ワンピース

【ワンピース969話ネタバレ】カイドウとオロチが民を人質に取りおでんは討ち入り後に裸踊り

【ワンピースネタバレ969話最新話確定速報】おでんがオロチに討ち入りカイドウと対決?
Pocket
LINEで送る

2020年1月27日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース(ONE PIECE)本誌969話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ワンピースの前話968話では、ロジャー海賊団が解散し、おでんはワノ国に戻り悲惨なワノ国の現状を知ることとなります。

そしておでんの妻トキや息子のモモの助に手を出したことで、怒りはマックスになり単身オロチのいる城に乗り込みます。

この後カイドウが出てきておでんは処刑となってしまいますが、どのような流れでそのようになってしまったのでしょうか?

ワノ国の過去が明らかになってきます。

今後はどのような展開になってくるのでしょうか?

今回は「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ968話最新話確定速報】おでんがオロチに討ち入りカイドウと対決?」と題し紹介していきます。

 

ワンピース969話ネタバレ

ワンピース969話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

おでんがオロチを討ち取ることに失敗

おでんはオロチを切ろうと刀を振り下ろしますが、防がれてしまいます。

おでんの攻撃を防いだのは、琵琶法師の黒炭せみ丸でした。

こちらも祈祷師のひぐらしと同じく黒炭一族です。

このせみ丸は以前ひぐらしと共にいましたね。

これまでオロチがワノ国の実権を握ってきましたが、ここで正当な後継者であるおでんにオロチが斬られてしまっては、黒炭一族の再興も果たせなくなります。

おでんの攻撃が防がれてしまいましたが、せみ丸の能力によるものでした。

ひぐらしも出てきて、この能力はバリバリの実の能力だとおでんに言います。

バリバリの実は現在はバルトロメオの能力ですので、せみ丸は前の能力者ということになります。

おでんはこのバリアをどうすることもできませんでした。

オロチはというと、おでんに斬られると思って焦っていましたが、安心した表情をしています。

 

ワノ国が人質に

おでんはバリアを張られてしまっては手出しができないため、オロチに将軍の座を自分に譲るよう説得しようと試みますが、オロチはそれを拒みます。

今の権力をみすみすオロチたちが手放すはずがありません。

そしてひぐらしはさらにワノ国が自分たちの手の中にあり、どうとでもできてしまうことをおでんに話します。

ワノ国全体が人質に取られてしまっているようなものでした。

おでんがワノ国に帰ってきたことで、これから以前のような暮らしに戻ることができると信じている民たちは城を見上げて喜んでいました。

しかしそこに毒が入った矢が射られ、2人に当たってしまいます。

失明した様子で、皆それを見て逃げ出します。

 

おでんが町の中で腹踊り?

そのあとおでんは町の中で腹踊りをし始めます。

オロチたちはこの様子を見て笑い転げ、それを見たワノ国の民たちは驚き失望していきます。

おでんはそんな姿を見せることで、オロチやカイドウの部下からわずかな金をもらいます。

ワノ国の民たちからバカ殿と罵られるようにまでなってしまいました。

おでんの家臣たち赤鞘九人男も何か裏があるのではとおでんに聞くも、満足いく回答はもらえませんでした。

赤鞘九人男たちも段々とおでんに対しての信頼が、失望へと変わっていってしまいます。

 

ロジャーの処刑の知らせがワノ国にも

おでんがワノ国に戻ってから1年が経ち、その後もオロチやカイドウの部下によってワノ国の人々は苦しめられてきました。

おでんの腹踊りも続き、トキのおかげで人気が上がっていた光月家への人気も落ちてしまっていました。

その中でもおでんの行動には裏があると思っている人もいましたが、おでんも語ろうとせず、何もできない日々が続きました。

そんな時にワノ国にロジャー処刑の知らせが届きます。

おでんも新聞でそのことを知ることになりますが、泣くこともできず、バカ殿を演じなければなりませんでした。

もちろんおでんは悲しみを隠しているだけで、感情がなくなってしまったというわけではありませんでした。

 

カイドウとモリアの抗争

おでんがワノ国に戻ってきてから

2年が経とうとしていましたが、おでんはバカ殿を演じ続けていました。

そこでモリアとカイドウとの抗争が起こり、ワノ国は混乱状態となります。

オロチはカイドウを援助します。

またリューマの墓が荒らされ、大きな事件となっていました。

そのようなワノ国が大変な時もおでんは踊り続けていました。

そんなおでんにも、何か理由があるのだとわかってくれる人もいました。

 

おでんがバカ殿を演じたわけ

おでんがワノ国に帰ってきて5年が経ちました。

おでんのところにオロチがおでんと結んだ約束を破ったという情報が届きます。

それは船をもらい受けるということと、ヒョウ五郎を釈放するという約束でした。

ヒョウ五郎はおでんにとっての恩人でした。

さらにヒョウ五郎の奥さんや子分16人も反逆罪という罪を着せられ殺されてしまいました。

そのことを聞いておでんは怒ります。

ついにおでんは我慢の限界を超え、ワノ国を取り戻すために立ち上がります。

そして今までのことをすべて皆に話します。

おでんは黒炭一族に腹踊りをするように命令されていたのです。

それを5年続ける代わりに、ワノ国の民を開放するという条件で、おでんの将軍への復帰も入っていました。

その代わりに約束を破れば民を毒矢で射ると言われおどされていました。

おでんが城へ乗り込んだ後、民が毒矢を射られたのはおでんに対する脅しだったのです。

ですが、オロチたちにそんな約束を守る気はサラサラありませんでした。

それを聞いた皆も怒りをあらわにします。

 

ワンピース969話ネタバレ考察

前話ではおでんがオロチに斬りかかるところで終わってしまいましたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

ロジャーが白ひげに会いに行く?

ロジャーがロジャー海賊団の船オーロ・ジャクソン号を降りるとき、白ひげにも会いに行くと言っています。

前回あったときはラフテルについて話していましたが、今回以前少し出ていた花見の場面で、ラフテルで知った世界の秘密について話しているのではないでしょうか?

その後白ひげはラフテルに行ったという情報はありませんが、Dの頭文字がある一族の存在については話していますので、聞いていることでしょう。

また今後のためにラフテルの秘密がこの二人の会話によって明かされるかもしれません。

白ひげはセンゴクとの会話で、世界の秘密について話していましたので、この時全部きいたのではと思います。

ワノ国に話は移ってしまいましたが、この場面は出てくる可能性はあるのではないでしょうか?

 

おでんがワノ国に戻って開国へ

以前おでんはロジャー海賊団の皆の前でワノ国を開国して20年以上先の未来を待つと宣言しています。

ラフテルでワノ国が以前は世界と繋がっていたことを知ったためでしょう。

鎖国していることにも理由があり、その後開国することも必要でした。

その開国するという役割をおでんが担っているということです。

ですが現在はワノ国を滅ぼそうとした罪人として悪者扱いされてしまってます。

これはオロチを斬ろうとした罪なのでしょうか?

または開国するということが罪になってしまったのでしょうか?

赤鞘九人男におでんは開国するように言いますが、どの段階で処刑となってしまうのかはまだ謎です。

オロチとの対峙でどうなるかで今後の展開は変わってくるものと思われます。

 

おでんはオロチを斬り損ねる?

現在オロチは生きているということで、おでんはオロチを斬ろうとしていますが、失敗するのでしょう。

なぜ失敗したのでしょうか?

カイドウが出てくると予想していましたが、周りにカイドウの姿はありませんでした。

城中の兵士がおでんにやられたことで、カイドウにも連絡がいっているのかもしれません。

オロチがおでんに斬られる寸前にカイドウが助けに来るかもしれませんね。

また、おでんが斬るのを思い留まるという展開も予想されます。

トキや赤鞘九人男がおでんを止めに入るという流れですね。

この場合おでんも怒りを抑えて、一旦は引き下がりますが、このことで処刑になるかもしれませんね。

 

969話への感想・予想ネタバレツイート

以下がワンピース969話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

まとめ

ワンピース(ONE PIECE)本誌の前話968では、ロジャーが船を降りた後、おでんもワノ国に送り届けられました。

ネタバレ969話最新話確定速報として969話の内容をお届けしましたが、衝撃的な内容で、辛い内容でしたね。

おでんはワノ国の現状を知って、オロチに激怒し単身城に攻め込みますが、オロチを討ち取ることができず逆にワノ国を人質に脅されてしまっていました。

再びおでん達はオロチの元へ乗り込むことになるかと思いますが、そこにはカイドウもいることでしょう。

今後カイドウとの戦いも描かれることになるので、今後も目が離せません。

以上「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ969話最新話確定速報】おでんがオロチに討ち入りカイドウと対決?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る