鬼滅の刃

【鬼滅の刃198話ネタバレ】柱たちも戦線に復帰して無惨を追い詰める?

【鬼滅の刃ネタバレ最新話198話確定】柱たちも戦線に復帰して無惨を追い詰める?
Pocket
LINEで送る

2020年3月16日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃(きめつのやいば)本誌198話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

前話197話では伊之助、善逸が戦線に復帰し、無惨の攻撃によってもう戦えないと思われていた柱たちも戦いに戻ろうとしています。

悲鳴嶼は片足がなくなり、義勇は腕がない状態ですが、戦うことができるのでしょうか?

復帰して活躍する姿は見たいですが、もう誰も死んでほしくないですね。

198話ではどんな展開になるのでしょうか?

今回は「【鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話198話本誌確定速報】柱たちも戦線に復帰して無惨を追い詰める?」と題し紹介していきます。

 

鬼滅の刃198話ネタバレ

鬼滅の刃最新話198話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

全員で無惨に対抗する

伊之助と善逸が連携して無惨に攻撃します。

しかし善逸は体力が持たないこと、片足が折れてしまったことで、次の攻撃が最後だと渾身の攻撃を放ちます。

無惨からは血が噴き出て、効いてそうですが、善逸は浅かったと悔しがります。

続けて伊之助も無惨に連続で攻撃をしますが、また無惨が衝撃波を放ち、伊之助はそれを正面から食らってしまいます。

そして無惨は伊之助に追撃しようとします。

善逸は遠くに飛ばされており間に合わないと思いましたが、その時炭治郎が駆けつけます。

炭治郎は無惨の戦いを分析し、衝撃波にはインターバルが必要で連続では打てないこと、攻撃も遅くなっていることに気が付きます。

そして炭治郎と伊之助が連携して攻撃していきます。

その様子を見て善逸は育ての桑島を思い出し、背中を蹴っ飛ばしてくれと心の中で思い、決死の一撃を無惨の背中にお見舞いします。

しかしそこまで無惨に傷を負わせることができません。

そして炭治郎と伊之助が一緒に攻撃します。

 

炭治郎が無惨を串刺し

炭治郎はこの機を逃すものかと無惨に挑みます。

無惨が逃げないように日輪刀を無惨の口から壁に突き刺します。

無惨はこの状態から逃げようとして攻撃します。

そこで戦いから離れていた甘露寺が登場し、炭治郎に攻撃しようとしていた触手をつかみ引きちぎります。

しかし無惨は甘露寺に攻撃し攻撃を受けてしまいます。

そしてそこに実弥が今度は反対側の触手を斬り、腕ごと壁に突きさします。

 

夜明けまでの必死の攻防

その時無惨の顔が半分に割れたかと思うとそこから口が現れ炭治郎を食べようとします。

炭治郎は刀で無惨を壁に貼り付けている状態で、無惨が逃げないように離れず恐怖に打ち勝とうとします。

しかし日輪刀は無惨に突き刺しているため、防ぎようがありません。

その時間に伊黒が入り炭治郎を助け、身代わりに噛みつかれてしまいます。

実弥は夜明けが近い、踏ん張れと叫び、皆で壁に無惨をはりつけにします。

空が段々と明るくなってきて、夜明けが近づき決着が着こうとしています。

 

鬼滅の刃198話ネタバレ考察

前話197話では伊之助、善逸が無惨との戦いに復帰、柱たちも戦いに加わろうとしていましたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

柱たちはまだ戦える?

柱たちは皆戦いに復帰しようとしていましたが、戦えるのでしょうか?

柱たちはみな無惨の攻撃により吹き飛ばされて、致命傷のようなケガを負ってしまっています。

悲鳴嶼は足がない状態、義勇も右腕が切り離されてしまっていました。

それぞれの状態はわかりませんが、なかなかの負傷だと思われます。

愈史郎ががれきから助け出されて、治療していますが悲鳴嶼はもう戦えない様子でした。

また村田も血清を皆に打とうとしていました。

無惨の毒は血清により抑えられているかもしれませんが、外傷がひどいように見えますが、皆戦おうとしています。

無惨も珠世の薬によって弱体化していますが、今の状態で戦うことができるのでしょうか?

悲鳴嶼たちは立っていることもつらそうな状況でした。

それでも無惨を倒すという意思は強くさすが柱といったところでしょうか?

また柱たちの活躍を見られるのはうれしいですが、誰も死なないでほしいものです。

 

炭治郎がいる街に禰豆子が到着でどうなる?

炭治郎たちがいるであろう街の外れに禰豆子の姿がありました。

禰豆子は人間の姿に戻っていましたが、鬼ではなくなったのでしょうか?

禰豆子の爆血で皆の無惨の毒を解毒すると思ってましたが、人間に戻ったということは使えないかもしれませんね。

禰豆子の血気術の爆血で、鬼の細胞のみ燃やすことができます。

そのことから無惨の血のみ燃やすことができると考えられますので、無惨の血で汚染されている炭治郎や柱を爆血で燃やせば毒も消えていくのではないでしょうか?

炭治郎をはじめ柱の皆の無惨の毒をどうにかしてほしいものです。

しかし戦いにおいては不利になってしまう可能性もありますね。

さらには無惨に吸収されて日光を克服してしまう可能性もありますので、気を付けてもらいたいものです。

 

無惨が禰豆子を取り込んでしまう?

無惨は禰豆子の太陽を克服する力を欲しがっていました。

その禰豆子が目の前に現れたとしたら、真っ先に禰豆子を狙ってくるのではと思われます。

その無惨の行動に対応できるのでしょうか?

もしかしたらこのまま無惨に禰豆子が食われてしまう可能性もあります。

そうなってしまっては、無惨の弱点はなくなってしまいますし、炭治郎にとって一番大事な禰豆子を失ってしまっては、戦う気力をなくしてしまうかもしれません。

無惨に捕まるようなことにならないといいですが、どんな展開になるのでしょうか?

無惨に食べられてしまうことも覚悟してみないといけないかもしれません。

 

無惨は夜明けになったらどうする?

夜明けまでまだまだ時間があるようですが、このまま夜明けまで耐えることができるのでしょうか?

烏が夜明けまでの時間を告げ、それまで耐えているのが今回の無惨との戦いです。

ここで気になる点は夜明けになってからどうするのかという点です。

無惨は太陽の光を浴びると他の鬼と同じように死んでしまうのでしょう。

ですので夜明けになってしまったら、無惨を逃がしてしまうことになります。

そして今炭治郎たちに追い詰められていますので、また縁壱の時のように逃げ回って寿命が来るのを待つ可能性もあります。

そうなってしまっては、今と同じで繰り返しになります。

無惨を倒すことが目的となりますが、夜明けと倒すことと結びつかないような気がしますが、どうなのでしょうか?

夜明けが近づくにつれて無惨が弱ってくということもなさそうなので、夜明けまでにけりを付ける必要がありそうですが、違うのでしょうか?

夜明けがカギになっているようですが、どのように無惨を倒すのかも見ものですね。

 

広告

198話への感想・予想ツイート

以下が鬼滅の刃197話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

まとめ

鬼滅の刃(きめつのやいば)本誌前話197話では伊之助、善逸が復帰して、柱たちも戦いに戻ろうとしています。

無惨は薬の影響とその何度でも立ち上がってくる鬼殺隊を見てさらにイラつきます。

最新話速報として198話のネタバレをお届けしました。

柱たちが皆戦いに復帰し、無惨を倒そうと皆で必死に挑んでいました。

甘露寺や伊黒の状態が心配ですが大丈夫なのでしょうか?

夜明けまであと少しのようで、決着まであと少しのようです。

このまま無惨を倒すことができるのでしょうか?

続きの199話も目が離せない展開となりそうですね。

以上、「【鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話198話本誌確定速報】柱たちも戦線に復帰して無惨を追い詰める?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る