ワンピース

【ワンピース973話ネタバレ】トキが命懸けで皆を未来へ飛ばし傳ジローは姿を変えてオロチに仕える

【ワンピースネタバレ最新話速報973話確定】おでんがカイドウに殺され未来に飛ぶまでの間に何があった?
Pocket
LINEで送る

2020年3月9日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース(ONE PIECE)本誌973話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ワンピースの前話972話では、おでんは1時間釜茹での刑に耐えることができましたが、カイドウの手により殺されてしまいました。

そしておでんは自分が死んだらトキに未来へ飛んでもらうように願っていました。

その遺言を見てトキは決断します。

これから未来へ飛ぶまでの話が描かれるかと思いますが、どうなっていくのでしょうか?

今回は「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ最新話速報973話確定】おでんがカイドウに殺され未来に飛ぶまでの間に何があった?」と題し紹介していきます。

 

ワンピース973話ネタバレ

ワンピース最新話973話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

おでんとの思いで

おでんたちがロジャー海賊団にいたころの様子が描かれます。

おでんは空島からタコバルーンで降りていくときモモの助を高く上げて、世界はこんなに広いのだと見せています。

ワノ国では見れないからよく見ておけとモモの助と日和に言って聞かせます。

おでんはモモの助に好きな女の子のタイプを聞いてレイリーに怒られたり、ちくわだと思って人を斬るように教えシャンクスに突っ込みを入れられながらも、色々なことを教えていました。

そしてワノ国に帰ってきてからは、皆に白ひげ、ロジャーとの航海で知ったことを教えました。

ワノ国とゾウのは固い絆で結ばれており、何かあったときにはゾウに行くように言います。

そしておでんは日和が三味線を弾くのを笑顔で横になりながら聞き、その「つきひめ」という曲が好きだと言います。

おでんは自分が死んだら葬式で弾いてくれと言いますが、日和は死んでしまうと泣き続けます。

モモの助にも聞かれ冗談だと答えます。

 

敵から逃げる赤鞘九人男たち

場面はおでんが処刑されて赤鞘九人男たちが逃げるところに戻ります。

赤鞘九人男たちはおでんに命を助けられ、九里の城を目指します。

しかし赤鞘たちをカイドウ、オロチの部下たちが追ってきます。

処刑場から逃げたため、武器を持たずに逃げる赤鞘たちでしたが、しのぶの機転でそれぞれの武器を持ってきてくれており、目の前の敵を切り伏せます。

しのぶは錦えもんに自分が家臣のままでいいのかと尋ねますが、自分の気持ち次第と錦えもんは答えます。

それを聞きしのぶは涙します。

またイヌアラシとネコマムシは逃げる間も喧嘩していました。

ネコマムシがおでんを殺したようなものだとイヌアラシは攻めます。

しかしネコマムシも敵を思いやるとはスパイなんじゃないかと言い返します。

そのときナンバーズが現れ、イヌアラシとネコマムシをつかみ上げます。

河松はナンバーズを見て驚きます。

赤鞘たちはトキ、モモの助、日和の命を守らなければいけません。

そのためここは足止めをして、他の者を先に行かせようとアシュラ童子と傳ジローが逃げるのをやめて残ります。

錦えもんはそれを聞き謝りそのまま九里の城へ向けて走ります。

 

カイドウモモの助を見てため息

九里城はすでにカイドウの部下たちが囲んでおり、火が放たれていました。

赤鞘九人男たちも九里城を目指していましたが、カイドウは飛んできたため、先に着きました。

カイドウはモモの助をつかみ上げて天守閣から下へ落そうとし、おでんはバカ殿で光月家は終わりだと言います。

そこでモモの助は父が偉大な武士で、自分はこの国を背負う男だと言ってのけます。

しかしそれは親から教えられたもので自分のものではないとカイドウは言います。

そういわれモモの助はこらえきれずに父上と泣きわめきます。

これを見ておでんのように立派な侍かと思いきや、モモの助はまだ幼く、カイドウは殺す気にもならなかったようで、ため息をつきます。

城と一緒に燃えて死ねとモモの助を投げ飛ばして、龍の姿にもう一度なり去っていきました。

 

皆を未来へ飛ばすトキ

カイドウが九里城を去った後に、追ってをまいてきた錦えもん達がようやく到着します。

トキは皆を集めて未来へ飛ばすと言います。

そしてトキはモモの助、錦えもん、菊の丞、カン十郎、雷蔵を未来へ飛ばします。

その後河松は日和を抱いて堀に飛び込み逃げます。

そしてトキは馬に乗り城から逃げます。

ワノ国の人々は燃える九里城を見て、おでんを信じなかった罰だとこれからのことを考え恐怖します。

 

トキの最期

トキは馬に乗り走りながらおでんのことを思い出していまいた。

おでんはトキも800年前から世界がひっくり返る日を探しにきたのではときき、20年後に飛べ、トキの望むと言いかけます

その時トキはおでんの口をふさぎひどいことを言うならご飯は抜きと怒ります。

トキは未来では誰かがやってくれるものと思っていました。

トキはワノ国の人々に向かって、夜明けを知らない者は願えば20年後9つの影が落ち夜明けを知ることとなると言います。

それを聞きワノ国の人々はトキを拝みますが、その中にはカイドウの部下もおり、銃でトキを撃ち殺してしまいます。

その後に赤鞘たちが死んだという証拠を見つけようとするオロチですが、結局見つけることができませんでした。

オロチは赤鞘たちが復讐してくるのではと熱い風呂に入っても寒さによる震えが止まらないほど恐怖するのでした。

 

傳ジローは狂死郎に?

傳ジローはおでんの処刑、九里の城の焼け落ち後、姿を隠します。

閻魔堂に入り涙を流し怒り続けた結果、目はつり上がり髪も白くなってしまっていました。

そしてぼろぼろな状態で街を歩いていると、チンピラにからまれますが、一瞬で倒します。

チンピラは傳ジローの強さを認め子分にしてくれと言います。

名前を聞かれたため傳ジローは狂死郎と言います。

傳ジローは狂死郎だったのです。

傳ジローは部下を従え、ヒョウ五郎と並ぶところまで上り詰めます。

そして名前も姿も変えオロチの下に仕えます。

傳ジローはオロチに兵士、女、富必要なものはすべて動かせるといいます。

周りも出来過ぎた男だと驚いています。

しかし、狂死郎はオロチに頭を下げるも、怒りの形相をしていました。

また丑三つ小僧の正体も傳ジローでした。

金持ちから金を盗みワノ国の貧しい民たちに分け与えていたのは、ワノ国を想ってのことでした。

そのために寝不足で眠そうなことから居眠り狂死郎と呼ばれるようになりました。

 

日和と傳ジローが再会を果たし小紫を守る狂死郎

日和は河松と別れた後、狂死郎に発見されます。

日和に自分が傳ジローであることを明かして、生きていたことがうれしく泣きます。

そして日和も気づかなかったこの姿は好都合と、決戦の時まで味方にも言わないように日和にお願いします。

そして河松の代わりに日和を守ると言い、日和には小紫と名乗るように言いまいた。

 

ワンピース973話ネタバレ考察

前話ではおでんが殺されてしまい、赤鞘九人男たちを逃がしましたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

広告

康イエや他の大名が挙兵

おでんを若いころから見込んで、赤鞘九人男たちに金を渡し将軍の家臣としてふさわしくしてやろうともしていた康イエです。

自分は何もできずに、おでんが殺されてしまったことは相当悔しかったでしょう。

その後康イエはトの康と名前を変えてえびす町に隠れて住んでいました。

おでんが処刑された後に康イエや他の大名はオロチに仕えるか戦うか問われ、戦うことを選択しています。

そして康イエ以外の大名はカイドウとオロチの軍に討ち取られてしまいます。

その事実は明らかになっていますが、この様子も描かれるのではないでしょうか?

康イエや大名がどのくらい戦えるのかはわかりませんが、カイドウと一戦交えていますので、こちらもどのように描かれるのか注目です。

 

イヌアラシとネコマムシの喧嘩の原因が明らかに?

イヌアラシとネコマムシはモモの助がしかりつけるまで、喧嘩をし続けていました。

この喧嘩の原因がおでんに関することだとモモの助は言っていましたが、何が原因だったのでしょうか?

釜茹での刑でネコマムシが1時間耐えたことに対してあおったために、空気は一転おでんを殺すとなってしまいました。

そのことがイヌアラシにとっては、おでんが死んでしまうこととなったきっかけだと思っているのではないでしょうか?

それで逃げている間も言い争ってその間にカイドウ達の追っ手に追いつかれてしまい、捕まった可能性もありますね。

また逃げている間に何かあったのかもしれません。

おでんが殺されて気が立っている二人です。

何かの拍子に仲間割れということも十分に考えられますね。

ここからは皆で逃げることとなるかと思いますが、そのあたりも描かれていくのではないでしょうか?

 

未来へ行けなかった赤鞘九人男はどうなった?

未来へ飛ばされたとわかっているのは、錦えもん、お菊、雷蔵、カン十郎の4人です。

他の5人は未来へ行っていないです。

まずイヌアラシとネコマムシはカイドウ、オロチの部下により捕らえられてしまっています。

そして河松は、日和と共に逃げ隠れていましたが捕まってしまいます。

アシュラ童子は10年前に一度カイドウのところに攻め入っているので、20年前には逃げて酒天丸として身を隠し機会をうかがっていたのではないでしょうか?

傳ジローは現在では姿を見せていません。

狂死郎ではないかという噂もありますが、アシュラ童子のように狂死郎として名を変えているかもしれませんね。

アシュラ童子、傳ジローに関してはトキがいる城へたどり着くことができなかったか、現代に留まってワノ国を陰から見守る役目になったのではと思います。

そのあたりもこれから描かれていくのではないでしょうか?

 

トキトキの実で皆を未来へ

最終的にトキは皆をトキトキの実の能力によって未来へ飛ばすことになります。

その当時のことも詳細がわかってくるのではないでしょうか?

赤鞘では錦えもん、お菊、雷蔵、カン十郎の4人が未来へ飛ばされています。

しかしトキは未来へ行かず九里城と共に死んでいます。

おでんは未来へ行けと言っていましたが、なぜトキは未来へ飛ばなかったのでしょうか?

またモモの助は未来に飛んでいますが、日和は未来に飛ばずに河松と一緒に逃げ隠れていました。

トキ、日和、河松がなぜ未来へ飛ばなかったのか疑問が残るところですね。

その点もこれから明らかになっていくのでしょうか?

 

広告

トキは死んではいない?

トキは皆を未来に飛ばしてから死んでしまったのでしょうか?

もしかしたらトキが生きているという可能性もあるのではと考えます。

狂死郎がトキについて息絶えたというと言っていましたが、伝聞のような言い方で死んだとは言っていません。

またモモの助からもおでんが死んだことは語られていましたが、トキについてはあまり語られていないように思われます。

このことより、トキは別の形で未来に飛んでいる、またはそのまま現代で生き残っているのではないでしょうか?

最後にトキが決意をする様子が描かれていましたが、そのまま死んでしまうようには思えないような顔をしていました。

燃える城で自分はここに残ると言っていたトキですが、まだ自分の役割があるということではないでしょうか?

そのまま自害するような感じではないような気がしますが、そのあたりもこれから描かれるのではないでしょうか?

 

皆を未来に飛ばしたところで場面は現代に?

トキがモモの助たち皆を未来に送ることで、回想編は終わるのではないでしょうか?

そして過去の情報からカイドウとの戦いへとなっていくことと思われます。

カイドウに傷をつけた閻魔を渡されたゾロが重要な役割をしそうですね。

またおでんの日誌からラフテルの道も明らかにされていくのではないでしょうか?

おでんの過去がわかりルフィたちはどう動いていくのでしょうか?

ワノ国、おでんの過去が明らかにされ、現在の様子も気になるところですね。

 

973話への感想・予想ネタバレツイート

以下がワンピース973話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

まとめ

ワンピース(ONE PIECE)本誌の前話972では、おでんが殺されてしまいました。

トキがおでんの遺言を読み覚悟を決めたようでした。

最新話確定速報として973話のネタバレをお届けしました。

皆を未来へ飛ばして、トキは死んでしまったようです。

また傳ジローはやはり狂死郎だったのですね!

となると日和もまだ死んでいないと思われます。

これから現代の話に移っていくと思いますが、傳ジローがどのように暗躍していくのでしょうか?

今後も目が離せない展開が続きそうですね。

以上「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ最新話速報973話確定】おでんがカイドウに殺され未来に飛ぶまでの間に何があった?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る