五等分の花嫁

【五等分の花嫁ネタバレ122話最終回最新話確定速報】風太郎は五つ子を見分けることが出来るか?

【五等分の花嫁本誌ネタバレ122話最新話確定速報】風太郎は五つ子を見分けることが出来るか?
Pocket
LINEで送る

2020年2月19日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の五等分の花嫁本誌122話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

五等分の花嫁121話では、高校卒業から5年後、五つ子の5年後の様子から始まります。

一花は女優として、二乃、三玖は一緒にお店を経営、五月は教師になっていました。

そして風太郎と四葉の結婚式当日、五つ子たちは二乃と三玖の経営するお店「なかの」に集まります。

そこで母の形見のピアスを四葉にプレゼントするのでした。

結婚式場では姉妹を探す風太郎の前に、姉妹の父マルオが現れます。

マルヲから四葉は心から喜んでいるかと問われる風太郎。

風太郎が自信をもってそれに応え、マルヲは風太郎を認め、お祝いの日にしか飲まないと言っていたワインを飲むのでした。

式場の係の人から新婦が呼んでいると声がかかり、風太郎は四葉の待つ部屋へ入ります。

姉妹たちの思い出を語りながら、そこで四葉を待つ風太郎。

しかし、着替え用のカーテンが開かれると、そこにはウエディングドレス姿の五つ子が!

そして五つ子たちは愛があれば見分けられる、と風太郎に最後の五つ子ゲームを仕掛けるのでした。

はたして、風太郎は五つ子を見分けることが出来るのでしょうか?

今回は「【五等分の花嫁本誌ネタバレ122話最新話確定速報】風太郎は五つ子を見分けることが出来るか?」と題し紹介していきます。

単行本、マガジン本誌を読むには以下のサイトがお勧めです。

ランキング漫画サイト無料期間月額特徴
1位U-NEXT31日間1990円国内最大級の動画配信サービス
2位FOD1カ月888円無料ポイント分が多い
3位music.jp30日間1958円フジテレビの過去の番組が見れる

 

五等分の花嫁最新話122話ネタバレ最新話考察

前話では五つ子の高校卒業5年後の姿と、風太郎の結婚式当日が描かれました。

正装し、新婦を待つ風太郎の前に現れたのは、ウエディングドレス姿の五つ子!

風太郎と五つ子たちの最後の五つ子ゲーム、といった展開でしたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

全員を見分ける風太郎

風太郎は四葉だけではなく他の姉妹も見分けるのではないでしょうか。

結果的には四葉を選んだ風太郎でしたが、学園祭で姉妹たち5人が好きと言っていました。

友愛という意味もあったかもしれませんが、風太郎にとって五つ子たちが大切な存在であったことは間違いありません。

そこで風太郎は姉妹たちへの「愛」をもって、全員の顔を見分けるのではないでしょうか。

風太郎は五つ子の祖父に、5人の顔くらい見分けられるようになっておくんだなと言われていました。

今こそ、ここで姉妹たち5人への「愛」を見せると思います。

 

五つ子たちとの思い出

風太郎が五つ子ゲームをしていくなかで、五つ子たち一人一人との思い出が描かれるのではないでしょうか。

高校で苦楽を共にし、卒業までに至った風太郎と五つ子たちですが、本当にここまでいろんなことがありました。

風太郎は感謝と共に、五つ子ゲームで一人一人を見分けながら、思い出と感謝を述べていくと思います。

五月のところで、玲奈が五月であったことなどを語る展開もあるかもしれません。

 

二乃と三玖が作ったウエディングケーキ

結婚式のウエディングケーキを二乃と三玖が作り、風太郎と四葉がケーキ入刀したりする展開もあるかもしれません。

二乃と三玖のお店、「なかの」には、結婚式当日に5人がお店に集まった時にお客さんがいなかったので、当日は休みにしてケーキや料理を作っていたのかもしれません。

また、らいはは当日の朝食が質素とボヤく父の勇也に、お昼ご飯は豪華と言っていました。

お昼の結婚式で二乃、三玖が作った料理が出てくるかもしれませんね。

 

四葉との結婚式

最後の五つ子ゲームで見事四葉を見分けることが出来た風太郎は、四葉と共に結婚式の続きを行うと思います。

結婚式ではなぜか指輪の交換が後回しになっていたので、五つ子ゲーム終了後、四葉と指輪の交換をすると思います。

そして結婚式に集まった同級生、らいは、勇也、マルオ、そして一花、二乃、三玖、五月に祝福され、ハッピーエンドとなるのではないでしょうか。

 

結婚後の風太郎と四葉

結婚後の風太郎と四葉の姿も描かれるかもしれません。

結婚をして幸せに暮らし、子どもが出来て、その子供たちはまた五つ子…。

そして五つ子たちに自分たちの昔話をする…そんな展開もあると思います。

 

五等分の花嫁最新話122話への感想・予想ネタバレツイート

以下が五等分の花嫁121話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

五等分の花嫁最新話122話ネタバレ確定速報

五等分の花嫁最新話121話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

本当の花嫁は誰?

風太郎の前に現れたウエディングドレス姿の五つ子!

それぞれ自らが本当の花嫁だと風太郎に言います。

大人になっても変わらぬ五つ子の行動に風太郎はあきれ顔。

すると、風太郎は一番左の花嫁を指さします。

そして風太郎は、お前は一花だと言うのです。

 

一番左の花嫁は一花

髪をほどいたその姿は、一花。

驚く一花に対して、風太郎は一花への今までの想いを伝えます。

本当は怠け者で、鈍くて、寝てばかり、それなのに長女として強くいようとする姿が眩しかった、と話します。

突然褒められた一花は恥ずかしくなり、照れながら風太郎を小突きます。

そして次に風太郎は、左から2番目の花嫁に対して、お前は二乃だ と言います。

 

左から2番目の花嫁は二乃

次に言い当てられた花嫁は二乃でした。

風太郎は二乃への想いを語り始めます。

二乃はとても強がり。

でもそれは弱いことの裏返しで、時より見せる厳しさも大きな愛情があるからと話します。

当時の俺はそれに応えられなかったと、風太郎は謝ります。

風太郎の正直な告白。

それを聞いた二乃は、嬉しそうな顔をするのでした。

そして次に風太郎は、右から2番目の花嫁を 三玖 と呼びます。

名を呼ばれた花嫁は静かに頷くのでした。

 

右から2番目の花嫁は三玖

右から2番目の花嫁、それは三玖でした。

三玖に風太郎は、自分を信じる事の大切さを伝え、それで得た結果は三玖自身のもの、と応えます。

三玖はありがとう、と笑顔で感謝を述べるのでした。

そして次に風太郎は一番右の花嫁を 五月 と呼ぶのでした。

 

一番右の花嫁は五月

一番右の花嫁が髪をほどくと、それは五月。

なぜか満面の笑みで、五つ子のモノマネ、上達したでしょうと胸を張る五月に、憤慨する風太郎。

そして最後に残ったのが四葉だ!と言います。

消去法みたいな感じで指名され、四葉は不満そう!

 

風太郎から姉妹への想い

風太郎は5人全員を見分けることが出来ました。

5年前、姉妹たちが五月の恰好をした時、風太郎は5人を見分けられなかった。

しかし、様々な出来事、紆余曲折を経て、風太郎は5人を見分けられるようになったのです。

五つ子と出会えたことは、俺の誇り。

そんな風太郎の言葉を聞いて、五つ子たちは涙するのでした。

 

四葉から家族へ

式場で四葉は来場者へスピーチをしています。

それを聞く姉妹たち。

天国の母、父、そして姉妹への感謝、家族への想い。

四葉のスピーチを経て、結婚式は幕を閉じました。

 

おつかれさま

結婚式を終えて、風太郎は控室で休んでいます。

風太郎が脱いだスーツをかたづけるらいは。

無事、新郎としての役目を果たした兄。

そんな風太郎に気を使い、らいはは部屋を後にします。

プロポーズから5年。

ようやく迎えた結婚式が終わりました。

 

鐘キスの相手

結婚式を終えて、一息つく風太郎と四葉。

お互いに緊張して疲れたようです。

風太郎が誓いのキスの前に、緊張で震えていたことを四葉にからかわれます。

と、風太郎は誓いのキスをする前に、四葉が言ったことを思い出します。

5年前を思い出して、と言っていたことを。

5年前の春の旅行、その時丘の上の鐘の下でキスした相手。

この話をした時、四葉はやさしく微笑むのでした。

 

もうリボンはいらない。

四葉は式場にリボンを忘れてきたようです。

四葉は自身のトレードマークだったリボンをもうつけないと言います。

付けなくても、風太郎は私を見分けてくれたから。

四葉は優しく微笑みます。

 

四葉の報告

そして四葉は風太郎になにかを告げています。

それを聞いた風太郎は驚き、もっと早く知りたかったと言います。

四葉は何を伝えたのでしょうか。

小学生の修学旅行の時から続く2人の関係。

四葉が風太郎に伝えたいことはまだたくさんあるようです。

 

新婚旅行は6人で!?

姉妹たち4人はなにやら旅行のパンフレットを見ているようです。

なんと4人は風太郎と四葉の新婚旅行についていこうとしているようです!

しかし四葉はそれもいいなと言う感じで嬉しそうです!

姉妹たちは高校生の時みたいと盛り上がります。

するとそこへ、遠くから風太郎を呼ぶ声が聞こえてきます。

上杉君、上杉君…。

 

起こされた風太郎。

風太郎を呼んでいたのは五月でした。

風太郎はなぜか高校生の姿で五つ子の家のソファに寝ていました。

そこには高校生の時の五つ子の姿が。

風太郎は夢でも見たのかと思い、結婚式のことを五つ子に話しますが、五つ子たちは何の話?とキョトンとしています。

 

重なる笑顔

五つ子はどうやら卒業旅行の場所を決めようとしているようです。

笑顔の五つ子たち。

それを見ている風太郎。

風太郎が見ていたのは結婚式の夢ではなくて、高校のころの思い出。

風太郎の中で、そんな高校生の頃の五つ子の笑顔と、5年後の五つ子の笑顔が重なるのでした。

 

五等分の花嫁122話ネタバレ最新話確定速報まとめ

五等分の花嫁本誌の前話121話では、五つ子の高校卒業5年後の姿と、風太郎の結婚式当日が描かれました。

正装し、新婦を待つ風太郎の前に現れたのは、ウエディングドレス姿の五つ子!

愛があれば見分けられるよねという五つ子たち。

風太郎と五つ子たちの最後の五つ子ゲームが始まりました。

最新話確定速報として122話のネタバレをお届けしました。

風太郎は無事に全員を当てることができました。

新婚旅行はなんと6人で行くことに。

全員が納得のいく形で結婚出来、五つ子も前のまま仲良くいられたので、最高のエンディングとなったのではないでしょうか?

以上「【五等分の花嫁本誌ネタバレ122話最新話確定速報】風太郎は五つ子を見分けることが出来るか?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る