キングダム

【キングダムネタバレ最新話662話確定速報】趙国、邯鄲攻め

【キングダムネタバレ662話最新話確定速報】媧燐の思惑と趙国への対策
Pocket
LINEで送る

2020年11月26日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム662話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム661話では、什虎戦後の各々のその後が描かれてました。

悔しさを滲ませる項翼、それをなだめる白嶺。

密かに闘志を燃やし続ける満羽、千斗雲、玄右。

本国へ報告を受ける嬴政、昌平君、そして何やら企む楚国の媧燐、梨園。

今後国としてどういう対策、お互いの距離をとっていくのか気になりますね。

これからキングダムはどうなっていくのでしょうか?

今回は「【キングダムネタバレ最新話662話確定速報】趙国、邯鄲攻め」と題し紹介していきます。

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、キングダム単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにキングダム無料で読むことができます。

さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐキングダムを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

>>今すぐ無料でキングダム最新刊を読む<<

 

キングダムネタバレ最新話662話考察

前回キングダム661話では、什虎戦が終わり各将軍達のその後が描かれてました。

什虎城ではすでに呉鳳明がいる魏軍が堂々と謄のいる秦軍の到着をまっておりました。

今回の戦いでの急な戦略の変更をした鳳明、それに見事に応える事が出来た謄。

この度の助攻に対してお礼を鳳明に伝える、謄は流石と言うべき人格者でもありますね。

では今後のキングダムの考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|媧燐の思惑

楚国で什虎城での敗戦、城を落とされてしまった報告を受け媧燐、驚いてはいないもののバミュウに八つ当たりの一撃を加えてました。

冷静な梨園を横目に何か企んでいます。

これは秦国や魏国に対して再戦を挑む策略、というよりは今回敗戦してしまったがまだまだ軍の力を残してる、満羽達へでしょう。

楚国の春信君は扱いに困り、隣国の国境付近を守らせる事にしていた満羽達。

しかし媧燐はこの満羽、千斗雲、玄右達を有能だと判断して楚国中心部の軍に配備するのではと思います。

媧燐は梨園を初め普通の人が扱い辛い将軍達を受け入れ許容する器を持ってるように感じます。

毒を持って毒を制するのが得意そうです。

有能な人員を自らの近くの側に置き後に戦に向けて戦力を蓄え備える事は間違いないでしょう。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|什虎城でのその後

秦国と魏国の同盟は3年という事になってました。

今回の楚軍との戦いに加わる条件の一つに勝利した後は、そのまま什虎城を魏国に譲るという事でした。

今回什虎城にて魏軍将軍達と秦軍将軍達は改めて顔を合わせました。

魏軍の龍范は録鳴未を見るやいなや、小馬鹿にした感じで笑っておりました。

秦軍の穴だとさえ言ってました。

今後紀元前225年には秦が魏を滅ぼすとなってます。

将軍は秦の王賁です。大梁を黄河の水を持って水攻めをして落とす事になってます。

秦の将軍を王賁、そして録鳴未を連れて行き、鳳明の配下として龍范もいる事でしょう。

今後の戦いに向けての伏線、会話だと言わざるえないでしょう。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|李牧と司馬尚

キングダム661話で鳳明が李牧の復活を示唆しておりました。

確かにこのまま終わる李牧ではありません。

秦は魏国と同盟に結び成果を出した事によりこれで趙国に集中して戦いを挑む事ができるでしょう。

しかし趙国には李牧がいます、しかも今度は司馬尚という傑物と共に立ちはだかります。

司馬尚はあの燕のオルドを青歌で追い払ったと言われてます。

しかも2万のオルドの兵に対して、司馬尚は5千の兵のみでした。

今後のキングダムは趙国との決戦を邯鄲攻めを行うでしょう。

李牧がいなければもっと簡単に攻め落とす事が出来たでしょうが、この司馬尚がいる事で厳しい戦いになるでしょう。

しかし、キングダムとしてはとても盛り上がる戦いを繰り広げてくれるでしょう。

邯鄲攻めには、史実では、王翦、楊端和、羌かいとなってます。

李信がどのように戦いに絡んでくるのか楽しみです。

是非、李信と李牧が刃を交えるのを期待してしまいます。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|楚国との再戦時の将軍達‼︎

什虎城戦では惜しも破れてしまった、楚軍ですが、まだまだ戦力を残し余力も残しております。

わかってる範囲で満羽、千斗雲、玄右、白嶺、そして項翼5人の将軍が健在です。

楚国の今回失った物は寿胡王と什虎城です。

考え方によっては、秦軍と魏軍の同盟軍に対してこれだけの犠牲で済んでるのは流石の戦力です。

今後間違いなく再戦が描かれるでしょう、しかも場合によってはこの5人の将軍達が昌平君が従えての戦いになるでしょう。

そうなると感慨深くとても面白くなりそうです。

この他にも楚国にはまだまだ逸材が媧燐、梨園等その実力が謎に包まれてる物ばかりです。

秦国は趙国との戦も控えてます。その前に楚国の出方次第では戦力をバランスよく分けて配備しておく必要がありそうですね。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|李信将軍の活躍?

これまで什虎城戦では、今後の間違いなく信達のライバルになってくる項翼、白嶺の活躍が描かれてました。

そして今回の什虎城戦後ではおそらく桓騎率いる秦軍が趙国との戦いを繰り広げる事になるでしょう。

史実から読んでみても趙国との戦いになるでしょう。

趙国を追われいた李牧ですが、司馬尚と組み再起を図る事でしょう。

李牧はやはり一筋縄では行きませんね。

そこに桓騎だけでなく、李信も絡んでくるでしょう。

今回什虎城戦では謄とほぼ互角と言っていいほどの戦いを繰り広げた項翼、そして噂通りの弓の威力を発揮した白嶺、敵国とはいえ二人の成長が描かれてました。

秦でも将軍となった李信の活躍や戦いが趙国との戦いを、什虎城戦後は描かれると思います。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|什虎城の戦いの結末はどうなる?

什虎城は実は史実では存在していない城となります。

更には満羽、千斗雲、玄右、寿胡王も歴史上では存在していない人物です。

そのためキングダムでの現在行われている戦いは完璧に空想の戦いです。

ですので、この戦いの行方は全く想像ができません。

なんのためにこの戦いを入れたのかわかりませんが、昌平君は元々楚出身の人物で、蒙武との関係も深いようです。

そのため蒙武の物語を深堀しようとして描いているのかもしれませんね。

什虎城の戦いはどうなっていくのでしょうか?

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|韓は謄が落とす?

史実から見て、七国の中で一番最初に滅ぶのは韓。

そしてこの時の将軍は騰になります。

騰は10万の兵を率いて、一人で韓という一国を滅ぼすのです。

今回楚との戦いで援軍として駆けつけてくれました騰ですが、韓との戦い最後に、史実上から名前が消えてしまいます。

また、戦いでは李信も何らかの形で参加することが予想されます。

史実では韓攻めが終了した後に、「各国を滅ぼした総大将」として李信の名が挙がっているからです。

騰がどのように韓を攻めるのか、そして李信はそれをどのようにサポートするのか、近々見られそうですね。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|趙との戦いが続く?

史実では鄴を落としてから約6年後趙が滅亡しています。

その間に桓騎が趙を攻めるなどして、何度も戦いが起きています。

李牧が解放されたことにより、史実通りに進むであろうと考えられます。

史実では、桓騎がメインとなって話は進みます。

史実においては、桓騎は幾度となく李牧と対戦をすることになり、敗北を繰り返すことになります。

今後、キングダムではこの戦いがどのように描かれるのかによりますが、史実通りにいくと、しばらくは「桓騎VS李牧」の戦いが続くことになるでしょう。

そこに、李信率いる飛信隊・王賁率いる玉鳳隊 ・蒙恬率いる楽華隊がかかわってくるのか、それとも3部隊はべつの戦へと向かうのか、この先の展開が楽しみですね。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|桓騎VS李牧

紀元前235年に秦は平陽にて趙軍と対戦をし勝利します。

翌年、桓騎は出陣を命じられ、赤麗と宜安を陥落させます。

邯鄲の後方に陣を置かれたことに危機感を覚えた趙は、李牧を対桓騎にあてるのです。

士気の高い桓騎軍に対し、李牧は籠城を使った戦法で戦うとあります。

桓騎がここで李牧に完敗します。

秦に戻ったとしても、死刑になるかもしれない桓騎は、亡命したとも、この戦で亡くなったともいわれています。

この2人の戦い、キングダムではどのように書かれるのでしょうか?

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|郭開が趙を売る?

史実では秦はしばらく趙との戦が続きます。

しかもその戦いは敗戦続き。

李牧の敏腕さが伝わりますね。

李牧が司馬尚のところに行くことがわかり、今後、様々な戦に司馬尚が加わることが濃厚になりました。

史実上の記載の通り

郭開は趙王に「李牧と司馬尚が謀反を企てている」と讒言した。

という結果がみえてきましたね。

ちなみにこれだけみると、郭開にとって李牧と司馬尚が邪魔だったように見えますが、実際はそうではありません。

趙をなかなか攻略できない秦は、業を煮やし郭開に多額の賄賂を贈りました。

そして趙を滅ぼすのに邪魔な2人を貶めるために、幽繆王に上の言葉を伝えるよう命じたのです。

これをきいた幽繆王は、この後李牧を殺してしまいます。

史実通りにいくのであれば、趙はこのようにして滅んでいきますが、キングダムの中ではどのように書かれていくのでしょうか。

今後のキングダムでの趙の動きも目が離せませんね。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|昌平君が秦を去る?

秦の軍総司令官である昌平君ですが、もともと彼は楚の国の者。

なんらかの人質というかたちで秦国に来ています。

そんな嬴政にとっても重要人物である昌平君ですが、紀元前226年に秦国を去り、楚へと戻っています。

何を考えているのかわからない、謎の多い昌平君ですが、キングダムの中ではどのように書かれていくのでしょうか?

秦を裏切り楚へともどるのか?それとも嬴政の優しさ故の判断になるのか?

それ次第で今後の様々な国と国の戦いに昌平君が関与してくる可能性があります。

昌平君の動きにも注目したいですね。

 

キングダムネタバレ最新話662話考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム661話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダムネタバレ最新話662話確定速報

キングダム662話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダムネタバレ最新話662話確定速報|対趙国前線では!?

キングダム662話では秦国が趙国、王都邯鄲攻めが描かれてます。

秦魏同盟にて魏国侵攻を3年止める事が出来た秦は、趙国の邯鄲攻めに集中し始めました。

特に前回の鄴での戦いに武功を上げて将軍になった王賁、蒙恬達の活躍が目覚しいです。

先ずは蒙恬軍も将軍となった事で軍の規模も大きくなり、蒙恬もより才覚を発揮し兵を動かしてます。

その中でも前回の戦いから蒙恬軍の副将と元蒙武軍の愛閃凄いです。

蒙恬と同じく可愛らしい様子から一変し一度戦場に出れば、矛を片手に趙国相手に大暴れしてます。

凄まじい形相で戦闘を楽しんでるように感じさせます。

流石の元蒙武軍にいただけ事は感じさせます。

蒙恬軍の武力も突出した戦力が増え、より戦略の幅が広がり今後の活躍を期待できます。

 

キングダムネタバレ最新話662話確定速報|王賁軍の奇抜な才覚‼︎

王賁軍も蒙恬軍と同じく将軍となり戦力が上がりました。

特に前回の鄴攻めでも1000人将として活躍した亜花錦が輝きを放ってます。

王賁とは違い、どちらかと言えば、李信よりの本能形の武将です。

戦場を瞬時に判断し見事な突破力の亜花錦です。

王賁はあえて軍の規律に縛り統率するのでなく自由に動かさせる事で自軍の戦術幅を広げてるように感じます。

蒙恬軍と同じくたった一人の武将だけでガラッと戦力が変えております。

 

キングダムネタバレ最新話662話確定速報|李信の葛藤!?

ライバルの王賁や蒙恬と同じく将軍になった李信の軍でしたが、唯一前線を押し上げれずにいました。

その要因の一つ目は姜カイの怪我に戦線離脱状態である事。

二つ目は李信軍の大半を占める歩兵団の弱体化です。

姜カイは前回の戦いで痛手を負っていて、まだ戦場に復帰出来る程でなく、李信軍の副将不在は大きいです。

そして前回の戦いで殉死してしまった松佐等の穴を埋め切れてませんでした。

何より武力というよりは、松左がいた事による精神的安定が無くなってしまった事が大きい

ようです。

このままでは秦国の穴となりかねない状態ではあります。

 

キングダムネタバレ最新話662話確定速報|姜カイの不安‼︎?

姜カイは宿営地で体を休めてます。

そんな姜カイを心配して李信が訪れます。

姜カイの怪我の具合等を気にかけ声をかけます。

姜カイはそれに応え言葉を交わしますが、どこかしら無理をしてるように感じます。

李信が出ていった後にもう一度眠りにつく姜カイでしたが、夢に大きな黒い影が現れて驚き飛び起きてしまいます。

そして次週キングダム663話へと続きます。

 

キングダムネタバレ最新話662話確定速報まとめ

前話キングダム661では、一旦什虎城戦が決着し秦、魏、楚のそれぞれの戦果がはっきりしました。

今後の各国の動きがどうなるか楽しみと期待が出る回でもありました。

そして最新話速報としてキングダム662話のネタバレを紹介してきました。

キングダム662話ではついに趙国、王都邯鄲攻めが再開されました。

前回将軍となった若き才能溢れる李信、王賁、蒙恬達の現状が描かれました。

何より蒙恬の副将となった愛閃の無双ぶりには驚きました。

亜花錦の今後の働きにも期待できます。

ただ李信軍が苦戦を強いられてるのが気がかりです。

やはり姜カイの離脱、松佐の穴は大きいです。

そして姜カイの悪夢の予言とは?

李信軍の早い再起を期待します。

以上「【キングダム662話ネタバレ】趙国、邯鄲攻め」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る