キングダム

【キングダムネタバレ635話最新話速報】鄴が開門して李牧は桓騎との戦いは行わない?

【キングダムネタバレ635話最新話確定速報】鄴が開門して李牧は桓騎との戦いは行わない?
Pocket
LINEで送る

2020年3月19日(木)発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム635話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

前話キングダム634話では、余裕のある表情を見せ続けていた李牧がついに焦りを見せ始めました。

そして死んでもおかしくない状態であった李信が、李牧軍の後方を捉えるほどの体力を残していた展開も見どころでした。

さらには鄴がついに開門し、民間人たちは一気に場外へと出ていきましたが、目の前は戦場であったという最悪な展開。

李牧はこの状況を乗り切るのか、それとも降参や和睦の道を選ぶのか?

635話以降の展開を予想していきましょう。

今回は「【キングダムネタバレ635話最新話確定速報】鄴が開門して李牧は桓騎との戦いは行わない?」と題し紹介していきます。

 

キングダム635話ネタバレ最新話考察

前話では「王翦の追撃部隊の早い到着に焦る李牧」・「桓騎軍と王翦軍に挟まれる李牧軍」・「鄴の開門」が印象的な回でしたが、今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

李牧はどうする?

「攻め落とすことは不可能」と思われていた鄴がついに開門してしまったことで、「李牧軍の戦意喪失」・「鄴の崩落」はほぼ確定したでしょう。

加えて、鄴から出てきた民間人の前には、ゼノウ一家がいる戦場があるため、状況は悪くなる一方です。

李牧はこのような最悪な展開に対して、何らかの策を練らなければいけない状況に立たされています。

「乗り切る策を立てる」・「降参する」・「和睦を求める」のどれを李牧は選ぶのか、引き続き注目していく必要がありますね。

 

桓騎vs李牧は行わない?

史実によれば、趙の平陽と武城を攻め、宜安に侵攻した桓騎は李牧に敗北をしています。

そのため、今回の鄴での桓騎と李牧の戦いは行われない可能性が高いです。

それに、現在の李牧軍はゼノウ一家に残虐され、鄴の開門によって戦意を喪失しかけているので、このまま戦うのはあまり好ましくありません。

それらも踏まえると、ますます戦いは行われない展開が浮かぶのではないでしょうか?

 

楊端和や壁将軍が趙軍を撤退させた?

長い戦いであった朱海平原の戦いですが、鄴を包囲していた桓騎軍を、さらに包囲していた趙軍はどうなったのでしょうか?

李牧は鄴に向かっており、それを王翦が追いかけていますが、鄴へ到着しても李牧は趙軍と合流する場面は描かれていません。

これは予想ですが、おそらく楊端和や壁将軍が趙軍を撤退させたのではないでしょうか?

王翦軍は先に李牧を追っていた亜花錦と合流していないため、亜花錦は伝令役として楊端和や壁将軍のもとへ向かっているのでしょう。

そして伝令をうけた楊端和や壁将軍は、趙軍と交戦して撤退させたと考えれば納得がいきます。

史実でも、楊端和は鄴攻めに関わっている人物とされているため、この説は濃厚だと言えるでしょう。

 

キングダム635話のツイッターの予想・感想

以下がキングダム634話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム635話ネタバレ最新話確定速報

キングダム最新話635話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

鄴の崩落

民間人たちは飢餓への恐怖から、門を守る趙兵を倒して外へ出ていこうとして城外へと飛び出していきます。

城の門までたどり着いた民間人たちは、槍などを駆使して装置の破壊に成功し、鄴の門が完全に開いて民間人たちが外へと出ていきました。

この出来事をうけ、李牧はついに敗北を悟ります。

民間人たちが出ていったことで、桓騎軍は鄴へ攻め込む準備を始めます。

趙兵も門が完全に開いてしまったため、門の開閉装置を修復して敵の侵入に備えようとします。

しかし、民間人たちが出ていく最中にゼノウ一家が鄴の城内へと侵入しました。

ゼノウ一家によって次々と民間人たちや趙兵が倒されていき、鄴の城内は戦場へと変貌を遂げました。

その後も桓騎軍が次々と鄴の城内へ侵入していき、鄴は完全に崩落しました。

 

李伯の身投げ

桓騎軍は鄴の城内に侵入するやいなや、金目の物を略奪するため趙兵たちを次々となぎ払っていきます。

その光景を、鄴の城主である李伯は城の天井から見ていて、罪の意識にさいなまれます。

李伯は「民は国の礎である」と考えて難民を受け入れていましたが、その結果「絶対に落とせない」といわれた鄴を崩落へと導いてしまったのです。

趙に損害を与えてしまったという罪悪感と、倒れていく趙兵たちを見殺しにはできない精神力の弱さから、李伯は城の天井から身投げをしてしまいました。

 

鄴の攻略戦の終了

城主である李伯が身投げをし、趙兵も疲弊しきっており、李牧も敗北を認めているため、もはや戦える状態ではないことは明らかでした。

そして、李牧は飛び出してきた民間人たちを引き連れてその場を立ち去り、鄴の城門に桓騎軍の旗がたちました。

ついに長かった鄴の攻略戦が幕を下ろしたのです。

鄴へ到着した王翦は桓騎と相対し、「長くかかってしまった」という桓騎に対して「それほど李牧が強かったからだ」と李牧を認める発言をしていました。

 

兵糧問題を王翦が解決する?

勝利したことで喜ぶ桓騎軍や田永ですが、まだ兵糧問題が残されていました。

桓騎軍が既に焼き尽くしてしまったため、城の内部には兵糧は残っていない状態です。

李牧があの状況で立ち去る決断をしたのは、この兵糧問題があることを理解していたからだといえます。

このままでは秦国軍は死に絶えてしまう非常にピンチな状況ですが、ここで王翦はこの兵糧問題を解決するある策があるのだそうです。

この兵糧問題を解決してこそ秦国の完全勝利といえますが、果たして王翦の解決法とは一体何なのでしょうか?

 

キングダム635話ネタバレ最新話確定速報まとめ

キングダム本誌前話634話では、焦る李牧と鄴の開門がとても印象的な回でした。

桓騎軍と王翦軍に挟まれ、鄴は開門してしまい、民間人の前にはゼノウ一家がいる戦場があるという、まさに窮地に立たされているといってもいい李牧軍。

李牧は、この最悪な展開に対してどのような行動を取るのかが非常に注目された回でした。

そして本誌キングダム635では、鄴がついに完全に崩落して長かった鄴の攻略戦が終わりました。

その際の李伯の身投げは悲しい気持ちにもなりましたが、生きていても殺されていたと思うので、あれは間違ってはいない行動だったのでしょう。

また、秦国にとって死活問題である兵糧問題も気になりますね。

王翦にはどうやら策があるようですが、一体どのような方法でこの問題を解決するのか非常に気になるところです。

次回もキングダムから目が離せませんね。

636話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。

以上「【キングダムネタバレ635話最新話確定速報】鄴が開門して李牧は桓騎との戦いは行わない?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る