彼女、お借りします

【彼女お借りします149話ネタバレ】夢を叶えた千鶴に小百合は微笑む

【彼女お借りしますネタバレ149話最新話速報】失意の千鶴の夢を和也が叶える?
Pocket
LINEで送る

2020年7月22日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の彼女お借りします(かのかり)本誌149話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

彼女お借りしますの前話148話では、千鶴に対して和也が本当は恋人同士ではないことを小百合に伝えないと、千鶴に罪悪感が残るのではないかと言いました。

149話では、千鶴が本当のことを言わないと決めますが、そこに和也がやってきました。

驚く千鶴を差し置き、和也は小百合の病室で映画「群青の星座」の上映を始めました。

すると小百合は一瞬だけ意識を取り戻し、映画を見つめると微笑みました。

夢は叶う、必ず叶う、その言葉がついに実現しました。

今回は「【彼女お借りします(かのかり)149話ネタバレ】夢を叶えた千鶴に小百合は微笑む」と題し紹介していきます。

 

これまでの彼女お借りしますの話を読み返したいと思われる場合は、彼女お借りします単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

かのかり15巻を無料で読むには?収録話は何話までで発売日がいつでネタバレあらすじを紹介

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに彼女お借りします無料で読むことができます。

今すぐ彼女お借りします読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

彼女お借りします149話ネタバレ考察

彼女お借りします前話では、祖母小百合に本当のことを言わなくていいのかと和也が言いました。

今後の考えられる彼女お借りしますの展開を紹介していきたいと思います。

 

彼女お借りします149話ネタバレ考察|本物の恋人じゃないと言うべきなのか

小百合がいよいよという状況になりました。

そこで和也は、未練が残らないよう本物の恋人でないと明かした方がいいと言っています。

小百合は千鶴にとってたった一人の肉親、嘘をついたままの方が辛いという配慮からですが、本当に言う必要あるのでしょうか。

小百合が和也を気に入っていることは千鶴も知っています。

最期に本当は付き合ってないのだと伝えることで、悲しませてしまったかもと思ってしまい、後々未練が残るという可能性の方が高いように思えます。

千鶴にとって一番未練が残らないのは、小百合が笑ってくれることです。

もし言うのだとすると、小百合が何らかの反応、「知っていた」「大丈夫」等を返してくれると予想します。

 

彼女お借りします149話ネタバレ考察|和也は何をする?

LINEの画面を見た和也が突如立ち上がって走り出しました。

LINEは連絡ツールなので、病院を出て誰かに連絡を取るのでしょう。

今わの際なので小百合や千鶴と親しい人を呼ぶということもなくはないと思いますが、和也が知っている共通の知人は自身の祖母くらいしかいないはずです。

148話では小百合に声は聞こえている、ラストの予告は「群青の星座」とあったので、やはり映画関連の人に連絡を取って何かをするという可能性の方が高いように思えます。

映画は絶賛編集中なので、映研の人の手元にあるはずです。

データを送ってもらい、音声だけでも小百合に届けるのではないでしょうか。

 

彼女お借りします149話ネタバレ考察|小百合に映画を届けたら

和也が小百合に映画を届けた場合、小百合は何かの反応を返してくれるのではないでしょうか。

目を開けるかどうかはわかりません。

少し笑うだけかもしれないし、千鶴の手を握り返すかもしれません。

そうすれば千鶴はきっと少しだけ救われることでしょう。

そして祖父が言い続けた「夢は叶う」という言葉を、ようやく心から信じられるのではないでしょうか。

 

彼女お借りします149話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が彼女お借りします148話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

彼女お借りします149話ネタバレ

彼女お借りします最新話149話「夢と彼女と俺」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

彼女お借りします149話ネタバレ|これでいい

何かあればナースコールを、そう言った看護師は病室から出ていき、千鶴と祖母の小百合は二人きりになりました。

固く目を閉じた小百合の顔を見つめた千鶴は、本当の恋人じゃないことを言わなくてもいいのかという和也の言葉を思い出し、今更話すことに意味はないと思います。

さらに聞こえているかどうかも分からないのだから自己満足だと思い、自分に言い聞かせるように繰り返し、「これでいい」と思いました。

小百合のベッドの横に腰掛け、膝に置いた手をぎゅっと握りしめたあと、千鶴は「ごめんね」と切り出しました。

映画を見せられなくて、立派に女優になった姿を見せられなくてごめんと謝ります。

つづけて頑張ったけど間に合わなかった、病名を聞いたときから覚悟はできていた、頑張ってくれてありがとうとお礼を言いました。

 

彼女お借りします149話ネタバレ|上映

千鶴はそこから努力が足りなかったかもしれないと自分を責め始め、再び小百合や祖父に謝ると、目にはみるみる涙が溜まっていきました。

しかし涙が落ちる寸前、和也が病室に入ってきました。

何も言わずズカズカと入ってきたので、千鶴は何で入ってきているのと怒ります。

和也は無言のままパソコンらしき機械を取り出し、ベッドの横の机に置くとカタカタと操作し始めました。

千鶴が本気で怒ると言ったとき、その作業は完了しました。

パソコンと一緒に持ち込んでいたプロジェクターが起動し、病室の壁に「群青の星座」という文字が映りました。

千鶴が驚き、言葉も出せずにいるうちに和也は病室を出ていき、映画が始まりました。

 

彼女お借りします149話ネタバレ|夢は叶う

映画の中で、千鶴が演じた響子が動き出しました。

千鶴は小百合を振り返り、動揺しつつも呼びかけます。

しかし見て欲しいという言葉は詰まり、病室の中では響子の声だけが響きます。

小百合の体に千鶴が突っ伏してしばらく経ったあと、千鶴がふと顔を上げます。

そこで小百合の目がかすかに開いていることに気づきました。

小百合の脳裏に、千鶴が女優になりたいと言った日のこと、夢は叶うと言っていた夫や娘が亡くなった日のことがよぎりました。

そして今、映画の中にいる千鶴を見つめ、微笑みました。

千鶴はついに涙をこらえられなくなり、小百合の手を握り、涙をこぼしました。

 

彼女お借りします149話ネタバレまとめ

彼女お借りします(かのかり)本誌の前話148話では、本物の恋人同士ではないと言おうとする和也と、祖母のために言いたくない千鶴が描かれました。

その後和也はスマホを見てまだできることがあると駆け出しました。

彼女お借りします最新話確定速報として149話のネタバレも紹介しました。

149話では、和也が小百合の病室で映画の上映を始めました。

千鶴が諦め、小百合に間に合わなかったことを謝っていたところ、機材を取りに行っていた和也が戻ってきました。

そして始まった映画「群青の星座」は小百合に届き、小百合が微笑むと千鶴は涙しました。

夢を叶えた千鶴は、どんな想いを抱いたのでしょうか。

以上「【彼女お借りします(かのかり)149話ネタバレ】夢を叶えた千鶴に小百合は微笑む」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る