鬼滅の刃

鬼滅の刃のヒノカミ神楽(日の呼吸)を一覧を画像で紹介!十三の型を炭治郎は完成させることができるのか?

鬼滅の刃の日の呼吸(ヒノカミ神楽)の型の一覧を画像で紹介!炭治郎は十三の型を完成させることができるのか?
Pocket
LINEで送る

鬼滅の刃の【全集中の呼吸】の中に、始まりの呼吸とも呼ばれる【日の呼吸】が存在します。

数ある呼吸の中でも威力の強い呼吸だとされる日の呼吸は、継承の途中で【ヒノカミ神楽】と名を変えていきました。

そして炭治郎は、代々竈門家に伝わるヒノカミ神楽つまり日の呼吸を耳飾りとともに継承されました。

そんな由緒ある日の呼吸の十二ある型を、一覧で紹介いたします!

また日の呼吸には十三個目の型が存在するようですが、どのような技なのかも考察していきます。

今回は「鬼滅の刃のヒノカミ神楽(日の呼吸)を一覧を画像で紹介!十三の型を炭治郎は完成させることができるのか?」と題しお届けします。

>>鬼滅の刃最新話はどうなる?<<

 

鬼滅の刃の日の呼吸の型(ヒノカミ神楽)の一覧を画像で紹介!

鬼滅の刃に登場する【呼吸】は、鬼を倒す上で欠かせない存在です。

中でも【日の呼吸】は無残に通用した実績を持つ強力な呼吸です。

まずは呼吸とは何かを簡単にご説明し、日の呼吸とその型についてご紹介します。

 

始まりの呼吸【日の呼吸】とは?

呼吸とは、鬼殺隊士が鬼に対抗する身体能力を得るために習得する特殊な呼吸法です。

そこから自らに合った呼吸の【型】で戦うことによって、鬼を倒すほどの力を得ます。

そして【日の呼吸】とは全ての呼吸の元となった【始まりの呼吸】と言われていて、その他の呼吸は全て日の呼吸の派生とされています。

その呼吸の生みの親となるのが継国縁壱(つぎくによりいち)で、彼が炭治郎の先祖に日の呼吸を伝えました。

炭治郎が日の呼吸を意識しだしたのは、下弦の伍・累との戦いで、禰豆子を守るために代々竈門家に伝わる【舞】を使って攻撃をしたことが始まりでした。

 

ヒノカミ神楽こと日の呼吸の型一覧

ヒノカミ神楽こと日の呼吸にはどんな種類があるのでしょうか。

れでは、画像と一緒に日の呼吸の型を紹介させていただきます!

 

ヒノカミ神楽 炎舞(えんぶ)

上弦の陸【堕姫】との戦いに使用。

二連撃で技を繰り出すことができ、一撃目をかわされても二撃目をすぐに放つことができます。

ただ堕姫戦では反撃されてしまい二撃目を出せませんでした。

 

ヒノカミ神楽 烈日紅鏡(れつじつこうきょう)

上弦の陸【堕姫】との戦いに使用。

∞の字を描くように素早く左右に刀を振る攻撃で、周囲の攻撃をすべてかわせます。

堕姫との戦闘では周囲の帯を斬り刻むことができましたが、上弦の参【猗窩座】との戦いでは回避されました。

 

ヒノカミ神楽 火車(かしゃ)

上弦の陸【堕姫】との戦いに使用。

強く踏み込み相手の真上に飛び上がり、円を描くようにして素早い攻撃で相手を斬りつけます。

堕姫との戦いではまだスピードが遅く頸を斬れませんでしたが、上弦の参【猗窩座】との戦いで急成長した炭治郎は、この技で腕を切り落としました。

 

ヒノカミ神楽 碧羅の天(へきらのてん)

下弦の壱【魘夢】との戦いに使用

空中で輪を描くように丸い斬撃を放ち、巨大な鬼の太い頚椎も一撃で斬る威力の強い技です。

 

ヒノカミ神楽 幻日虹(げんにちこう)

上弦の陸【堕姫】との戦いに使用。

高速の捻りと回転によって相手の攻撃をかわすことに特化した技です。

さらに残像によって相手を撹乱、視覚の優れた者ほどはっきりと残像を捉えてしまいます。

上弦の参【猗窩座】との戦いでは、幻日虹で残像を捉えさせ、その後斬りつけることに成功しました。

 

ヒノカミ神楽 灼骨炎陽(しゃっこつえんよう)

上弦の陸【堕姫】との戦いに使用。

渦を巻く炎で前方広範囲を攻撃、さらに防御も行える技です。

斬撃を受けたところに灼けるような痛みが走り、鬼の再生速度を遅らせます。

 

ヒノカミ神楽 陽華突(ようかとつ)

上弦の肆【半天狗】との戦いに使用。

日の呼吸の中で唯一の突き技で、剣に炎を纏わせ一点を突きます。

 

ヒノカミ神楽 飛輪陽炎(ひりんかげろう)

上弦の参【猗窩座】との戦いに使用。

斬撃が陽炎のように揺らいで見えるため、避けたはずの攻撃が伸びたように感じ、避けきれなかった猗窩座にダメージを与えました。

 

ヒノカミ神楽 斜陽転身(しゃようてんしん)

上弦の参【猗窩座】との戦いに使用。

相手の真上に飛び上がり、敵の頚を目掛けて下から上へと斬りつける必殺技です。

この技で猗窩座の頚を斬り落とすことができました。

 

ヒノカミ神楽 輝輝恩光(ききおんこう)

鬼の始祖【鬼舞辻無惨】との戦いに使用。

地面から炎が立ち上がる広範囲に広がる斬撃で、鬼の体を焼き斬ります。

無惨は一瞬で腕を斬り落とされ、斬られたところは焼け焦げていました。

 

ヒノカミ神楽 日暈の龍・頭舞い(にちうんのりゅう・かぶりまい)

上弦の肆【半天狗】との戦いに使用。

炎の龍が舞うような、広範囲に広がる攻撃で相手を追い詰めます。

この攻撃で積怒・可楽・空喜の3人の首を同時に斬ることができました。

 

ヒノカミ神楽 円舞(えんぶ)

下弦の伍【累】との戦いで使用。

上から下へ円を描くような斬撃で、炭治郎が初めて使った日の呼吸の技です。

円舞には、善逸が使う雷の呼吸 壱の型・霹靂一閃を合わせた円舞一閃という炭治郎のオリジナル技もあります。

 

鬼滅の刃の日の呼吸の型(ヒノカミ神楽)の十三の型を炭治郎は完成させることができるのか?

”十二の型は繰り返すことで円環を成し 十三個目の型になる”

炭治郎は「遺伝した先祖の記憶」の中で縁壱に会い、様々な話を聞き、その中で日の呼吸の十二の型をすべて見てきました。

そして戦いの場に戻った炭治郎は「透き通る世界」で無惨の体の中に七つの心臓五つの脳を見つけます。

それを見て、十二ある型を円舞から炎舞へと繋げて無惨の心臓と脳を夜明けまで斬り続けることで日の呼吸の十三個目の技が完成すると確信します。

すべての技を連続して出すことこそが、日の呼吸の十三の型のようです。

炭治郎がそれをできたのかどうかは193話で…。

 

日の呼吸についてツイッターでは

日の呼吸や十三の型についての読者の声を集めました。

 

まとめ

鬼滅の刃の無残も恐れる最強の呼吸【日の呼吸】は【ヒノカミ神楽】へと名前を変えて炭治郎へと継承されました。

日の呼吸十二の型の一覧
  • 円舞(えんぶ)
  • 碧羅の天(へきらのてん)
  • 烈日紅鏡(れつじつこうきょう)
  • 灼骨炎陽(しゃっこつえんよう)
  • 陽華突(ようかとつ)
  • 日暈の龍 頭舞い(にちうんのりゅう かぶりまい)
  • 斜陽転身(しゃようてんしん)
  • 飛輪陽炎(ひりんかげろう)
  • 輝輝恩光(ききおんこう)
  • 火車(かしゃ)
  • 幻日虹(げんにちこう)
  • 炎舞(えんぶ)

日の呼吸の技のすべてを繋げて円舞から炎舞へと夜明けまで舞い続けることで、十三の型が完成します。

そしておそらく、日の呼吸十三の型こそが無惨を倒す方法のようです。

炭治郎は日の呼吸の十三の型を完成させ、無惨を倒すことができるのでしょうか?

以上「鬼滅の刃のヒノカミ神楽(日の呼吸)を一覧を画像で紹介!十三の型を炭治郎は完成させることができるのか?」と題しお届けしました。

>>鬼滅の刃最新話はどうなる?<<

Pocket
LINEで送る