進撃の巨人

【進撃の巨人ネタバレ129話最新話速報】マガトが犠牲になりハンジたちはマーレに向かう

【進撃の巨人ネタバレ129話最新話速報】キヨミによって東洋の一族の謎が明らかになりアルミンとジャンは同期を殺す?
Pocket
LINEで送る

2020年6月9日(火)発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌129話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

進撃の巨人の前話128話では、無血で飛行艇を乗っ取る方法を模索する104期の姿が描かれていました。

同期と争いたくないアルミンたちに対し、ライナーは「お前たちが手を出す必要はない」と発言。

しかし、アルミン、コニー、ミカサ、ジャンも協力することを決意します。

フロックをだまし、飛行艇を手に入れるまであと一歩のところまで迫りますが、作戦は失敗。

コニーはアルミンが撃たれたのを見て、ダズとサムエルに銃を向けるのでした。

今回は「【進撃の巨人本誌ネタバレ129話最新話確定速報】マガトが犠牲になりハンジたちはマーレに向かう」と題し紹介していきます。

 

現在進撃の巨人は129話となっていますが、これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに無料で読むことができます。

更には2020年秋にアニメFinalSeasonも始まりますので、アニメも一緒にイッキ見してみませんか?

今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

進撃の巨人ネタバレ129話最新話速報

進撃の巨人最新話129話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

それぞれの戦い

同期であるダズとサムエルを殺してしまったアルミンとコニー。

人類にためとはいえ、人間、それも同期を殺してしまったのが相当ショックなようです。

その頃、アニとライナーは巨人に変身してイェーガー派と戦っていました。

地下ではジャンとハンジ、マガトらがキヨミと合流。

今の状況に絶望しますが、とにかく超巨大巨人の歩みを止めなければと、船で移動することに。

 

ライン―がアニを庇う

イェーガー派と戦うアニ。

そのうなじにイェーガー派が飛んできますが、ミカサのおかげでうなじを切られることはありませんでした。

雷槍に気を付けるようアニに伝え、別の場所へ移動するミカサ。

その頃、フロックはキヨミたちが逃げているのに気づきますが、ミカサとハンジによって妨害されてしまいます。

フロックの周りにいたイェーガー派を片付けるも、別の場所からキヨミを狙う銃弾が…。

何とか避けたものの、次なる銃弾がキヨミたちに放たれました。

もうだめかと思いましたが、ライナーが間に入り、キヨミたちを守ってくれたのです。

すかさずイェーガー派から雷槍を打ち込まれるライナー。

さすがのライナーでも雷槍の傷みは堪えるようです。

その裏ではマガトが銃でイェーガー派に応戦し、次々と敵を仕留めていきます。

キヨミたちを守ろうと手を伸ばすアニにも雷槍が撃ち込まれ、左手が破壊されてしまいました。

倒れたキヨミたちを立たせ、船まで走れと指示を出すマガト。

アニはキヨミたちの盾になろうとしますが、そこへ大量の雷槍が撃ち込まれます。

顔面に狙いを定めた雷槍がアニを襲い、まずいと思った次の瞬間、なんとライナーがアニを守ってくれのです。

 

現状に驚くフロック

巨人と人間が協力しながら戦う姿が信じられないフロック。

また、これまで敵だった者たちが協力する姿にも驚いていました。

イェーガー派のほかの隊員はこの戦いに乗り気ではないようです、みな青ざめた表情をしています。

そんな隊員たちを鼓舞するフロック。

 

ファルコの作戦とは?

そんな中、車力の巨人に変身したピークは船の近くまで来ていました。

その背には、ガビ、ファルコ、イェレナ、オニャンコポン、さらにリヴァイの姿が…。

また、アニとライナーは、キヨミたちの乗る船にイェーガー派を近づかせまいと必死に戦っていました。

大量の雷槍を受けながらも、船を死守するアニとライナー。

そんな姿を見たファルコはある作戦を思いつき、ピークから下りて駆け出していきました。

その時、船に乗ったキヨミたちを守るマガトのところへ、アルミンを担いだコニーがやってきました。

アルミンをマガトに任せ、ある決意を固めるコニー。

そこへピークも到着しますが、ガビたちを降ろし、すぐさま戦いへ向かいます。

 

アニとライナーを救うのは?

イェーガー派によって次々と雷槍を打ち込まれるアニとライナー。

これまで幾度となく巨人と戦ってきたイェーガー派は、かなりの戦力を持っている様子。

さらに雷槍も持っているため、アニとライナーが巨人になって戦っても簡単に勝てるわけがないのです。

そんなイェーガー派の攻撃を受け続けたアニとライナーは、すでに戦う余力が残っていません。

意識が朦朧とする中、ついにイェーガー派がアニとライナーに襲い掛かります。

しかし、アニとライナーの後ろからコニーが現れ、襲い来るイェーガー派を次々と倒し始めたのです。

そんなコニーを屋根の上から銃で狙うイェーガー派。

しかし、ミカサとハンジによってコニーを狙う者たちは仕留められていきます。

ジャンやピークもこの戦いに参戦し、まさに人間vs人間の戦いに…。

コニーたちの本気の戦いぶりを見たイェーガー派も、総力戦をあげて襲い掛かってきました。

次の瞬間、辺りが光り輝き、ファルコが顎の巨人となって現れたのです。

 

フロックの初巨人化

それぞれが戦いを繰り広げる中、フロックを狙うピークの姿が…。

しかし、ピークの攻撃を避けたフロックは、アルミンやキヨミたちが乗り込んだ船に向かい、雷槍を打ち込もうとしていました。

エルディアを救うのは俺だと高らかに宣言するフロックですが、ガビに撃たれ、海に落ちてしまいます。

元々この戦いに乗り気でなかったイェーガー派ですが、フロックを失ったことでさらに戦意喪失してしまいます。

そのおかげで、イェーガー派を倒すことが出来たミカサたち。

飛行艇は入手できませんでしたが、マーレに行くための船は手に入れることが出来ました。

早く乗り込むようにオニャンコポンに指示されるハンジたち。

そんなハンジたちに、巨人化したファルコが襲い掛かってきたのです。

エレンが初めて巨人になった時と同じように、ファルコもまた、その力をうまく制御できていない様子。

手当たり次第に暴れまわるファルコを押さえつけようと近づくピーク。

しかし、ピークは素早く動くファルコによって首を噛まれてしまい、そのまま地面に落下してしまいます。

そこへマガトが駆け付け、うなじからファルコを救出することに成功するのでした。

 

マガトの決断

ついに全員が船に後込み、マーレ大陸へと向かい始めました。

アニはミカサ、ライナーはジャンとコニー、ピークはハンジ、ファルコはマガトといった風に、マーレの戦士が敵であるエルディア人に支えられるという奇妙な光景が…。

しかし、マガトはファルコをオニャンコポンに託し、ある決断を下します。

その決断とは、マガトだけこの場に残るというもの。

追手にやられたらこれまでのことが水の泡になるため、ここに残り、敵を倒し続けるというのです。

ガビとファルコには、船に乗り込んだ後にこの事実が伝えられるのでした。

 

広告

マガトとキースが和解

船を見送ったマガトですが、すぐにイェーガー派に見つかってしまいます。

ここまでかと思いましたが、なんとキースが現れ、マガトのことを助けてくれたのです。

作戦を実行する際にアニが見た塔の人影は、キースだったことが判明。

キースとマガトは和解し、共に戦うことを決意します。

別の船に大量の爆薬が積まれていることを教えるキース。

その船は最後の軍艦で、爆破させてしまえばイェーガー派がアルミンたちの乗る船を追いかけることは出来なくなるとのこと。

キースから手渡された銃で、軍艦を爆破させるマガト。

一方、船から地上の戦いを見つめるハンジたち。

大きな爆発を見たガビは、マガトたちが犠牲になったことを悟り、涙を流すのでした。

 

進撃の巨人ネタバレ129話最新話考察

前話ではミカサがキヨミやアズマビトを助け、ジャンやハンジ、マガトと共に地下へ逃げ込みました。

その隙にライナーとアニが巨人化してイェーガー派に応戦。

飛行艇を乗っ取ろうとしていたアルミンとコニーはダズとサムエルに邪魔され、コニーは二人を射殺してしまいます。

今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

瀕死のアルミン

サムエルに撃たれたアルミンですが、ここからどうするのでしょうか?

巨人化して傷を治すにも、巨人化に伴う熱風でコニーや飛行艇を巻き込んでしまう可能性があります。

また、傷のダメージで巨人化する体力も残っていないかもしれません。

つまり、アルミンはこの場で巨人化することはないでしょう。

しかし、重傷なのでどこかで休ませる必要があるはず。

現在ライナーとアニがイェーガー派と応戦しており、ミカサたちはキヨミと共に地下へ逃げ込んでいます。

リヴァイはイェレナやガビたちと共におり、この作戦には参加することなく体を休めています。

唯一行動できるとすればピークでしょうか。

車力の巨人となったピークが現れ、アルミンとコニーを連れて逃げる展開もありそうですが、ピークは単独で別の作戦を遂行している可能性もあります。

このままアルミンが死んでしまう展開はないと思うので、どこかで休んで体力を回復させるでしょう。

 

キヨミから明かされる東洋の一族の謎

ミカサに助けられたキヨミたちアズマビトは、ハンジやマガトと共に地下へ逃げ込んでいます。

外ではライナーとアニが応戦しているので、地下に敵が攻め込んでくる可能性は低そう。

しかし、いつ命を落とすかわからない危険な状況には変わりありません。

そのことを悟ったキヨミは、東洋の一族の秘密をミカサに打ち明けるのではないでしょうか。

アルミンたちが無事に飛行艇を乗っ取っていれば船内でミカサとキヨミの対談が待っていたかもしれませんが、この状況では難しい状態です。

ここでミカサの秘密が明らかになることを期待しましょう。

 

次に手を汚すのはアルミンかジャン

126話で、子供や友達を殺すような兵士になるところだったと語っていたコニー。

母に誇れる兵士になりたい、困っている人を助けに行こうと言っていたコニーは、128話でダズとサムエルを殺してしまいました。

それぞれが何かから吹っ切れる展開が続いてきただけに、次はアルミンやジャンが手を汚す展開が待っているのではないでしょうか。

アルミンは未だエルヴィンの代わりになれなかったことを悔やんでいますし、ジャンはマルコのことでライナーを許せていません。

また、128話ではイェレナが「暴力はなくならない」と意味深な発言もしています。

今後はアルミンやジャンが中心となって、同期や仲間であったイェーガー派を殺す展開が待っているかもしれません。

 

感想・予想ネタバレツイート

以下が進撃の巨人129話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

まとめ

進撃の巨人本誌の前話128話では、アズマビトの整備士と飛行艇を確保するために話し合う104期生たち。

人類に残された時間が少ないことを悟ったマガトは、地鳴らしを止め、自分たちの過去を未来に語り継ぐためにも我々の行動に目をつぶってくれないかと提案しますが、アルミンたちも人類のために行動することを決意します。

アルミンとコニーはどうにか飛行艇まで近づきますが、同期のダズとサムエルと再会。

そして最新話確定速報として129話のネタバレを紹介してきました。

129話ではアルミンとコニーがダズとサムエルを殺したのは序章にすぎず、多くの人間の血が流れました。

無血で飛行艇を手に入れたかったアルミンですが、さすがに簡単にはいきません。

人間を殺すことを躊躇していたファルコやコニーが覚悟を決めて戦いに挑む姿が印象的でした。

今回は出番がなかったエレンは、今どうなっているのでしょうか?

また、マーレの現状とは?

130話が楽しみですね。

以上「【進撃の巨人本誌ネタバレ129話最新話確定速報】マガトが犠牲になりハンジたちはマーレに向かう」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る