鬼滅の刃

【鬼滅の刃183話ネタバレ】愈史郎が鳴女の視覚を操り無惨を外に出せるのか?

鬼滅の刃 183話 ネタバレ 最新話 確定 速報 愈史郎 鳴女 無惨
Pocket
LINEで送る

ますます人気が増している鬼滅の刃ですが、最新話はどのような内容になるのでしょうか?

2019年11月18日発売の週刊少年ジャンプ2019年51号に鬼滅の刃183話が掲載予定です。

現在、鬼舞辻無惨と柱たちの戦いが繰り広げられています。

前話184話では竈門炭治郎と冨岡義勇が無惨と急遽戦うことになってしまいます。

無惨に甘露寺蜜璃と伊黒小芭内は死んだと言われ動揺しますが、愈史郎が鳴女の視覚を操り無惨に嘘の情報を流していたようでした。

死んだと思われた2人の柱も合流し、愈史郎も鳴女の視覚を操り形勢は逆転します。

そこからどのようになっていくのでしょうか?

今回は「【鬼滅の刃183話ネタバレ最新話確定速報】愈史郎が鳴女の視覚を操り無惨を外に出せるのか?」と題しお届けします。

次の話184話についても記事にしていますので、合わせてご覧ください。

 

鬼滅の刃183話ネタバレ

鬼滅の刃最新話183話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

愈史郎の作戦とは?

今週の始まりの方は甘露寺蜜璃の脳内の会話で緊迫した戦いのはずが、面白い内容になってしまっています。

甘露寺蜜璃を愈史郎が鳴女から助けるました。

城の部屋が次々に変わる鳴女の力は想像以上にキツイもののようで柱の甘露寺蜜璃も苦戦します。

「早く悲鳴嶼来ないかなー」と他の柱に任せようというような発言もしてしまっています。

自分も柱なのにどこか他人任せですね。

そんな中、愈史郎は甘露寺蜜璃を助け、自分が鬼であることを明かし、自分の作戦に協力するよう促します。

愈史郎の作戦とは、甘露寺蜜璃が動き回り鳴女の注意をそらしている間に愈史郎が近づき視界を乗っ取り、操作し城も乗っ取ってしまう。

そして、無惨に柱や他の鬼狩りが死んだと思わせ、その間に柱を全員集めて、全員を地上に出し、総力戦を仕掛けるという内容でした。

ですが182話にあったように甘露寺蜜璃と伊黒小芭内が竈門炭治郎と冨岡義勇の危機のため、飛び出してしまいます。

ここで愈史郎の作戦は狂ってしまいます。

 

無惨が鳴女を殺す

無惨の支配から鳴女を外そうとする愈史郎。

鳴女は無惨の細胞が入っているため、愈史郎の細胞を吸収しようとします。

その間も無惨は冨岡義勇と伊黒小芭内も相手にしながら、鳴女の支配を取り戻そうとします。

2人を相手にしながらだとさすがに分が悪いのか、愈史郎の支配が優勢になります。

そこで無惨は手のひらを握っただけで鳴女の頭が崩れ殺してしまいます。

鳴女が死んだことで城が崩壊していきます。

この崩壊を利用して柱、鬼狩りを始末してしまおうと画策する無惨。

城を上昇させて、地上へ出そうと試みるが、地上へ出すことができるのでしょうか?

 

炭治郎無惨に一撃をお見舞い

無惨が攻撃をしようと、甘露寺蜜璃の元へ迫っていました。

そこで甘露寺蜜璃の危機だと思った竈門炭治郎はとっさに鬼殺隊員の折れていた刀を無惨に投げつけます。

その刀は見事に無惨の頭に刺さり貫通させます。

この一太刀により無惨の意識がそれて、城は崩壊していきます。

城は地上を突き破り外へと出て、地上での戦いに移ってきます。

 

鬼滅の刃183話ネタバレ考察

無残を倒す、全ての鬼殺隊が一つになっています。

物語はどのように展開していくのでしょう。

 

無惨を城の外へ

無惨は太陽に弱いので、地上へ叩き出そうと愈史郎はしていますが、果たしてうまくいくのでしょうか?

まず鳴女の視覚を操り抑えていますが、見る限り自分への負担も大きいのではないでしょうか?

このまま鳴女を抑えながら無惨を外に出すのは、難しいことのようにも思えます。

ただ珠世が無惨に殺されてしまっているので、仇を打とうと限界まで無惨を討とうとするでしょう。

無惨を外に出せるか出せないかでこの戦況は変わってくるのではないでしょうか?

また外へ出せたとしても、日が昇るまでは時間稼ぎをして、太陽が出たところでとどめを刺しに行くといった展開になると考えています。

もしかしたらここで無惨が太陽を克服してしまうという展開もあるかもしれませんね。

そうなってしまったらどう倒すのでしょうか?

 

愈史郎へのツイッターでの反応

絶妙のタイミングで鳴女の視覚を操り、2人の柱を無惨の元へ送り込む、いい働きをしますね。

今後の愈史郎がどのような働きをするのかも見ものですね。

ツイッターでは泣けた、有能、強いというコメントが多かったです。

 

柱3人が集まり形勢逆転?

甘露寺蜜璃と伊黒小芭内が殺されていたと思っていましたが、愈史郎が鳴女の視界を操っていたため、無惨に間違った報告がいっていたということでした。

ですが間違った報告を鳴女が送っていたことを知った無惨は怒っているように見えました。

今まで余裕な感じで戦っているようでしたが、ここにきて想定外のことが起きて怒っているのでしょうか?

もしくは柱が3人に増えてしまって焦っているのでしょうか?

今まで余裕だったと思われていた無惨が少しは焦り、形勢逆転とまでは言えないかもしれませんが、勝てる希望が見えてきましたね。

また竈門炭治郎が右目を切られて使えないのは痛手ですが、柱3人がどのように連携して無惨と立ち向かうのでしょうか?

甘露寺蜜璃の攻撃はすべて無惨に防がれてしまいました。

お互いに無知のような攻撃ですので、相性が悪いと思われます。

ですが逆に冨岡義勇の凪は相性がいいように思えます。

攻撃には向いていないものの、防御に特化したら相性はよく、冨岡義勇が防御を務め他の3人が攻めるといったことになるのではないでしょうか?

柱が3人集まり、愈史郎も鳴女を抑えているため、勝てる見込みが出てきたと思います。

 

無惨に対するツイッターでの反応

前回の無惨は余裕を見せている場面と、鳴女が愈史郎に操られていたことで、怒ったのような感情をあらわにしていた場面もあり、その点でツイートしている人が多かったです。

僕も読んでして急にどうしたんだろうと思ったくらいです。

この態度の変化が今後の展開を予期しているのかもしれませんね。

 

炭次郎がヒノカミ神楽の十三の型を習得

そこで柱3人に比べると炭次郎は目も無惨に切られてしまい、足手まといな印象を受けます。

炭次郎自身も足手まといにならないようにしていましたね。

そこで思い出されるのが、ヒノカミ神楽の十三の型です。

まだ習得はできていませんがこのヒノカミ神楽の十三の型が無惨を倒す技になってくるのではないでしょうか?

竈門炭治郎は十二までしか受け継いでおらず、竈門炭治郎の父炭十郎も全部で十二の型を舞っていました。

ですので、十三の型は受け継ぐものでもないのかもしれません。

もしかしたら竈門炭治郎も到達できなかったということでしょうか?

どちらにせよ、今後この十三の型を習得できていく方向には持っていくと思いますので、どこでどのように習得できるのかが見どころですね。

 

ヒノカミ神楽の十三の型のツイッターでの予想

ツイッターでもヒノカミ神楽の十三の型がどのように繰り出されるのか予想されている人が多かったです。

やはり、何かのタイミングで思い出したり、使えるようになったりするとの予想が多いようです。

ヒノカミ神楽の十三の型を習得して無惨を倒すのか、はたまた新たな敵に使うことになるかわかりませんが、炭次郎が覚醒して、また活躍する場面が出てきてほしいですね。

 

まとめ

次の183話ではやはり続きで無惨と5人との戦いになるのではないでしょうか?

無惨にもたどり着き結構クライマックス的な感じになっている気もするのですが、このまま続いていくのでしょうか?

もっと続いてほしいものですね。

さて、183話ではそこまで話は進まないかと思いますが、無惨との熱い戦いが繰り広げられるのではと思っています。

どのような展開になるのか楽しみですね。

以上「【鬼滅の刃183話ネタバレ最新話確定速報】愈史郎が鳴女の視覚を操り無惨を外に出せるのか?」と題しお届けしました。

次の話184話についてもネタバレ記事ありますので、合わせてご覧ください。

Pocket
LINEで送る