ワンピース

ワンピースのクイーンの銃弾は疫災弾(エキサイト弾)や海楼石の弾?正体が判明し対処法は?

ワンピースのクイーンの銃弾は何?疫災弾(エキサイト弾)や海楼石の弾?
Pocket
LINEで送る

ワンピースではワノ国編の全面戦争が始まり、寝返り等もあって盛り上がっていますね。

カイドウサイドの戦力が徐々に明らかになり、底知れない強さを感じだしていますが、さらにクイーンは新たな武器を出してきました。

クイーンの取り出した銃弾には、どのような物が仕込まれていたのか気になりますね。

疫災弾(エキサイト弾)や、海楼石が仕込まれているのでは?と予想されていますが、どうなのか、今回考察していきたいと思います。

今回は「ワンピースのクイーンの銃弾は何?疫災弾(エキサイト弾)や海楼石の弾?」と題しお届けします。

 

ワンピースのクイーンの銃弾は疫災弾(エキサイト弾)または海楼石の弾?

クイーンは百獣海賊団の中でも、武器を製作するなど化学班のリーダーを務めています。

「疫災のクイーン」と呼ばれるほどで、ウイルスを作ったり、囚人の拷問に使ったり捕らえるために部下たちが使用しています。

ワンピース991話では、新しい武器を取り出して、裏切りが発覚したドレークに向かって銃を取り出して、発砲しました。

ドレークには当たらなかったのですが、周りにいた当たった人たちの反応が普通ではなさそうでした。

ドレークもこんなものでやられるかと言っていますが、やられている姿を見て、「この弾は…」と驚きを隠せない様子でした。

その弾はどんなものなのかSNS上で考察されていますが、果たしてどのようなものが仕込まれているか予想していきたいと思います。

クイーンの持っていた、銃はどのようなものが仕込まれていたのでしょうか?

予想されているもので挙げられるのは、ウイルスや海楼石が挙げられています。

それぞれの可能性の根拠を、下記でまとめていきたいと思います。

 

ワンピースのクイーンの銃弾はウイルス?

クイーンとルフィは1度囚人場で戦っています。

その時はエキサイト弾という、毒のつよい銃弾を使われました。

最近のワンピースでは、毒やウイルスがよく出てきています。

ルフィはインペルダウン編で、ドクドクの能力者のマゼランと壮絶な戦いをし、毒で敗北しています。

しかし、自分の抗体を最大限にひきだすことにより、復活することができました。

このことによりルフィは毒に対して強い抗体を持っていますが、チョッパーの治療がなければ危ないほど強力な毒になっていました。

感染力も非常に強く、マゼランの毒を思い出させる強さでしたね。

クイーンはこのような武器を作るのが得意とされており、同じような武器が大量生産されていると相当手ごわいと思います。

 

ワンピースのクイーンの銃弾は海楼石?

私が一番推している説です。

ワノ国の話で重要なカギを握っているのが、海楼石です。

海楼石はワノ国で加工されており、加工技術はピカイチとされています。

最近では、ホーキンスの武器の1つである釘ですら、海楼石を使って加工されていることが判明しました。

そこまで海楼石を細かくしても効果を発揮し、ローの能力を封じ込めています。

その加工技術があれば、銃弾にも加工出来ると考えられます。

銃弾の速度で動きを封じられたら、どんな人でも厄介な武器になると考えられます。

ドレークの反応や味方もたくさんいる状況から、毒をまき散らすのは可能性としては低いと考えられます。

さらにエキサイト弾はすでに登場しているのに、名前をスッと言わないのは引っかかりますよね。

なので、私は海楼石を加工した銃弾だと考えています。

 

ツイッターでのクイーンの銃弾の予想は?

Twitter上でも、海楼石説が多く挙げられていました。

今回の戦闘では、能力者の多さが一番と言われている百獣海賊団との戦いの場が、海楼石に対しての技術がピカイチのワノ国というのは、関係があると考えられます。

しかし、クイーンの特技が武器づくりという事なので、今回の銃弾以外にも他の武器が出てきてほしいですね。

フランキーも武器を作っていたみたいなので、その対決が描かれるのが楽しみです。

 

ワンピースのクイーンが打った疫災弾(エキサイト弾)の正体は?

ずっと予想されてたエキサイト弾の正体が993-994話で判明しました。

これより氷鬼について判明したことをまとめて、今後の予想をしたいと思います。

 

クイーンの打った弾の疫災弾「氷鬼」とは?

クイーンの打った弾の正体は「氷鬼」で、感染者は鬼化し凶暴性と筋力を増し、完全に感染すると敵味方見境なく襲い掛かります。

さらに、皮膚は冷却状態で触れた相手を同じ状態に感染させ、命は持って1時間という残酷なウイルスというのが判明しました。

クイーンも敵味方関係なく、エキサイト弾を打ち込むのも狂気的ですね。

 

氷鬼の抗体をチョッパーは作ることができる?

このエキサイト弾対策として、チョッパーと抗体が重要なカギを握っています。

チョッパーは兎丼の時にクイーンの作ったウイルス対して、抗体を作りルフィ達を救っています。

さらに、クイーンはウイルスを作る際に抗体を作っているので、張本人から抗体の知識を奪えれば、チョッパーの知識があれば治せると思います。

さらに抗体を持っているのはもう一人いて、スクラッチメン・アプーです。

クイーンからゲーム性を出すために、氷鬼のフロア内で「この世で唯一の抗体」を託され、奪い合い、殺し合いを促しています。

そのフロアにはゾロとロビンがいるので、二人でアプーから奪い取るのではないかなと考えています。

近いうちにアプーとの戦闘が近いと考えていますので、楽しみにしましょう。

 

ワンピースのクイーンの銃弾まとめ

ここまで、ワンピースのクイーンの持っていた銃には、どのような銃弾が仕込まれていたのか考察していきました。

疫災弾(エキサイト弾)というのは、氷鬼というウイルスで非常に強力な攻撃ですね。

対策として船医のチョッパーと相手から物を取るのが得意なロビンが、同フロアにいるのがカギを握っています。

早く、氷鬼を何とかしてほしいですので、今後の展開も楽しみですね。

これからのワンピースにも注目ですね!

以上「ワンピースのクイーンの銃弾は何?疫災弾(エキサイト弾)や海楼石の弾?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る