約束のネバーランド

【約束のネバーランドネタバレ168話最新話確定速報】ピーターラートリーと会って何を話す?

【約束のネバーランドネタバレ168話最新話確定速報】ピーターラートリーと会って何を話す?
Pocket
LINEで送る

2020年2月24日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の約束のネバーランド(約ネバ)本誌168話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

約束のネバーランドの前話167話では、GFに占拠するといったエマたちの狙いがわからずピーターラートリーは困惑してしまいます。

鬼ごっこ開始というエマの号令に従い、勢いよく飛び出して来る子供たち。

鬼も応戦しますが、制御室をハッキングしたヴィンセントによって位置や戦力を把握されすぐに倒されてしまいます。

エマ、レイ、ノーマンはピーター・ラートリーのもとへと向かっていますが、果たしてその目的とは!?

今回は「【約束のネバーランド(約ネバ)ネタバレ168話最新話確定速報】ピーターラートリーと会って何を話す?」と題し紹介していきます。

 

約束のネバーランド(約ネバ)最新話168話ネタバレ最新話考察

前話では子供たちが二手に分かれ、その場を任されたオリバーが鬼を誘導しまとめて倒していました。

一方でエマ、レイ、ノーマンがピーター・ラートリーのもとへと向かっていましたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

オリバーたちが向かう先

167話の最後、鬼をまとめて倒したオリバーたちがどこかへ向かうシーンが書かれていました。

ピーター・ラートリーのもとへ向かったと考える人が多いと思いますが、実はほかの農園の子供たちを助けに行ったのではないでしょうか。

エマたちがGFを脱走する際に、必ずほかの農園の子供たちも解放すると宣言しています。

そのために今は4歳以下の子供たちを置いていくと。

おそらくオリバーたちが別行動をしていたのは、ほかの農園の子供たちの安全を確保しに行ったからだと考えられます。

 

安否不明なフィルと謎の赤ん坊キャロル

最終決戦でGFに戻ってきた今、フィルについて語られる可能性があります。

12巻収録の100話でフィルはアンドリューと接触しましたが、それ以来フィルに関する記述は一切なく、生死すら不明となっていました。

アンドリューというピーター・ラートリーの手下が関わっていたので、何かしら説明があってもよさそうですね。

また、1巻で登場したキャロルという赤ん坊を覚えていますか?

ほとんど登場シーンがないにもかかわらず、GFの子供たちを紹介するページに記載され続けているのです。

3巻の表紙ではフィルがキャロルを抱きかかえるようにしていますし、100話でもフィルがキャロルの世話をしている描写がありました。

このことから、キャロルにも何かしら重大な秘密があり、今後登場する可能性が…。

キャロルについてなにかしら説明があれば、食用児の父親の遺伝子や今いる子供たちの血縁関係がはっきりするかもしれませんね。

 

裏で動くイザベラ

エマたちが好き勝手している中、イザベラが何も動いていないのが気になります。

もともと1巻でレイは「鬼ごっこは戦略が命」だと語っていました。

状況を分析し、相手の考える戦略のさらなる上を考えることが重要だと…。

ピーター・ラートリーが思いつきもしなかったGFの占拠という作戦に出たエマたちですが、イザベラはすでにその作戦を見透かし、裏で手を打っている可能性があります。

その作戦が食用児を助けるのかピーター・ラートリーを助けるのかまだわかりませんが、何かしらの手は打っているはず。

出来れば食用児側についてもらって、ハッピーエンドとなってもらいたいですね。

 

ピーター・ラートリーとの直接対決

エマ、レイ、ノーマンがピーター・ラートリーのもとへ向かっていますが、彼に会って何を話すのでしょうか?

「約束」に関すること?

ジェイムズ・ラートリーが「約束」を破っていたこと?

鬼も人間も食用児もみんな円満に暮らせる別の方法の提案?

誰も傷つけたくないと考えるエマに、ピーター・ラートリーを殺すという考えはないでしょう。

そのため、彼を説得し、鬼、人間、食用児、すべてが円満となる結末を提案すると思います。

しかし、ヒステリックなピーター・ラートリーがおとなしく話を聞くわけがありません。

エマたちが自分を狙っていると分かっているのに慌ててない様子を見ると、何かしら策があるのかもしれませんね。

 

約束のネバーランド(約ネバ)最新話168話への感想・予想ネタバレツイート

以下が約束のネバーランド168話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

約束のネバーランド(約ネバ)最新話168話ネタバレ確定速報

約束のネバーランド168話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

誰もいない部屋

ヴィンセントたちは敵の妨害にあいながらも、何とか敵のデータを集めることに成功。

急いでボスたちのもとへと動き出します。

そのころ、エマ、レイ、ノーマンも地下一階応接室に到着しました。

しかし、そこには誰もおらず、不安になったノーマンはヴィンセントに連絡を取ります。

その連絡に応じたのは、先ほどまでここにいたであろうピーター・ラートリーでした。

なんとピーター・ラートリーは偽の映像を流し子供たちを誘導。

その結果システムをハッキングしていた場所も知られてしまい、ヴィンセントたちは捕まってしまったのです。

 

ソンジュとムジカの命

エマたち3人のもとへ銃を持ったピーター・ラートリーの手下が近づいてきました。

別行動をとっていたオリバーたちも手下に囲まれています。

ピーター・ラートリー曰く、すべては初めからわかっていて掌で転がしただけに過ぎないと。

さらに、ソンジュとムジカの処刑が執行されたという衝撃的な事実も告げられました。

勝利を確信し歓喜に震えるピーター・ラートリーですが、エマたちはソンジュとムジカが殺された事実にショックを受けます。

 

ヴィンセントの努力

システム制御の解除に戸惑うピーター・ラートリーの手下たち。

何をしてもエラーとなってしまう様子を見てほくそ笑むヴィンセント。

これまでの努力はすべてこの日のためであり、自分たち人間の勝利だと宣言するヴィンセントですが、次の瞬間、ピーター・ラートリーに撃たれてしまいます。

このシステムを食用児ごときに邪魔されてたまるか!と激高するピーター・ラートリーですが、なにやら周りの様子がおかしいことに気付きます。

なんと自分の手下がやられ、背後にはオリバー、ザック、ジリアンの3人が銃を構えて立っていました。

 

約束のネバーランド(約ネバ)168話ネタバレ最新話確定速報まとめ

約束のネバーランド(約ネバ)本誌の前話167話では、エマ、レイ、ノーマンが地下一階応接室にいるピーター・ラートリーのもとへ向かっていました。

ヴィンセントたちはシステムをハッキングしてノーマン達に指示を出しています。

鬼を倒したオリバーたちもどこかへ向かっていました。

そして最新話確定速報として168話のネタバレをお届けしました。

168話では地下一階応接室に到着するもののピーター・ラートリーの姿はなく、なぜかヴィンセントたちの場所にいました。

エマたちの考えを読み、そのさらに上を行く作戦で攻めてきたピーター・ラートリー。

しかし、そんなピーター・ラートリーの背後に忍び寄るオリバー、ザック、ジリアン。

果たしてここから形勢逆転となるのでしょうか?

以上「【約束のネバーランド(約ネバ)ネタバレ168話最新話確定速報】ピーターラートリーと会って何を話す?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る