進撃の巨人

【進撃の巨人134話ネタバレ】ヒストリアが出産しアルミンたちは攻撃を開始する!

【進撃の巨人本誌ネタバレ134話最新話確定速報】ジークを倒すためリヴァイの指が再生?
Pocket
LINEで送る

2020年11月9日(月)発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌134話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

進撃の巨人の前話133話では、104期生たちを乗せた飛行船はエレンを目指して飛び立ちました。

アルミンたちの目的はエレンとの対話ですが、それでも地鳴らしを止められない場合、超大型巨人の力でエレンを吹き飛ばす可能性も…。

その後、104期生たちは座標へ移動しますが、ここでエレンとの対話は失敗に終わってしまいます。

一方、アニたちを乗せた船はヒィズル国を目指していましたが、自分の巨人の力に飛行能力があると気付いたファルコは、飛行船を追いかけようと提案してきました。

その頃、スラトア要塞の飛行船で脱出を図ったアニの父たちですが、すでに飛行船は飛び立ってしまい…。

ここから進撃の巨人の話はどうなってしまうのでしょうか?

今回は「【進撃の巨人本誌134話ネタバレ】ヒストリアが出産しアルミンたちは攻撃を開始する!」と題し紹介していきます。

現在進撃の巨人は134話となっていますが、これまでの進撃の巨人の話を読み返したいと思われる場合は、進撃の巨人の単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに進撃の巨人を無料で読むことができます。

更には2020年秋に進撃の巨人アニメFinalSeasonも始まりますので、アニメも一緒にイッキ見してみませんか?

今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

進撃の巨人134話ネタバレ考察

進撃の巨人前話133話では、アルミンたちとエレンの交渉が決裂し、どうやっても地鳴らしを止められないことが判明しました。

一方、船でヒィズル国を目指していたアニは、自分の巨人の力に気付いたファルコから飛行船を追いかけようと提案され、戸惑ってしまいます。

さらに、スラトア要塞の飛行船で脱出を図るアニの父たちの姿が描かれ…。

ここからどんな展開が待っているのでしょうか?

進撃の巨人の考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

進撃の巨人134話ネタバレ考察|ヒストリア出産か?

進撃の巨人130話で描かれたエレンの回想に登場したヒストリアですが、それ以外では全く姿を見せていません。

回想シーンではエレンに子供を作ることを提案していましたが、果たして子供の父親はエレンなのでしょうか?

進撃の巨人130話の回想シーンで、ジークにアッカーマンのことを聞くエレン。

そのシーンに交じって、ヒストリアとの回想も描かれましたよね。

これは、ミカサの好意を否定し、ヒストリアと子供を作る罪悪感を無くしているのではないでしょうか。

ミカサが自分のことを好きだと知った上で、ヒストリアと子供を作るのはあまりにも残酷。

そのため、エレンはミカサの恋心を否定して、その上でヒストリアと子供を作っていた可能性も…。

まだヒストリアの出産は描かれていませんが、107話のように少しだけヒストリアの姿が描かれるかもしれませんね。

 

進撃の巨人134話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下が進撃の巨人133話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

進撃の巨人134話ネタバレ

進撃の巨人最新話134話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

進撃の巨人134話ネタバレ|ヒストリア出産!

ついに出産を迎えたヒストリア。

出産する部屋にはたくさんの助産師さんがいて、ヒストリアの出産をサポートしています。

また、無事生まれることを祈っているのでしょうか、顔はよく見えませんが、祈るポーズをした男性の姿も描かれました。

部屋の外には銃を持った護衛も立っていて、ヒストリアの出産が如何に重要かがわかります。

肝心のヒストリアは、お産の痛みに耐えるためのロープを握りしめ、力いっぱい力んでいる様子。

ようやく生まれたのでしょうか。

大きく見開かれた目をつぶり、大粒の涙を流しています。

 

進撃の巨人134話ネタバレ|逃げ惑う人々

一方、地鳴らしは世界各国に出現していました。

今まではマーレ大陸の様子しか描かれませんでしたが、肌の色や服装、建物の構造の違いから、世界中いたるところに到達していたようです。

オニャンコポンの故郷らしき場所では人々が逃げ惑い、ヒイズル国らしき場所では自分たちの運命を受け入れ、祈る人々の姿が描かれました。

 

進撃の巨人134話ネタバレ|飛行船が大量の爆弾を投下

アニの父親たちが乗った列車は、無事スラトア要塞に到着しましたが、飛行船は残っていませんでした。

ライナーの腕章を持って泣き崩れるライナーの母。

一方、列車に乗っていた人々が目撃した飛行船隊は、大量の爆弾を抱えて始祖の巨人に向かっていました。

巨大な爆弾を大量に投下しますが、巨人たちがひるむ様子はありません。

さらに、始祖の巨人から獣の巨人が出現。

その意識は始祖の巨人に操られてるようですが、ジークの意思はなくなってしまったのでしょうか?

しかし、獣の巨人の攻撃手段である投石を開始。

これにより何台かの飛行船が撃墜され、地上から飛行船隊を指揮していた司令官や兵士、アニの父たちは落胆と絶望の表情に…。

 

進撃の巨人134話ネタバレ|アルミンたちがスラトア要塞に到着

皆が絶望にひしがれる中、ようやくアルミンたちを乗せた飛行船が到着しました。

しかし獣の巨人の攻撃が飛行船に直撃してしまったのです。

燃料もさほど残っていないため、限界だと叫ぶオニャンコポン。

これによりアルミンは全員に降下するよう指示を出し、今できる最善を尽くそうと皆を鼓舞しています。

雷槍を携えたアルミンたちは始祖の巨人の骨に着地し、ピークは爆弾を加えて車力に巨人に変身、さらにライナーは鎧の巨人に変身して獣の巨人に挑むのでした。

進撃の巨人134話ネタバレまとめ

進撃の巨人本誌の前話133話では、思いがけず座標へと移動し、エレンとの対話の機会を得たアルミンたち。

しかし、必死の説得むなしく、エレンとの交渉は決裂してしまったのです。

一方、これまで失ったものは戻らないと全てをきらめているアニのもとに、自分の巨人の力で飛行船を追いかけようと提案してきたファルコ。

そして最新話確定速報として進撃の巨人の134話のネタバレを紹介してきました。

進撃の巨人134話では遂にヒストリアの出産が描かれました。

大粒の涙を流していましたが、それは出産の喜びからくるものなのか、それとも人類の希望を見出したからなのか…。

また、アルミンたちもスラトア要塞に到着し、それぞれが今できる最善を尽くそうと頑張っています。

ピークとライナーはそれぞれ巨人に変身しましたが、地鳴らしを止めることができるのでしょうか?

次回の進撃の巨人の展開も気になりますね。

以上「【進撃の巨人本誌134話ネタバレ】ヒストリアが出産しアルミンたちは攻撃を開始する!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る