キングダム

キングダムの李牧は処刑で最後の結末は史実ではどうなる?これからどう描かれるのか考察

キングダムの李牧は歴史ではどうなる?生い立ちから最後の結末の処刑まで史実から解説
Pocket
LINEで送る

大人気連載中の漫画「キングダム」、著名人でもキングダムファンが増えているようですね。

さて、鄴攻めでの王翦VS李牧、桓騎の勝いは、これまでのキングダムの戦いの中でも盛り上がりはひときわです。

この戦いの最強の敵である三大天の李牧ですが、史実では「どのような結末を迎えたのか・処刑はされたのか・最後はどうなるのか」、さらにキングダムの李牧もそうなるのか、気になりますよね。

そこで、今回は少し歴史的な観点を交えながら、キングダムの李牧の生い立ちから最後までをご紹介。

キングダム随一とも言える智将の最後とは、そして今後のキングダムの行方は…!?

今回は「キングダムの李牧は処刑で最後の結末は史実ではどうなる?これからどう描かれるのか考察」と題しお届けします。

 

キングダムの李牧は処刑で最後の結末は史実ではどうなる?

キングダムでは、鄴攻めでの王翦VS李牧、桓騎の勝いが盛り上がっています。

そもそも鄴は趙国の王都である邯鄲の南に位置するので、陥落すれば喉元に刃を突きつけるようなものです。

趙王が必死になるのもわかりますね。

史実での鄴攻めは、「始皇の11年に、王翦は将軍として閼与を打ち破り、9つの城を落とした」のみしか書かれておらず、詳しい戦い方などは不明です。

その後、李牧は司馬尚と共に秦に対して必死の抵抗をみせるも、最後は「離間の計」によって生涯を終えます。

この最後を知ってしまうと、キングダムでもそうなのかと思いますよね。

 

キングダム李牧の生い立ちは?

キングダムの李牧の生い立ちは、実はキングダム連載前の読み切りで本誌に掲載されました。

しかしキングダム単行本に未収録なので、知らないファンも多いかと思います。

彼が多くの無駄死にを嫌うルーツがわかります。

史実では若い頃に戦火で家族を亡くし、その悲しみから冷静さをかいて無謀な突撃をし、敵将に報復するも仲間を失いました。

そして、胸に穴が開いたような虚しさだけが残り、その経験から無駄死にを出さない戦法になりました。

王翦が軍略で唯一倒せなかったこともあり、「守戦の名将」と謳われたそうです。

 

北方警備の将軍として

李牧は北方で匈奴(きょうど)という遊牧民族と戦う際、「敵が攻めてきたら城内に避難する」「積極的に敵と戦ってはいけない」という方針を最後まで貫きました。

それが功を奏し、趙軍に被害はほぼ出なかったものの、匈奴からは「卑怯者」と言われ、趙の兵士からは「臆病者か?」と疑われました。

さらに趙の王である幽繆王に問い詰められても方針を変えなかったため、別の人物が北方警備の将軍となります。

しかし、実際に城を出て戦うと、連戦連敗で趙に甚大な被害を与えました。

幽繆王は、再び李牧を北方警備の将軍に任命しようとしますが、その際に李牧はある条件を掲示します。

「以前の方針を変えるつもりはございません」

その後、再び北方警備の将軍に就任すると、趙が被害を受けなくなりました。

このことから、彼のキングダム屈指の意志の強さと頭の良さが伺えますね。

 

キングダムの李牧がこれからどう描かれるのか考察!

ある時、秦が趙に攻めてきたため、李牧は大将軍として出陣します。

趙に攻め込んできた秦を宜安(ぎあん)という場所で破り、桓騎を敗走、しかしここから悲劇が訪れます。

紀元前229年に、秦が王翦・楊端和・羌瘣を筆頭に大軍で趙を攻め、李牧は司馬尚と共に応戦します。

そこで苦戦した秦は、趙の内部分裂を起こすためにある策を実行します。

秦は趙の王である幽繆王に溺愛されていた、大臣である郭開に多額の賄賂を贈ります。

そして、郭開を通じて幽繆王にある嘘の情報を吹き込みます。

「李牧と司馬尚が敵と裏で繋がっており、反乱を計画している」

これを信じた幽繆王は、二人を別の将軍に変えようとしますが、李牧はそれを拒否します。

 

幽繆王の怒りを買い斬首

それに怒った幽繆王は李牧を逮捕、首を切って処刑しました。

つまり史実上では、戦いで敗れたわけでなく、根も葉もない嘘によって処刑されたのです。

そして将軍を変えてしまった趙は、秦の王翦が邯鄲を陥落し、滅びました。

それは処刑からわずか3ヵ月後という短い期間でした。

キングダムの李牧は王騎を討ったことから、史実通りの最後以外を望む声も多くあります。

キングダムではまだ希望がある、ということですね。

 

キングダム李牧の最後についての予想ツイート

以下がキングダムの李牧の歴史を踏まえた上で今後や最後の予想ツイートです。

ツイッター上ではアツイ最後予想、鋭い意見が溢れて飛び交っていました、キングダムファンの皆様、さすがです。

個人的には史実通りの最後ではなく、キングダムらしい別の最後があってもいいと思いますが、果たして今後のキングダムで、李牧はどんな最後を迎えるのでしょう。

キングダムの李牧、引き続き大注目ですね!

 

まとめ

今回は、キングダムに登場する李牧についてご紹介しました。

キングダムの李牧は言うまでもなく実在の人物です。

史実では「どのような結末を迎えたのか・処刑はされたのか・最後はどうなるのか」といった疑問を見かけたため、歴史的な観点で生い立ちから最後まで見ました。

史実での最後は、秦から賄賂を受け取った郭開による裏切りで、趙国の王である幽繆王に処刑されるという悲惨な最後でした。

キングダムではまだ明らかでない李牧の生い立ちについては、原泰久先生がまたキングダム内で描くという情報もあるので期待して待ちます。

今回は史実を中心に見ましたが、これからキングダムの李牧の最後がどう描かれ、キングダムという壮大な物語がどうなっていくのか楽しみです。

最後までキングダムを見届けましょう!

今回は「キングダムの李牧は処刑で最後の結末は史実ではどうなる?これからどう描かれるのか考察」と題しお届けします。

Pocket
LINEで送る