キングダム

キングダムの満羽の史実は?強さを汗明や蒙武と比較して考察

キングダムの満羽の史実は?強さを汗明や蒙武と比較して考察
Pocket
LINEで送る

キングダムでいよいよ大詰めを迎えている什虎城の攻防!

呉鳳明の”知”に、謄の”武”が全面に出た格好で、久しぶりに登場した蒙武は消化不良!?

しかし、満羽を抑えたという意味では蒙武にしかできなかったと言えます。

それほど満羽の強さは度を越えていたと言えるでしょう!

蒙武も”中華最強”といわれた汗明を打ち取った漢です。

果たして、満羽の強さとは?

また、満羽は史実に記されているのでしょうか?

今回は「キングダムの満羽の史実は?強さを汗明や蒙武と比較して考察」と題しお届けします。

>>キングダム最新話ではどうなる?<<

 

キングダムの満羽の史実は?

什虎城の城主として圧倒的な強さを誇る満羽!

その強さは蒙武をも一撃で落馬させてしまうものです。

では、満羽は史実に記されているのでしょうか?

 

キングダムの満羽は実在した?

結論からいうと、満羽は史実に登場しません!

つまり、キングダムにおける創作キャラクターとなります。

更に言えば、満羽以外の3将、千斗雲、玄右、寿胡王も史実には存在しませんので、什虎城に鎮座する4将全てが創作キャラクターです。

そもそも、史実には什虎城の戦いも記されていませんので、全てが原先生のオリジナルです。

ちなみに、先の朱海平原の戦いも史実には記されていません。

ですので史実に沿って満羽に関しては書かなくてもいいということになります。

 

キングダムの満羽は今後の伏線のため?

そうなると何でもありな感じになってしまいますが、原先生も必要と考えて什虎城の戦いを描かれたのだと思います。

予想では蒙武の話を深堀したかったのではないかと思っています。

キングダムで強さの”キーワード”となっているのが、”背負っているもの”です。

信も”背負っているもの”の質の差で、龐煖を破ったといっても過言ではないでしょう!

満羽も”背負っているもの”と発言しています。

そこも強さの”秘密”なのでしょう!

蒙武が”背負っているもの”で作中で連想しているのが昌平君の存在です。

そして満羽は、”裏切り”の言葉を口にしています。

史実では、昌平君は秦を離れ楚へ寝返ることになっていますのでこの話から伏線を張りたかったのだと思います。

 

キングダムの満羽の強さを汗明や蒙武と比較して考察

蒙武を相手に互角以上の戦いを演じる満羽。

しかし、蒙武も汗明を打ち破った漢です。

満羽、蒙武、汗明の三者の戦いを通じで、満羽の強さを検証したいと思います!

 

キングダムの満羽は汗明より弱い?

楚は、命に従わない満羽率いる什虎城を幾度となく攻め、その度に什虎軍が楚軍を返り討ちにしたと寿胡王が語っています。

その中には汗明”も含まれていたとも。

つまり、満羽と汗明は戦ったことがあることになります。

そのことは、満羽が「お前(蒙武)は、お前より強い汗明に勝った」と語っています。

一度戦ったことがなければ、蒙武と汗明の強さを比べることができませんね。

戦ったからこそ、蒙武より汗明が強かったと言える訳です。

ただ”背負っているもの”の差で蒙武が勝った可能性も…。

肝心の満羽と汗明、勝負の結果はわかりませんが、少なくとも蒙武は汗明に勝っていることも事実です。

以上のことを考えると、満羽>蒙武>汗明の強さ順になります。

つまり、満羽は汗明より強い!

 

キングダムの満羽は蒙武より強い?

一撃で蒙武を落馬させる満羽、 その後の戦いでも満羽が蒙武を圧倒しています。

そのため現段階では満羽の”武”は蒙武を上回っていると言わざるを得ないでしょう。

果たして満羽が背負い解放されたものとは?

それが強さの秘密なのでしょうか?

寿胡王が何を語るのかも気になりますね!

 

キングダムの満羽の強さに関してのツイッターの反応は?

 

キングダム満羽まとめ

キングダムの完全オリジナルキャラクターである満羽!

史実には登場しない創作キャラですが、”裏切り”という”伏線”をきっちり残しました。

そして、その強さは規格外です。

汗明を倒した蒙武を圧倒する強さを持っています。

現状では満羽が蒙武より強いを言わざるを得ないでしょう。

果たして満羽の強さの秘密は何なのでしょう?

機会があれば、触れてみたいと思います。

以上「キングダムの満羽の史実は?強さを汗明や蒙武と比較して考察」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る