未分類

【ゴールデンカムイネタバレ232話最新話確定速報】鯉登の説得に月島はどうする?

Pocket
LINEで送る

2020年3月12日(木)発売号のヤンジャンに掲載予定のゴールデンカムイ232話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

コミックス校正作業のため3月5日分は休載のようです。

ゴールデンカムイ前話231話では、谷垣とインカラマッは小樽の病院から逃げて、フチの家にたどり着きます。

インカラマッはフチの家で出産させるようです。

谷垣はインカラマッを家に残し、追ってくる月島を迎え撃とうと家から出ますが、待ち伏せていた月島から攻撃されます。

しかし、そこに鯉登少尉が現れて月島を制止させます。

鶴見の行く先に本当の正義があるのか見定めると言う鯉登に制止され、月島は谷垣を殺すことをあきらめます。

鯉登の説得に月島は何を想うのでしょうか。

そしてインカラマッがとうとう出産!

無事に赤ちゃんが生まれてよかったですね。

232話もどんな展開になるのか楽しみですね。

今回は「【ゴールデンカムイネタバレ232話最新話確定速報】鯉登の説得に月島はどうする?」と題し紹介していきます。

 

ゴールデンカムイ232話ネタバレ最新話考察

前話では谷垣たちを殺そうとする月島が、鯉登少尉に説得され、2人を殺すことを諦めます。

そしてインカラマッは無事に子供を出産する、といった展開でしたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

子供は女の子?

アイヌには子供を産むとき、男の子の場合は母体を仰向けに、女の子の場合はうつ伏せにして産む決まりがあるとオソマの母が言っていました。

フチは出産についてはベテランで、赤ちゃんの骨盤の大きさで性別がわかるそうです。

インカラマッは仰向けになって出産しましたので、赤ちゃんは女の子と思われます。

次号で赤ちゃんの性別が明らかになるのではないでしょうか。

 

鯉登の説得に月島は何を想う?

また鯉登の鶴見と月島を最後まで見届ける、とは彼らの行動にどのような変化をもたらすのでしょうか。

見届けると言っている以上、鶴見の配下でその行動に正義があるか見定める、という意味でしょうか。

そして鶴見に鯉登の納得する正義が無ければ配下から離脱するのかもしれません。

鯉登の説得により、谷垣を殺すことをあきらめた月島も鯉登の考えに同調するのかもしれません。

谷垣を殺すことを諦めた月島はインカラマッにあの子、いご草ちゃんについて占ってもらいような、そんな表情をしていました。

そして月島がインカラマッの占いによって、大切な女性いご草ちゃんと再会となったとしたら、大切なものを諦めてきた月島の心情にさらなる変化が起きるのではないでしょうか。

 

谷垣たちの件を鶴見にどう報告する?

月島と鯉登にしてみれば、人質のインカラマッを谷垣に奪われ、逃げられ、そして見逃したわけです。

そしてアシリパを連れてくるといった目的も当然達成できていないわけですから、鶴見の思惑とは反する結果となったと思います。

普通に考えれば、月島と鯉登の責任問題ともなりかねないと思いますが、鶴見が谷垣に逃げられたことを知った時、鶴見はどのような行動をとるのでしょうか。

 

谷垣は金塊争奪戦から離脱する?

谷垣はこの後どうするのでしょうか。

さすがにインカラマッと赤ちゃんを連れたまま、金塊争奪戦に復帰するのは難しいですし、仮にインカラマッと赤ちゃんをコタンに置いて、谷垣が出ていくとしても2人を人質に取られてしまう可能性が高いと思います。

2人の安全を考え、谷垣は金塊争奪戦から離脱するのではないでしょうか。

もしくは2人を鶴見の手が届かない安全は場所へ逃がしてから復帰、と言ったことも考えられます。

次号、谷垣の今後の動きが描かれると思います。

 

ゴールデンカムイ232話のツイッターの予想・感想

以下がゴールデンカムイ231話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ゴールデンカムイ232話ネタバレ最新話確定速報

ゴールデンカムイ232話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

無事に出産

インカラマッはフチとオソマの母の助けもあって、無事に出産できました。

涙ぐむ谷垣に、インカラマッは赤ちゃんを抱かせます。

赤ちゃんは女の子でした。

そんななか月島と鯉登は、酒を飲んで寝ている警備兵を起こします。

しかし鯉登は怒らずに、兵に問題なかったと伝えるように指示するのでした。

 

鶴見の本心とは何か。

鯉登と月島は何やら2人で話しています。

鶴見の本心とは何なのか。

本当の目的など無いのかもしれない。

月島は、どちらにせよ同胞の為に戦うことこそが軍人の本懐と話しますが、鯉登はそんな月島の姿勢を否定します。

そして月島に、私は鶴見中尉を信じる、月島はそんな私についてこいと言うのです。

それを聞いた月島はニヤリとほほ笑むのでした。

 

コタンを発つ谷垣たち

出産後、体調の安定したインカラマッと赤ちゃんを連れて、谷垣はコタンを後にしようとしていました。

鯉登と月島は鶴見に2人には逃げられたと報告するようです。

2人は逃げ道も確保し、谷垣たちを逃がそうとします。

インカラマツはそんな月島に感謝し、出産前に月島に問われそうになったこと、おそらくいご草ちゃんの安否について話そうとしますが、月島はそれを制するのでした。

札幌についた宇佐美と菊田

宇佐美と菊田は札幌の時計台に着いたようです。

菊田がことを大きくしないよう、一般人に変装して行動しようと提案するも、宇佐美は拒否。

宇佐美は実力行使で刺青人皮を手に入れようとしているようです。

そんなやりとりをしている2人のところに、小銭が落ちている、と話す聞き覚えのある声がします。

その声はなんと死んだはずの門倉。

門倉は死んでおらず、土方の一派として行動していたのです。

門倉は小銭に気を取られ、宇佐美たちには気が付いていないようです。

 

杉元たちは歌志内へ向かう。

杉元たちは海賊房太郎を探して、アイヌのコタンに聞き込みをしていました。

すると歌志内(うたしない)の炭鉱のほうで入れ墨の男を見たという話があるようです。

それを聞いた杉元たちは歌志内に向かいます。

しかしその男はこれまでの海賊房太郎の情報とはあまり一致しないようです。

果たしてその人物は海賊房太郎なのでしょうか…。

 

場面は変わって、炭鉱の町、歌志内。

まちの少年に男性が話しかけています。

どうやら売っている飴を味見してみないかと言っているようです。

それを聞いた少年が手を出すと、男は石炭を少年の手に置きます。

そして男は替わりにいいものをくれると言います。

そして男は少年を森へといざなうのでした。

 

ゴールデンカムイ232話ネタバレ最新話確定速報まとめ

ゴールデンカムイ本誌231話では、谷垣とインカラマッは小樽の病院から逃げて、フチの家にたどり着きます。

谷垣はインカラマッを家に残し、追ってくる月島を迎え撃とうと家から出ますが、待ち伏せていた月島から攻撃されます。

しかし、そこに鯉登少尉が現れて月島を制止させます。

鶴見の行く先に本当の正義があるのか見定めると言う鯉登に制止され、月島は谷垣を殺すことをあきらめます。

鯉登の説得に月島は何を想うのでしょうか。

そしてインカラマッは無事に出産し谷垣は父となったのでした。

233話もどんな展開になるのか楽しみですね。

以上「【ゴールデンカムイネタバレ232話最新話確定速報】鯉登の説得に月島はどうする?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る