Dr.STONE

ドクターストーンの最終回の歌は誰が歌った?リリアンの声優とは別の人で歌詞の和訳を紹介!

ドクターストーンの最終回の歌は誰が歌った?リリアンの声優とは別の人で歌詞の和訳を紹介!
Pocket
LINEで送る

アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」1期の最終回は名シーン続出の素晴らしい回でした。

中でも、作中で百夜が残したレコードを千空が再生するというシーンが話題となりました。

数千年の時を越え、レコードから流れてきたリリアンの美しい歌声・・・ただこの歌声、普段リリアンを担当してる声優さんの声と違いました。

一体誰が歌っていたのか調べ、どんな歌詞なのかも気になったので和訳しました!

今回は「ドクターストーンの最終回の歌は誰が歌った?リリアンの声優とは別の人で歌詞の和訳を紹介!」と題しお届けします。

 

ドクターストーンの最終回の歌は誰が歌った?

アニメの中でリリアンの歌は何度か流れましたが、最終回で流れたときが特に良かったです。

百夜はレコードというツールを使って、いつ目覚めるかわからない千空にメッセージを送り、リリアンの歌も残しました。

世界でもトップレベルの歌唱力を持つリリアンの歌声は、洗練された音楽に馴染みのない石神村の人々を魅了し、千空やゲンにも感慨深いものとなりました。

歌のタイトルは「One Small Step」、直訳すると「小さな一歩」ですね。

信念を持って一歩一歩、心折れることなく楔を打ち続ける千空たちにぴったりの歌でした。

 

リリアンの声優とは別の人で誰が歌った?

アニメでリリアンが初登場したのは16話が最初で、そこで「one small step」も流れました。

まずリリアンがどのように登場したのか、どんな人物なのかをご紹介したあと、声優と歌手についての情報を見ていきましょう!

 

宇宙船(ソユーズ)に乗っていたリリアン・ワインバーグとは?

アニメの16話で千空は石神村の長となり、ルリから百物語の百話目「石神千空」を聞くことになりました。

そうして始まったのが石化しなかった宇宙飛行士たちの物語です。

リリアンは宇宙船には乗っていたものの専門の宇宙飛行士というわけではありません。

職業は歌手、それも世界トップレベルの歌唱力を持つ歌手でした。

なぜ世界的な歌手が宇宙船に乗っていたのかと言うと、宇宙船の民間向けの座席を購入したためです。

宇宙に行ったリリアンは、白夜たちと地球が石化光線に包まれる様子を目撃し、地球に降り立ったあとは彼らと協力して石神村を創設するに至りました。

6人の中では最も百夜と親し気だったため、百夜と結婚して子をなしたのではないかと噂されていますが、決め手となる直接的な描写はありません。

しかし3700年後の石神村でルリやコハクがリリアンと同じ金髪碧眼なので、子孫を残している可能性はあると思います。

 

リリアンの名曲「one small step」を歌ったのはイギリスのミュージカル女優!

そんなリリアンの声は、Lynn(りん)さんという声優が担当しました。

Lynn(りん)さんはアーツビジョン所属の人気声優さんです。

リリアンのように美しく、可愛らしい人ですね!

ただLynn(りん)さんは普段の会話だけで、歌は別の方が担当されています。

1期の第2クールが始まる前、Lynn(りん)さんはインタビューで、リリアンは歌姫だからハードルが高いけど歌は別の方が担当される、歌の方と違和感がないよう意識したいといったことを話していました。

リリアンの歌を担当したのはLaura Pitt-Pulford(ローラ・ピット・プルフォード)さんという方です。

ローラさんはイギリスの女優であり、ミュージカル劇場で活躍されているそうです。

リリアンのイメージそのままの美しい女性ですね!

 

ドクターストーンの最終回の歌の歌詞を和訳で紹介

「One Small Step」はメロディと歌声だけでも素晴らしいとわかるものでしたが歌詞は全て英語、どんな内容なんだと気になった方も多いのではないでしょうか。

歌は「No where to turn(戻れない)」や「rock and a hard place(板挟み)」といったもの悲しい感じでスタートします。

逃げ場のないストーンワールドのことを連想させますね。

さらに「I’m ready to go, but I don’t know where to start(準備はできている、でもどこに向かえばいいのかわからない)」というような、戸惑いを表すような歌詞が続いていきます。

そしてサビがやってきます。

最終回に流れた歌のサビは2番のものとなり、「One small step from zero to start again」から始まります。

2番のサビを和訳すると次の通りです。

もう一度、ゼロから小さな一歩を踏み出して

強くなりたいのなら

私たちはできると信じなければいけない

小さな一歩を踏み出すことがヒーローに繋がる 変化や新しさに繋がる

私はいつも願っている

あなたのことを想っている

ストーンワールドの現実に直面した人類は少なからず戸惑います。

そんな戸惑いや不安を包み込む優しさ、進むことは正しいという励まし、千空なら新世界でも生きていけるという百夜の強い信頼が伝わってくる歌詞でした。

 

ツイッターでの感想は?

ドクターストーンのリリアンの歌「one small step」についての感想を集めました!

 

まとめ

アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」1期の最終回で流れたリリアンの歌「one small step」についてまとめました。

リリアンの声優は普段Lynn(りん)さんが担当していましたが、歌声はLaura Pitt-Pulford(ローラ・ピット・プルフォード)さんというイギリスのミュージカル女優が担当していました。

「one small step」の歌詞を和訳することで、千空を想う百夜の心が詰まっている素晴らしい歌だと改めて分かりました。

ツイッター上でも誰が歌っているのか、感動した、2期がより楽しみになったという声が多数寄せられていました。

聴いたことないという方はぜひ聞いてみてくださいね。

以上「ドクターストーンの最終回の歌は誰が歌った?リリアンの声優とは別の人で歌詞の和訳を紹介!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る