ネタバレ

【鬼滅の刃ネタバレ最新話196話確定】無惨逃亡し禰豆子が到着でどうなる?

【鬼滅の刃ネタバレ最新話196話確定】無惨逃亡し禰豆子が到着でどうなる?
Pocket
LINEで送る

2020年3月2日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃(きめつのやいば)本誌196話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

前話195話では無惨が自分が不利と見るや逃亡を図りました。

炭治郎と伊黒はこの好機に逃がしてたまるかと必死で追いかけます。

そして街のはずれには禰豆子の姿が!

右目が人間の目に戻ってましたが、人間に戻っているということでしょうか?

無惨を倒すことができるのか、禰豆子はどうなるのか今後の展開も見逃せませんね。

今回は「【鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話196話本誌確定速報】無惨逃亡し禰豆子が到着でどうなる?」と題し紹介していきます。

>>最新刊を無料で今すぐ読む<<

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話196話考察

前話では禰豆子がようやく炭治郎たちがいるであろう街に到着したようですが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

炭治郎は無惨を倒すことができる?

日の呼吸十三の型が、すべての型を繋げたものだと炭治郎は理解し、珠世、縁壱のおかげで突破口が見えてきました。

さらには伊黒も戦線に復帰し、無惨を押しています。

しかし無惨は自分の置かれた状況が不利と見ると、一目散に逃亡しました。

2人は無惨に追いつきさらに追撃を試みます。

隙があれば無惨は逃げていくかと思われます。

その隙を作らず縁壱が付けた傷に、日の呼吸十三の型を打ちこむことが出来たら倒せる可能性もあるのではないでしょうか?

 

柱たちはまだ戦える?

炭治郎と伊黒が無惨を追い込むといった形になりましたが、このまま決着というわけにはいかないような気もします。

柱たちはどうなっているのでしょうか?

柱たちはみな無惨の攻撃により吹き飛ばされて、致命傷のようなケガを負ってしまっています。

悲鳴嶼は足がない状態、義勇も右腕が切り離されてしまっていました。

それぞれの状態はわかりませんが、なかなかの負傷だと思われます。

愈史郎ががれきから助け出されて、治療していますが悲鳴嶼はもう戦えない様子でした。

他の柱たちや炭治郎の同期の3人はどういった状況なのでしょうか?

愈史郎が懸命に治療に当たり、村田も血清を皆に打とうとしていました。

もしかしたら誰かまた復帰するかもしれませんね。

柱が全員赫刀にすることができて、熱い展開になったと思ったら、全員瀕死状態。

もう少し柱の活躍を見たいものです。

 

炭治郎がいる街に禰豆子が到着でどうなる?

炭治郎たちがいるであろう街の外れに禰豆子の姿がありました。

これから禰豆子はどうするのでしょうか?

炭治郎の元に行って一緒に無惨と戦うのでしょうか?

炭治郎はまだ右目は無惨の毒で見えない状態です。

そこで禰豆子が完全に解毒することができるのではと思っています。

禰豆子の血気術の爆血で、鬼の細胞のみ燃やすことができます。

そのことから無惨の血のみ燃やすことができると考えられますので、無惨の血で汚染されている炭治郎や柱を爆血で燃やせば毒も消えていくのではないでしょうか?

禰豆子が早く到着して、炭治郎をはじめ柱の皆の無惨の毒をどうにかしてほしいものです。

さらに禰豆子の右目は鬼の目ではなく、人間の目に戻っていました。

珠世の薬によって人間に戻っているということでしょう。

しかし戦いにおいては不利になってしまう可能性もありますね。

さらには無惨に吸収されて日光を克服してしまう可能性もありますので、気を付けてもらいたいものです。

 

無惨が禰豆子を取り込んでしまう?

無惨は禰豆子の太陽を克服する力を欲しがっていました。

その禰豆子が目の前に現れたとしたら、真っ先に禰豆子を狙ってくるのではと思われます。

その無惨の行動に対応できるのでしょうか?

もしかしたらこのまま無惨に禰豆子が食われてしまう可能性もあります。

そうなってしまっては、無惨の弱点はなくなってしまいますし、炭治郎にとって一番大事な禰豆子を失ってしまっては、戦う気力をなくしてしまうかもしれません。

無惨に捕まるようなことにならないといいですが、どんな展開になるのでしょうか?

無惨に食べられてしまうことも覚悟してみないといけないかもしれません。

 

無惨は夜明けになったらどうする?

夜明けまでまだまだ時間があるようですが、このまま夜明けまで耐えることができるのでしょうか?

烏が夜明けまでの時間を告げ、それまで耐えているのが今回の無惨との戦いです。

ここで気になる点は夜明けになってからどうするのかという点です。

無惨は太陽の光を浴びると他の鬼と同じように死んでしまうのでしょう。

ですので夜明けになってしまったら、無惨を逃がしてしまうことになります。

そして今炭治郎たちに追い詰められていますので、また縁壱の時のように逃げ回って寿命が来るのを待つ可能性もあります。

そうなってしまっては、今と同じで繰り返しになります。

無惨を倒すことが目的となりますが、夜明けと倒すことと結びつかないような気がしますが、どうなのでしょうか?

夜明けが近づくにつれて無惨が弱ってくということもなさそうなので、夜明けまでにけりを付ける必要がありそうですが、違うのでしょうか?

夜明けがカギになっているようですが、どのように無惨を倒すのかも見ものですね。

 

炭治郎たちが柱になる?

悲鳴嶼と義勇は足や腕がない状態ですので、もしかしたら宇髄のように柱を引退するという可能性も出てきてしまいました。

今回は愈史郎がいますので、もしかしたらくっつけることもできるかもしれません。

ですが、もしできなかった場合は同じように引退となるでしょう。

そうなってくると柱を補充しなければいけません。

そこで炭治郎や炭治郎の同期のカナヲ、伊之助、善逸が柱に昇格するかもしれませんね。

今回の戦いでの功績から十分に考えられることだと思います。

 

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)最新話196話への感想・予想ツイート

以下が鬼滅の刃196話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話196話確定速報

鬼滅の刃最新話196話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

発売日の前の週の木曜日、金曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話196話確定速報まとめ

鬼滅の刃(きめつのやいば)本誌前話195話では炭治郎と伊黒が無惨を追い詰め、禰豆子が到着しました。

禰豆子が無惨に食べられてしまうという可能性もありますが、炭治郎の毒を解毒し、炭治郎が復活して無惨を倒してもらいたいですね。

これからの展開はどうなっていってしまうのでしょうか?

196話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。

以上、「【鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話196話本誌確定速報】無惨逃亡し禰豆子が到着でどうなる?」と題しお届けしました。

>>最新刊を無料で今すぐ読む<<

Pocket
LINEで送る