう。

マネマネの実の能力を持った老婆と共に、何かまた進めているのかもしれません。

また武器を大量に作っていることで、多くの民がくるしんでいるのかもしれません。

錦えもんたちもマネマネの実の能力でおでんに化けていたことを、あとから気づいたのかもしれませんね。

気づいた時には将軍代理となって、一度権力の座についてしまってはなかなか引きずりおろすのも難しいでしょう。

そのためにおでんにどうにかしてほしいと助けを求めていたのでしょうが、その後また数カ月の間にワノ国はどのようになってしまっているのか気になるところですね。

 

カイドウはすでにワノ国に入っている?

ロジャー達は最後の島ラフテルにたどり着きましたので、おでんはワノ国に戻ることとなると思います。

おでんが戻る頃はワノ国はいったいどうなってしまっているのでしょうか?

オロチだけならおでんが戻ればどうにかなりそうですが、カイドウがすでにワノ国に入ってしまっているならば、おでんでもなかなか将軍の座を取り戻すのは難しいかもしれません。

カイドウがどのタイミングでワノ国に入ったかはわかりませんが、それも968話以降にわかってくるのではないでしょうか?

 

968話への感想・予想ネタバレツイート

以下がワンピース967話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

まとめ

ワンピース(ONE PIECE)の前話967話では、ロジャー達は最後の島ラフテルについにたどり着きました。

そこで世界の秘密「空白の100年」「Dの一族」「古代兵器」について知ることとなります。

これらについてまだ詳しくはわからない状態ですので、今回明らかになるのか、ルフィー達が自力で明らかにしていくのかでしょう。

628話最新話確定速報としてお伝えしましたが、ロジャー海賊団の解散、ワノ国の現状、おでんとオロチと展開がすごいです。

次々と明かされていく、ロジャー、おでんの過去ですが、次の話も楽しみですね。

以上「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ628話最新話確定速報】ラフテルにたどり着いたロジャーとおでんはこれからどうする?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る