キングダム

【キングダムネタバレ630話】信が死んで飛信隊はどうなってしまう?

【キングダムネタバレ630話最新話確定速報】信が死んで飛信隊はどうなってしまう?
Pocket
LINEで送る

2020年2月6日(木)発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム630話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

前話キングダム629話では、信が死んでしまいました。

まさかの展開で驚かれた方も多かったと思います。

信は本当にこのまま死んでしまうのでしょうか?

主人公ですし、さすがにこのまま死んでしまうようなことはないように思いますが、どうなってしまうのでしょうか?

630話もどんな展開になるのか見逃せませんね。

今回は「【キングダムネタバレ630話最新話確定速報】信が死んで飛信隊はどうなってしまう?」と題し紹介していきます。

>>キングダム最新刊を無料で読む<<

 

キングダム630話ネタバレ最新話考察

前話では信が死んでしまいましたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

倒れた信はそのまま死んでしまうのか?

信が死んでしまったようです。

主人公が死んでしまってこの先どうなるのでしょうか?

キングダムの最初に信が将軍となった絵が描かれていますので、さすがにこのまま死ぬことはないかと思います。

ですが、これまでの戦いでの負傷で瀕死の状態であることは間違いないようです。

これからさすがに李牧を追っていくことは難しいと思われます。

飛信隊も李牧を追わずにただただ信の事を心配していました。

これから鄴が落ちるまでは信の活躍はないかと思われます。

ですがこれまで岳嬰、趙峩龍、そして龐煖と討ち取っているので十分な功績があります。

この戦いの後に将軍になる可能性も高いのではないでしょうか?

 

龐煖も両親の治癒の力を持っていた?

龐煖の両親は不思議な力を持っていて、けがや病気を治すことができました。

その子供である龐煖も同じような力を持っているのではないでしょうか?

なぜ今になって龐煖の両親がそのような力を持っているのかが描かれた理由は、信を直すからだと思われます。

武を極めてきた龐煖に勝った信に人の救済を任せるのではないかと思っています。

政の夢である中華統一は人の救済につながっていくことになります。

またその政を助ける役割にある将軍に信はなろうとしています。

信の天下の大将軍になるという目標があるからこそ、龐煖も信に人の救済を託して、信の体を治すのではと考えています。

そして龐煖は息を引き取るのではないでしょうか?

 

羌瘣に何か秘策がある?

羌瘣が信のところに近づいてきましたが、羌瘣の目は絶望しているようには見負えませんでした。

むしろ何か希望があるような、目をしていました。

羌瘣はどうしようとしているのでしょうか?

 

信を蘇生させることができる?

羌瘣も龐煖の両親のように治癒の力があるのでしょうか?

あのような力を羌瘣が持っているのでしたら、信も助かるのかもしれませんね。

ただ今までそのような力を使ったことはなかったように思いますので、今まではできなくて、龐煖との戦いによって神の力が与えられたのかもしれません。

また自分の命と引き換えに信を生き返らせることができるような秘術があるのかもしれませんね。

もし蘇生することができるとわかっているのでしたら、あの羌瘣の表情にも納得ではないでしょうか?

また自分の命と引き換えに信が助かるのならという表情にも見えなくもないです。

羌瘣が信を蘇生させるという可能性もあるのではないでしょうか?

 

飛信隊を羌瘣が受け継ぐ?

もしくは全く違う意味の表情かもしれません。

あの龐煖を倒しすことができたものの、信が死んでしまっては飛信隊が今の状況のように動けなくなってしまいます。

信の意思を受け継いで飛信隊を率いる決意の表情なのかもしれません。

信の目標は大将軍になることです。

その夢を羌瘣自身が受け継いで、飛信隊と共に成し遂げようとするのではないでしょうか?

信がこのまま死んでしまうのは、ないかもしれませんが、このまま動けない飛信隊を率いるとしようとするかもしれませんね。

 

キングダム630話のツイッターの予想・感想

以下がキングダム630話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム630話ネタバレ最新話確定速報

キングダム最新話630話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

羌瘣が信の元へ

尾平や渕、河了貂が泣き崩れる中、羌瘣が信の元へきます。

羌瘣も信の前に龐煖と戦いボロボロでフラフラの状態ですが、信の元へ歩いてきます。

その羌瘣の目には悲しさだけではなく何か決意したような表情をしていました。

飛信隊が李朴が逃げたのに追撃をしず、動かないことに違和感を覚えた王賁、蒙恬が飛信隊の元へ走ります。

飛信隊のところに着くと、絶望し泣いている者、うずくまっている者がほとんどで、何かあったことを感じます。

そして王賁と蒙恬達が飛信隊の中心へたどり着くと、信の周りで泣いている者たちがおり、信のそばに羌瘣が座り、語り始めていました。

 

呪術を試そうとする羌瘣

羌瘣は蚩尤の一族に千年以上も前から伝わっている呪術をしようとしていました。

その術は「天地の間」に自らの魂でいき、命と引き換えに死者と話すことができ、蘇生させる可能性もあるというものでした。

羌瘣は信の胸に手を置き、術をしようと試みます。

この術を羌瘣は幼いときにも試そうとして、羌象に止められたという過去がありました。

去回は小鳥が死んでしまったことから、この呪術で生き返らせようとしたのです。

そこに羌象が危ないと止めたのでした。

そして羌象は呪術でも基本死んだ者は生き返らないと言われます。

そのことを羌瘣は思い出してしまい、このまま生き返らせることができず、死んでしまうと考え怖くなります。

そんな思いから、涙があふれてきます。

死なせまいと、呪術をどうやるかを思い出します。

自分しかこの状況で信を助けることはできないと、引き続き呪術を実行しようとします。

 

呪術で倒れる羌瘣

飛信隊の面々が信と羌瘣の様子を見守る中、羌瘣は呪術を唱えていきます。

術を唱えていくと羌瘣の手や顔には血管が浮き出てきて、目を大きく見開き血走り瞳孔が開いていきます。

周りの皆はその様子に驚き、心配します。

すると何か光の中に包まれたような描写がされ、、見開かれていた羌瘣の目はだんだんと閉じていき、がっくと力が抜けたようにうずくまります。

羌瘣は次の瞬間真っ白な空間にいました。

驚き周りを見回すも、周りにいたはずの飛信隊の皆もおらず不安になります。

 

天地の間

周りをよく見ると、遠くに人影を発見します。

近づいていくとその人影はあの幽連でした。

幽連が言うにはここが「天地の間」の入り口ということでした。

そして羌象もそこに現れます。

羌象はここに来てしまったということはあの術を使ったのかと尋ねます。

幽連は呪術がどのようなものなのか言います。

死者を蘇生しようとしているが、その確率は1/2で、術者の寿命を半分差し出さなければならないというものでした。

自分の寿命を半分も差し出してなお、1/2の確率でしか生き返らせることができないと幽連はあざ笑うように言います。

 

羌瘣の思い

しかし羌瘣の答えは決まっていて、凛とした表情ですべてを差し出すと言います。

その答えを想定していなかったのか、幽連も羌象も驚きの表情を見せます。

そして幽連は2度と戻れなければいいと言います。

その時羌瘣は今度は真っ黒な世界に倒れていました。

周りを見回すと目の前に信の後ろ姿を見つけ叫びます。

 

キングダム630話ネタバレ最新話確定速報まとめ

キングダム本誌前話629話では信が死んでしまいました。

このまま信が死ぬとは考えにくいものがありますが、どうなっていくのでしょうか?

最新話確定速報として630話の内容を紹介しました。

羌瘣か龐煖が信を助けると予想しましたが、羌瘣が術を使って生き返らせようとしますが、どうなっていくのでしょうか?

信には死んでほしくはないですね。

以上「【キングダムネタバレ630話最新話確定速報】信が死んで飛信隊はどうなってしまう?」と題しお届けしました。

>>キングダム最新刊を無料で読む<<

Pocket
LINEで送る