約束のネバーランド

約束のネバーランド番外編のネタバレをクローネとイザベラ編両方紹介!いつのジャンプに掲載されていた?

約束のネバーランドのクローネとイザベラの特別番外編ネタバレを紹介!いつのジャンプに掲載されていた?
Pocket
LINEで送る

2020年12月11日に「約ネバ展」が開催され、2020年12月18日には実写映画が公開される「約束のネバーランド」。

「約ネバ展」開催&実写映画公開を記念して、週刊少年ジャンプで約束のネバーランド特別番外編が掲載されました。

今回掲載された特別番外編では、クローネの過去と、イザベラがどのようにシスターたちを味方につけたのかが描かれました。

ここでは約束のネバーランド特別番外編のネタバレやあらすじ、特別番外編が掲載された週刊少年ジャンプはいつ発売されたのか紹介していきます。

今回は「約束のネバーランドのクローネとイザベラの特別番外編ネタバレを紹介!いつのジャンプに掲載されていた?」と題しお届けします。

>>約束のネバーランドの本編のネタバレはこちら<<

 

約束のネバーランド番外編のネタバレを紹介!

まずは約束のネバーランド特別番外編のネタバレを紹介していきます。

 

約束のネバーランド番外編クローネ「自由の空を求めて」

まだシスターの見習いだったクローネ。

ある日、ほかの見習いたちから課題を隠されるという嫌がらせを受け、シスター候補から落とされそうになります。

しかし、ある少女が課題を見つけてくれ、事なきを得たクローネ。

その少女は、かつてクローネと同じ農園にたシセルでした。

クローネはシセルが死んだと思っていたため再会できたことを喜びますが、ママから「このクラスでシスターに推薦するのは一人だけ」と告げられてしまいます。

シスターになれるのは一人だけ、つまり、ほかの者には死が待っていると悟るクローネ。

たった1つのイスをかけてシセルとも競い合わなければならず、クローネは頭を抱えてしまいます。

そんな中、シセルはここを脱獄すると宣言。

チップが埋め込まれている以上、下手なことはできないと訴えるクローネですが、シセル曰く、チップを止める方法があるというのです。

かつて、同じように脱獄を計画していたシスター見習いから、脱獄に関する情報を伝えられていたシセル。

「グランマの懐中時計さえ奪えば脱獄は上手くいく」

そう聞いたクローネはシセルと2人で生き延びるため脱獄準備を進めますが、肝心のグランマから懐中時計を奪う方法が思い浮かびません。

それでも2人は脱獄が成功した時のことを夢見て話を咲かせるのでした。

しかし、翌日。

2人よりも先に脱獄を図った見習いがいたのです。

その見習いはすぐに見つかりましたが、グランマはクローネたち見習い全員を監視室に連れて行き、脱獄者が制裁を受ける瞬間を見せたのです。

これにより、「脱獄は無理なんじゃ…」と尻込みするクローネ。

しかし、シセルは脱獄への希望を捨てていませんでした。

そんなシセルに触発されたクローネは、グランマから懐中時計を盗む方法を閃きます。

作戦通りグランマの隙をついて懐中時計を盗んだクローネ。

中を開いてみると、そこには見習いたちの位置を示す無数の点があるだけ。

そう、はじめから懐中時計にチップを止める機能などなかったのです。

すぐにシセルにこの事実を伝えようとするクローネの前に、シセルとグランマが現れました。

クローネはシセルが捕まったと思っているようですが、実際は、シセルはグランマのスパイとして暗躍していたのです。

シセルの密告により連行されるクローネ。

しかし、この経験によりクローネは冷酷な心を手に入れ、逆にシセルのことを脱獄発案者として訴えたのです。

シセルはそのまま処分されることになりましたが、実はシセルはこの運命に満足していました。

クローネがこの先仲間を蹴落として生き残れるよう、シセルはクローネに冷酷な強さが備わるよう仕向けたのです。

その狙い通り、クローネは生き残り、のちにGFでシスターを任されるまでに。

しかし、シセルのおかげで生き延びたクローネも、結局は生き永らえることができませんでした。

 

約束のネバーランド番外編イザベラ「母の決意」

脱獄を許したにもかかわらず処分は受けず、それどころかグランマにまで上り詰めたイザベラ。

他のシスターたちはそんなイザベラに敬意を示していますが、その裏では、なぜイザベラがここまで評価されるのか納得できない様子。

イザベラがグランマに就任して1ヶ月。

脱走による損失をカバーし、なおかつ商品の質を向上させたイザベラは、鬼に高く評価されていました。

しかし、脱獄者を出した前科があるため、鬼はマチルダにイザベラを監視させていたのです。

イザベラには何か裏があるはずだと決めつけるマチルダは、イザベラの不正を暴くため、わなを仕掛けることに。

他のシスターと結託し、イザベラをはめようと計画したマチルダですが、実はすでにイザベラに誘い込まれていたとはつゆ知らず…。

マチルダがイザベラの部屋に入ると、そこにはイザベラと、結託したはずのシスターたちが座っていました。

そう、全てイザベラにバレていたのです。

全員が処分に恐怖した瞬間、イザベラは意外なことを言い出しました。

なんと、一緒にGF農園を潰さないかと提案してきたのです。

エマ達が4歳以下を置いて逃げたことから、1年半~2年以内にフィルたちを迎えに来るだろうと予測したイザベラ。

エマたちが戻るときまでに準備を終えなければいけないと考えて、そのためにシスターたちを自分の味方につけようと考えたのです。

もちろん、この計画を聞いてもすぐに受け入れられないシスターたち。

イザベラの裏切りを訴えて農園に加担した方がましだといいますが、それで生き延びたとしてもまた誰かを蹴落とす人生が待っているだけ。

イザベラは、「その先も、またその先も、終わりのない地獄が待っている」と諭しますが、今までそうやって生き延びてきたシスターたちは、それ以外の生き方を知らないため戸惑ってしまいます。

そんなシスターたちに、それぞれが生きるために産み捨てた子供たちはまだ生きていると明かしたイザベラ。

子供など自分が生きるための道具でしかなった、それなのに、子供たちが生きていると知って、マチルダの目からは涙があふれ出ました。

イザベラは、エマたちから教えてもらったように、自分たちも団結すれば相手に立ち向かうことができると諭し、運命を変えるために手を貸してほしいと頼みました。

覚悟を決めたマチルダは、お茶を一気に飲み干し、イザベラの計画に乗ると宣言。

イザベラも皆に信頼してもらうため、自分の子供の情報も明かし…。

その後、イザベラの予想通り、GFに戻ってきたエマたちは食用児としての運命を覆し、イザベラが望む世界を手に入れたのです。

幸せに暮らせるようになったシスターたちは、イザベラの望んだ世界が実現したことをイザベラの墓に報告するのでした。

 

約束のネバーランド番外編を読んでのツイッターの反応は?

 

約束のネバーランド番外編はいつのジャンプに掲載されていた?

約束のネバーランド特別番外編が掲載された少年ジャンプは以下の通りです。

  • 特別番外編クローネ「自由の空を求めて」…週刊少年ジャンプ1号(2020年12月7日発売)
  • 特別番外編イザベラ「母の決意」…週刊少年ジャンプ2号(2020年12月14日発売)

過去号なので見逃してしまった方も多いと思いますが、週刊少年ジャンプの過去号を読む以外に、特別番外編を読む方法はないのでしょうか?

 

約束のネバーランド 特別番外編 は単行本化する?

残念ながら今回の特別番外編が単行本化するという情報はありません。

しかし、クローネの番外編は小説版のコミカライズだという声が…。

調べてみると、「約束のネバーランド~ママたちの追想曲~」という、約束のネバーランド小説版第2弾に収録されたエピソードのようです。

鬼滅の刃外伝のように公式スピンオフとして発売してほしいですが、今のところその予定はないそうです。

 

約束のネバーランド番外編まとめ

ということで、約束のネバーランドのクローネとイザベラの特別番外編のネタバレや、ジャンプに掲載されたのはいつなのか紹介してきました。

12月7日発売の1号にクローネの番外編が、12月14日発売の2号にイザベラの番外編が掲載されたので、気になる方は過去号を購入して読んでみてください。

現時点で約束のネバーランドは最終巻まで発売されているので、この2つの特別番外編が単行本に収録されることはありません。

また、鬼滅の刃外伝のように、公式スピンオフとして発売されるという情報もないため、週刊少年ジャンプの過去号でしか読むことが出来ないようです。

ただ、クローネの番外編は約束のネバーランド小説版第2弾「約束のネバーランド~ママたちの追想曲~」のコミカライズとなっていますので、気になる方は小説版を読んでみてください。

以上「約束のネバーランドのクローネとイザベラの特別番外編ネタバレを紹介!いつのジャンプに掲載されていた?」と題しお届けしました。

>>約束のネバーランドの本編のネタバレはこちら<<

Pocket
LINEで送る