ワンピース

ワンピースのトキトキの実の能力とは? 後継者がシャンクス確定なのか証明

ワンピースのトキトキの実の能力とは? 後継者がシャンクス確定なのか考察
Pocket
LINEで送る

時を超越して物語が展開するワンピースワノ国編。

ワンピース本編で、ワノ国の侍”狐火の錦えもん”や”光月モモの助”は実は20年前からタイムスリップしてきていたことが明らかになりました。

そのタイムスリップは”トキトキの実”の能力によるものでした。

このトキトキの実とは何なのか、今後のワンピースの物語にどのような影響を与えるのでしょうか。

また、トキトキの実の後継者があのシャンクスではないかという考察や噂についても検証します。

今回は「ワンピースのトキトキの実の能力とは? 後継者がシャンクス確定なのか証明」と題しお届けします。

 

ワンピースのトキトキの実の能力とは?

まずは”トキトキの実”について考察します。

その名の通り、未来や過去に移動できるタイムスリップする能力です。

様々な悪魔の実が登場するワンピースですが、時を超えるとはまたスゴイ力です。

パラミシア系の悪魔の実ではないでしょうか。

しかし、タイムスリップはあまりにも強力な能力なため、ワンピースらしくなく、少しずるい能力な気もしますね。

 

ワンピースのトキトキの実に制限はある?

タイムスリップというのはワンピースの世界においてかなり強力な能力ですが、具体的にはどういった力なのでしょうか。

結論からいいますと、トキトキの実の能力は未来に飛ぶ力、過去には戻れないのです。

過去に戻れるとワンピースの物語自体が覆ってしまうから、という都合もあるのかもしれません。

そのため、多くの人が”エース”をはじめとした、すでに死んだキャラが生き返る展開が期待したようですが、それは不可能となります。

他にも制限はあり、未来には行っても場所は同じで、場所の指定はできません。

火事で焼け落ちるおでん城の中からトキトキの実の能力で20年後の現代にタイムスリップした錦えもんやモモの助たちは、すでに焼け落ちて跡形もない”おでん城跡”に飛ばされていました。

強力な能力だけあって制限もいくつかあるようですね。

 

ワンピースのトキトキの実の前の所有者は光月トキ

続いて所有者について考察していきます。

前の所有者は光月トキでした。

彼女は光月おでんの妻であり、モモの助の母、おでん城から錦えもんやモモの助たちを20年後に飛ばして助けた張本人です。

そして、彼女はどうやら特定の時代だけを生きていた人物ではなさそうなのです。

ワンピース第920話で彼女は未来へと旅をしてきたというのです。

どうやら光月トキはトキトキの能力で未来からさらに未来へとタイムスリップをして生きていたようです。

一体なぜ未来の世界で生きていたのでしょか?

光月家は代々石工で800年前に”空白の100年”を記すポーネグリフを作った一族でした。

そのため、過去を生きていた彼女はその頃を生きていた可能性があるのです!

光月トキは空白の100年に何が起きていたのかも知っていたのかもしれません。

そうなると、光月トキは謎を解く重要なカギとなりそうですね。

その空白の100年に何が起きていたのかを知らせるために、光月トキは未来へのタイムスリップを繰り返していたのでしょうか。

この謎はワンピースワノ国編だけでは解決しなさそうですが、クライマックスでどこまで描かれるのか、そこも気になりますね。

 

ワンピースのトキトキの実の後継者がシャンクス確定なのか証明

現在のトキトキの実の能力者はいるのでしょうか?

もし後継者がいるのであれば誰なのでしょうか?

光月トキは死亡したことになっているので、誰かが所有している可能性が高そうですね。

実は、後継者は赤髪のシャンクス”なのではないかとネット上では話題になっています。

二人の間に何か接点はあったのでしょうか?

光月トキの夫である光月おでんとシャンクスは元ロジャー海賊団の一員でした。

トキとシャンクスはトキがワノ国で船を降りるまでは一緒に航海しています。

シャンクスはラフテルに行ったときは、バギーの看病をしていて、ついていっていないのですが、ラフテルから帰った後どのようにしていたかはわかりかねます。

ですが、仲間だったおでんのピンチにワノ国に駆けつけている可能性もあるので、彼女が死ぬ間際にワノ国にいたということも考えられます。

死ぬ間際に譲渡した、という可能性もありますね。

 

ワンピースマリンフォード頂上戦争編にて

それでは、なぜ具体的にシャンクスの名前が挙がっているのでしょうか?

光月トキの顔見知りなら他にもいたはずです。

それはある”不自然な現象”がシャンクスの身に起こったからです。

その不自然な現象とはワンピースマリンフォード頂上戦争編において起こりました。

当時、戦争に対して疑問を抱いた海兵コビーは戦うことを否定します。

そんなコビーに対して海軍大将赤犬が制裁を下そうとした瞬間、シャンクスが赤犬の鉄拳を止めに来たのでした。

それまで、シャンクスは新世界においてカイドウと一触即発の状態だったと伝えられていました。

そんなシャンクスが新世界からマリンフォードまで行くのは早すぎるのではないかということで、シャンクスが後継者である可能性が出てきたのです。

 

シャンクス以外の他の候補者は?

しかし、前述したとおりトキトキの実は時間の移動はできるものの、場所の移動はできないのではないかと考察しました。

そのため、シャンクスは後継者ではないということも考えられます。

では、他の候補はいるのでしょうか?

ワンピースの悪魔の実は、能力者の死亡後、周囲の果物やフルーツが変異して同じ悪魔の実が生成されます。

また、今までの傾向からすると死亡した能力者の近くにある果物やフルーツが悪魔の実に変異しています。

ということは、おでん城で死亡した光月トキの周囲にトキトキの実がある可能性は高く、ワノ国にあるのではないかと予想できます。

そのため、ワノ国にいる誰かがその能力者である可能性が高そうですね。

ただ気になることがあり、光月トキと河松、そして光月トキ自身は時間移動していないのです。

ということはトキが娘の日和にトキトキの能力を継承したという考え方もできそうですね。

はたまた、カイドウ側の誰かが継承しているのかもしれませんね……。

 

ツイッターでの意見

色々な話題を呼ぶトキトキの実ですが、ワンピースファンたちはツイッターでどのような反応を示しているのでしょうか。

以下がワンピースファンたちのツイートの一部です。

 

まとめ

ワンピースに登場するトキトキの実、時を超えるというワンピースらしくない反則級の力ですが、具体的にどんな力なのかを考察してきました。

未来にしか移動できず、場所も移動できないため、少し不便な能力のようですが、それでもワンピースの世界ではかなり有力に働きそうです。

さらに、後継者が誰なのかも考察しましたが、やはりシャンクスが有力なようですね。

また、800年の時を生きた光月トキの謎もまだまだ明かされていないことが多く、一体何の秘密を握っていたのかが気になります。

ワンピースファンたちのツイートも一部紹介しましたが、彼女に関する考察も盛んでした。

20年の時を超えた現在、ワノ国はカイドウやオロチの支配から逃れることは出来るのでしょうか⁉

クライマックスを迎えようとしているワンピースワノ国編、まだまだ目が離せませんね!

以上「ワンピースのトキトキの実の能力とは? 後継者がシャンクス確定なのか証明」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る