約束のネバーランド

【約束のネバーランドネタバレ最新話170話】ピーター・ラートリーを裏切り暗躍したイザベラ

【約束のネバーランドネタバレ170話最新話確定速報】ピーター・ラートリーを裏切り暗躍したイザベラ
Pocket
LINEで送る

2020年3月9日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の約束のネバーランド(約ネバ)本誌170話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

約束のネバーランドの前話169話では、ヴィンセントの生存が確認され、彼の指示で動いていたハヤトは安堵の涙を流します。

さらにピーター・ラートリーを拘束し、各所に散らばる鬼やピーター・ラートリーの手下たちも制圧することに成功。

ピーター・ラートリーとの直接対決となりましたが、ここでイザベラが登場し、手を組んていたはずのピーター・ラートリーを裏切ったのです。

果たして170話ではどういった展開が待っているのでしょうか。

今回は「【約束のネバーランド(約ネバ)ネタバレ170話最新話確定速報】ピーター・ラートリーを裏切り暗躍したイザベラ」と題し紹介していきます。

 

約束のネバーランド(約ネバ)最新話170話ネタバレ最新話考察

前話ではヴィンセントの生存が確定。

GF内の鬼やピーター・ラートリーの手下を制圧し、ついにピーター・ラートリーと直接対決となりました。

しかし、そこへ突如現れた大勢のママとイザベラ。

イザベラはエマを銃を向けていましたが、これまでのエマたちの行いをほめた瞬間、手を組んでいたはずのピーター・ラートリーへ銃を向けました。

今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

他のママたちを説得していたイザベラ

ピーター・ラートリーとの直接対決を前に、大勢のママを引き連れて登場したイザベラ。

エマやレイの表情を見る限り、この行動は予測していなかったようですね。

おそらくイザベラはピーター・ラートリーに命を救われた時から、エマたちがいつかGFに戻っていることを予期し、ほかのママたちに根回ししていたのでしょう。

そうでなければあんなに多くのママたちが、一番の権力者であるピーター・ラートリーに歯向かうわけがありません。

170話では、如何にしてイザベラがほかのママたちを取り込んだのか明らかになるでしょう。

 

イザベラは人間の世界へ行けない

ついにエマたちの味方となってくれたイザベラですが、人間の世界に行くことは出来ないと思います。

そもそも、エマの願いは「食用児全員で人間の世界へ行くこと」。

この「食用児」の中には、ここで生まれ育ったイザベラも含まれていると思います。

しかし、イザベラ本人が人間の世界へ行くことを拒むのではないでしょうか。

今まで散々鬼に食用児を提供してきたイザベラ。

いくら自分が生き残るためとはいえ、非道な行いだったことは百も承知のはず。

罪の意識から、自分が人間世界でのうのうと生きることを拒否するかもしれません。

もしくは、子供たちが人間世界へ渡るとき、鬼やピーター・ラートリーから子供たちを守ろうと殺される可能性も…。

個人的に息子であるレイをかばって死ぬことを期待します。

いずれにせよ、イザベラは人間界へ渡ることが出来ないでしょう。

 

最後の悪足掻きをするピーター・ラートリー

現在拘束中のピーター・ラートリー。

彼はアンナから「約束」に関する情報を手に入れているはずですが、そのことに関して触れていません。

おそらくピーター・ラートリーが持っている情報は「約束を結びなおすことが出来た」「約束を結んだのはエマ」。

「約束」を結んだものには「ごほうび」を要求されることを知っているピーター・ラートリーは、「ごほうび」を支払う予定のエマの命を狙ってくるはず。

現在、GFにいる鬼やピーター・ラートリーの手下は皆制圧され、動けない状態となっています。

自身も拘束され、身動きが取れない状況ですが、執念深くヒステリックなピーター・ラートリーのことです。

自分の命が危険に晒されても、なんとかエマを殺そうと捨て身の行動に出るかもしれません。

 

約束のネバーランド(約ネバ)最新話170話への感想・予想ネタバレツイート

以下が約束のネバーランド170話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

約束のネバーランド(約ネバ)最新話170話ネタバレ確定速報

約束のネバーランド最新話170話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

イザベラがママたちと裏切る

エマたちがGFに侵入する少し前、イザベラがママたちを集めていました。

この状況に疑問を抱くママたちですが、イザベラから2年前の脱走者が近日中にGFに攻め込んでくること、上の者たちはその備えに追われていることを報告されます。

続けてイザベラが話したのは、この農園を裏切るという決意でした。

その言葉にざわつくママ達。

さらにイザベラは、共に脱走者に加担してやろうというものはいないかと問いかけます。

冗談か?とイザベラに聞くママもいましたが、イザベラはグランマになって1年11か月、この時をずっと待っていたと語ります。

農園側に歯向かうなどありえない、支配に縋り付きながら生きていくというのがグランマ・サラの教えでした。

しかしそんな彼女もあっけなく出荷され、上り詰めたとしても待っているのは所詮家畜としての運命でしかなかったのだと話します。

 

この服従に未来なんてない!

その事実から、ママたちはこれまでのことを思い出しました。

必死に努力し、仲間を蹴落とし、鬼に管理され、子供たちを出荷する日々…。

そんな地獄の日々を思い出したママたちに、本当はこの先に未来などないことに気付いていたはずだと語り掛けるイザベラ。

イザベラ自身もこの地獄から抜け出したいと思ったとき、ピーター・ラートリーに手を組むよう指示され、こんな世界が嫌になったことを明かし始めました。

鬼たちのために利用されて死ぬのはクソ食らえ、子供たちが帰ってきたときに力になれるようこの時を生き抜く!と決意したことを打ち明けます。

イザベラからこんな話を打ち明けられ、未だ脱走者に加担するか迷っているママ達ですが、飛び切り面白いものが見れるというイザベラの言葉で心を決めたようです。

 

食用児の味方に付いたイザベラの本心

エマはイザベラたちの行動に驚いた様子。

なぜ?と言いたげな顔で、「ママ」と呟いてしまいます。

その「ママ」という言葉で一気にうれしくなるイザベラ。

お帰りやごめんね、よくやった、すごいわ、子供たちにかけたい言葉は無数にあります。

優しい言葉をかけてすぐにでも抱きしめてあげたい気持ちをぐっと抑え、利害が一致しただけだと冷たく言い放ち、子供たちを突き放すイザベラ。

ここでの生活にうんざりし、ピーター・ラートリーのやり方が気に食わなかったからぶっ潰してやろうと思っただけだと、とって付けたような理由を話しだしました。

しかし心の中では、自分のことを許せないから子供たちに許してもらおうなんて思っていない、このまま憎んでいていい、だからママなんて呼ばなくていい、と考えていました。

 

ピーター・ラートリーに一斉に向けられた銃口

そんなイザベラの本心が伝わったのか、イザベラのことを胸を張って「ママ(お母さん)」と呼ぶエマ。

その瞬間、食用児やママ達の銃口は一斉にピーター・ラートリーへと向けられていました。

しかし、食用ごときに自分が負けるわけがないと信じているピーター・ラートリーは、ママの銃を奪って発砲。

その一瞬の隙を見て、逃げ出してしまいました。

 

約束のネバーランド(約ネバ)170話ネタバレ最新話確定速報まとめ

約束のネバーランド(約ネバ)本誌の前話169話では、ピーター・ラートリーに撃たれたヴィンセントの生存が判明。

他の場所にいた鬼やピーター・ラートリーの手下たちも制圧し、ピーター・ラートリー本人を拘束することに成功します。

そこへ大勢のママを引き連れて登場したイザベラたちは、手を組んでいたはずのピーター・ラートリーへ銃を向けるのでした。

そして最新話確定速報として170話のネタバレをお届けしましたが、ついにイザベラが食用児の味方であることが確定しました。

やはり、ピーター・ラートリーと手を組んだ時点でこの先に自由がないことを確信し、食用児のために暗躍していたようですね。

しかし、子供たちに自分の本心は隠し、利害が一致しただけだと冷たく突き放すあたり、自分の犯した罪を深く受け止めているようです。

そんな食用児+ママに追い詰められ、絶対絶命のピーター・ラートリー。

拘束されていた手をほどき、ママの一人から銃を奪い、一瞬の隙をついて逃げてしまいました。

逃げた先に何か策でもあるのでしょうか?

171話が楽しみですね!

以上「【約束のネバーランド(約ネバ)ネタバレ170話最新話確定速報】ピーター・ラートリーを裏切り暗躍したイザベラ」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る