約束のネバーランド

【約束のネバーランドネタバレ最新話176話】フィルと感動の再会を果たすもイザベラが鬼の攻撃を受ける

【約束のネバーランドネタバレ最新話176話】アンドリューと接触後フィルが生きていられた理由が明らかに?
Pocket
LINEで送る

2020年5月11日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の約束のネバーランド(約ネバ)本誌176話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

約束のネバーランドの前話175話では、レウウィスの宣言により、全農園の廃止が伝えられました。

また、新時代を切り開く鬼の新王はムジカに決定。

この知らせを聞いた子供たちは、だれにも追われることのない自由な世界が訪れたことに両手を上げて喜びます。

2年前、農園においていった仲間たちを迎えに行けることになったエマは、ついにフィルと感動の再会を果たすことが出来ました。

その後の展開はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【約束のネバーランド(約ネバ)ネタバレ176話最新話確定速報】フィルと感動の再会を果たすもイザベラが鬼の攻撃を受ける」と題し紹介していきます。

 

約束のネバーランド(約ネバ)最新話176話ネタバレ最新話考察

前話ではレウウィスによって農園の廃止が決定。

また、新時代の王に即位したムジカは、鬼の民衆たちと新たな世界を築いていくこととなりました。

食用児が誰にも追われることのない自由な身となったことに対し、子供たちやママ達は両手を上げて喜びます。

エマは2年前の約束通り、農園に残された子供たちのもとへ。

ついにエマとフィルは感動に再会を果たしましたが、今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

アンドリューと接触後のフィル

175話で生存が確定したフィル。

アンドリューと接触後は一度も描かれることがなく、生きているかどうかさえ不明となっていました。

なぜフィルは生きていられたのでしょう?

フィルが引き取られた農園には、GFからシェリーやエイゲンも引き取られています。

そしてアンドリューがフィルと話がしたいと言ってきた際、その場にシェリーやエイゲンがいたにもかかわらずフィルを指名してきました。

なぜフィルを指名したのでしょう?

あの時、フィルとアンドリューはどんな会話をしたのでしょうか?

 

脱走を手助けしたのか確認

恐らく、アンドリューはフィルが脱走者の協力者であるかどうか見極めに来たのだと考えられます。

そもそも、GFの新しいママは首に認証番号がありませんでした。

つまり、新しいママは農園出身ではなくラートリー家の人間なのではないでしょうか。

そのママが常にフィルの動向をくまなくチェックしていたのでしょう。

サイモンの出荷以降、元気のなくなったフィルの様子をおかしいと思ったママはアンドリューに連絡。

アンドリューもフィルに脱走の兆候がないか、脱走者の情報を知っていないかを確認しに来たのだと思われます。

しかし、エマたちとの思い出を無邪気に語るフィルの様子に、脱走の気配や脱走者の情報を知らないと感じたアンドリューは、フィルに危害を加えることなく帰っていったのでしょう。

アンドリューがエマのことを知っていたのは、この時フィルからエマのことを少し聞いていたからかもしれませんね。

 

Λ農園へ引き抜き

フルスコア3人には劣りますが、それでも脱走前のフィルの平均スコアは203。

脱走から二か月後にはスコアが上がっているとフィル本人が発言していました。

アンドリューはそんなフィルを、Λに引き抜こうと打診しに来たのではないでしょうか?

エマとレイは脱走、ノーマンはレグラヴァリマのためにΛで管理されていたため、次の出荷は確実に行わなければなりません。

フィルもエマたちと同じように脱走されてしまっては、ラートリー家の名誉に傷がついてしまいます。

そのため、次の特上の候補であるフィルを確実に出荷しようとした結果、ノーマンのようにΛで徹底管理した方がいいと考えたのでしょう。

フィルがΛへ行っていたなら、ノーマンのような扱いを受けていたかもしれませんね。

しかしエマたちのためにもGFに残る必要があったフィル。

そんなフィルのΛ行きですが、グランマになったイザベラが介入して、Λ行きを断念させた可能性が…。

脱走時、イザベラはフィルがこの世界の真実を知っていることや脱走の加担者であることに気が付いていました。

グランマに就任したイザベラはすぐにフィルと協力して、エマたちのために暗躍していたのかもしれません。

そんなイザベラが直談判して、エマたちのため、食用児のためにフィルのΛ行きを中断させたのでしょう。

いずれにせよ、176話ではこれまでフィルがどのように過ごしてきたか明らかになるでしょう。

 

人間の世界へ行く必要はあるのか?

農園が廃止され、邪血を広めることになった鬼の世界。

鬼は人間を食べなくても退化する心配はなくなりました。

新しい世界が始まったわけですが、食用児は人間の世界へ行く必要があるのでしょうか。

そもそも、人間世界へ行ったところで安全が保障されるわけではありません。

それならば、鬼に食われることにないこの世界でひっそり暮らせばよいのではないでしょうか。

ソンジュのように天然ものなら人間を食いたいと考える鬼もいると思いますが、人間世界へ行くよりも危険はないはず。

しかし、人間世界へ行かないとなると「あのお方」との「約束」に矛盾が生じるため、鬼の世界で暮らすという展開はないでしょうね。

 

ピーター・ラートリーの叔父のもとへ

コード「Solid」を叔父に伝えろと言って、ピーター・ラートリーは死んでしまいました。

果たしてこの叔父とは?

2つの展開が考えられるので解説していきます。

 

ラートリー家次期当主

ピーター・ラートリーは「叔父」にコード「Solid」を伝えろと言い残しました。

この後隠し持っていたナイフで自害を図るため、叔父はピーター・ラートリー亡き後、ラートリー家の当主になる存在だと考えられます。

兄・ジェイムズ・ラートリーが当主となっていた時点で、父親はもう死んでいるのでしょう。

そのため、次期当主の可能性があればピーター・ラートリーの叔父になります。

この叔父が食用児の味方になるのか敵となるのかはまだわかりませんが、食用児の味方であることを願います。

 

人間世界へ行く支援者

可能性は低いですが、ジェイムズと同じ食用児の支援者だったパターンも考えられます。

ピーター・ラートリー自身、人間世界でどこまでできるのか見ものだと発言しているので、このコードで人間世界へ渡ることが出来るのだと思います。

しかし、この叔父が食用児の支援者だった可能性は極めて低いでしょう。

エマたち食用児が脱出した後、ピーター・ラートリーによってラートリー家の中に潜んでいた支援者は一人残らず殺されています。

つまり、食用児の支援者は一人も残っていないはず。

最後まで生き残っていたのはスミーですが、ノーマン曰く、スミーが死ぬ前に情報やネットワークを受け継いだとのこと。

この時点でラートリー家の支援者はノーマン以外存在しないということになります。

そのため、叔父が食用児の支援者である可能性は低いでしょう。

いずれにせよ、フィルがこれまでどのように過ごしてきたか語られた後は、ピーター・ラートリーの叔父へ会いに行く展開が待っていると考えられます。

 

約束のネバーランド(約ネバ)最新話176話への感想・予想ネタバレツイート

以下が約束のネバーランド176話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

約束のネバーランド(約ネバ)最新話176話ネタバレ確定速報

約束のネバーランド最新話176話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

フィルとの再会

ついに2年ぶりにフィルとの再会を果たしたエマ。

フィルはエマの方を不思議そうに見ていましたが、エマの発した「ただいま」の一言でフィルはすべてを悟ったようです。

フィルの目からは大粒の涙が流れ落ち、何度もエマの名前を呼びながら「おかえり」と叫んでいました。

長い間待たせてしまったことを謝罪するエマですが、フィルはエマのことを信じていたため、帰ってきてくれただけでうれしいようです。

抱き合いながら喜びをかみしめる二人のもとへ、ほかの子供たちもやってきました。

そして、ノーマンの姿に気付いたフィル。

ノーマンは出荷されたとばかり思っていたフィルは、ノーマンの生存を心から喜んでいます。

そしてノーマンもまた、フィルがほかのみんなを守ってくれたことに感謝していました。

しかし、その裏では出荷を阻止できなかった子供たちもいるのです。

そのことを悔やむフィルですが、レイがフィルの気持ちを察し、これまで一人で頑張ってきたことへねぎらいと感謝の気持ちを伝えました。

そして、「もう大丈夫」という言葉で安堵し、フィルはさらに大号泣してしまいます。

 

晴れて自由の身に…

その様子を見ていた農園のママは青ざめていました。

それもそのはず、グランマ・イザベラが目の前にいるのですから…。

そんなママに対しイザベラは、農園が廃止され自由の身になったこと、これからは子供たちを心から愛してもいいということが伝えられました。

涙を流しながら、イザベラの胸に飛び込むママ。

イザベラから伝えられたことがよっぽど嬉しかったのでしょう。

 

農園の終わり

レウウィスによって、五摂家家臣団と農園が国賊とされた鬼の世界。

この通達により、農園にいる鬼たちは現王兵によって拘束され始めました。

ピーター・ラートリーに従っていた鬼たちは農園が廃止されるという通達が信じられず、現王兵たちに反抗。

しかし、王族であるレウウィスに逆らうことは出来ません。

ついにすべての農園が終わりを迎えます。

フィルにも胸を張って人間世界へ行けると伝えるエマ。

到底実現できない理想だといわれながらも諦めずに挑み続け、ようやくたどり着いた結果に、エマは満足そうな表情をしています。

 

身を挺してエマを守ったイザベラ

そんな子供たちの後ろに近寄る、一匹の鬼の姿が…。

その姿に気付いた子供たちは、悲鳴をあげながら逃げ始めました。

すぐさま鬼に攻撃を仕掛けようとするエマですが、農園についてからは銃を下ろしていたので、成す術がありません。

この鬼は新政権の決定に納得できず、農園を廃止するならば今ここで子供たちを喰ってしまおうと自暴自棄になっていたのです。

エマが鬼の攻撃から子供たちをかばったとき、エマの上に覆いかぶさるイザベラの姿が…。

イザベラの体には鬼の爪が貫通しており、そこから血が滴っていたのです

 

約束のネバーランド(約ネバ)176話ネタバレ最新話確定速報まとめ

約束のネバーランド(約ネバ)本誌の前話175話では、レウウィスによって邪血を分配して農園を廃止することが伝えられました。

さらに、新時代の王はムジカに決定。

最新話確定速報として、176話のネタバレをお届けしました。

エマたちと感動の再会を果たしたフィル。

レイもそうでしたが、出荷されていく仲間を見送り続けたのは本当につらかったと思います。

ピーター・ラートリーに従っていた鬼たちも現政権の王兵に捕まり、ついにエマの理想とする世界が目の前に近づいてきました。

しかし、このままうまくいくわけがありません。

ヤケを起こした鬼によって、イザベラが攻撃を受けてしまいました。

果たしてイザベラはこのまま死んでしまうのでしょうか?

177話の展開が気になりますね。

以上「【約束のネバーランド(約ネバ)ネタバレ176話最新話確定速報】フィルと感動の再会を果たすもイザベラが鬼の攻撃を受ける」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る