炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊243話ネタバレ】オグンが訓練校時代のことを思い出す

【炎炎ノ消防隊ネタバレ243話最新話確定速報】オグンは何度でも立ち上がる?
Pocket
LINEで送る

2020年11月11日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の炎炎ノ消防隊本誌243話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

炎炎ノ消防隊前話242話では、オグンが消防官になった理由と戦う意味が明かされました。

オグンはラフルス一世を含む移民を皇国に導いた人の子孫であり、オグンは導いた彼らを守る責任と義務を果たすと言いました。

しかしフレイミーインクを使ったところでカロンがカウンターを返し、オグンは倒れました。

243話では、オグンが立ち上がりました。

しかしカロンは圧倒的な力で再びオグンを地面に叩きつけます。

オグンは勝機を見いだせずにいましたが、そこで訓練校時代のことを思い出しました。

打倒カロンへの活路はこの記憶にある!?

今回は「【炎炎ノ消防隊243話ネタバレ】オグンが訓練校時代のことを思い出す」と題し紹介していきます。

 

これまでの炎炎ノ消防隊の話を読み返したいと思われる場合は、炎炎ノ消防隊単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに炎炎ノ消防隊無料で読むことができます。

さらには無料で今までの炎炎ノ消防隊のアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐ炎炎ノ消防隊を読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ考察

アニメも絶好調な炎炎ノ消防隊ですが、前話ではカロンを相手にしているオグンのルーツが明らかになりました。

ただカロンの圧倒的な力の前に倒れました…。

今後の考えられる炎炎ノ消防隊の展開を紹介していきたいと思います。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ考察|オグンはまだ負けていない?

オグンがフレイミーインクを使い、火力をアゲてカロンに殴りかかって倒されました。

カロンはもう勝った気になっています。

ただオグンは桜備や火縄、あのアーサーが認めた男、このままで終わるとは思えません。

ここから立ち上がり、さらに猛攻を仕掛けると予想します。

以前シンラがカロンと戦った際、シンラはカウンターの隙を狙ってカロンに攻撃しました。

オグンはカロンのデータを見たと言っていたため、その辺を踏まえてカウンターの隙を狙うのではないでしょうか。

核爆弾級の攻撃を反射できるカロン相手に勝つのは難しそうですが、オグンなら突破口を開いてくれるはずです。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ考察|あのころ俺たちは

243話の予告に「あのころ俺たちは」という文字がありました。

ありそうなのはオグンやアーサーの訓練校時代の話です。

242話ではオグンがアーサーに向かって、シンラを一緒に連れ戻そうと声を掛けていました。

このことから、訓練校時代に培ったシンラたちの絆の話が描かれ、それを思い出したオグンが立ち上がるという流れになると予想します。

訓練校時代、いつもシンラとアーサーの喧嘩の仲裁をしていたというオグン。

彼らにどんな物語があったのでしょうか。

また、カロンやアローといった守リ人が守リ人になることになった過去の話という可能性もありそうです。

なぜ白装束になったのか、ハウメアを守ろうと思うのか、伝導者を信仰しているのかは気になります。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が炎炎ノ消防隊242話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ

炎炎ノ消防隊最新話243話「あのころ俺たちは」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ|無敵の男の攻略法

倒れたオグンに背中を向けたカロンが、誰でもいいからかかってこいと言いました。

タマキがオグンの名を叫び、マキがあの無敵の男を攻略できる人間なんていないと言いかけると、カロンがアーサーに次はお前かと聞きます。

アローはカロンと正面からやり合える相手なんていない、相手にしないのが一番だと言いますが、アーサーは剣を手に立ち上がろうとしました。

そこでオグンが立ち上がりました。

アーサーにドラゴンに備えていろと言うと、構えます。

カロンは振り返り、再びオグンに立ちはだかりました。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ|あのころ

オグンは自分の攻撃が全て吸われる、ただ吸収と放出は動じいできないはずだからカウンターのときにカウンターを仕掛けようと考えます。

しかしオグンの拳がカロンの顔面に当たった瞬間、カロンがオグンの腹に重い一発を入れました。

ただの打撃なら吸収状態を保ちながら攻撃もできる、その言葉のすぐあと、カロンの拳から大爆発が起こりました。

吹き飛ばされ、再び地面に倒れたオグンは、強すぎる、どうやって止めればいいのかと考えます。

そんな中、オグンの脳裏にふと、訓練校時代の記憶がよぎりました。

喧嘩するシンラとアーサーに向かって、オグンが喧嘩するな、最初は仲良くやっていただろうと声を掛けます。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ|ヒーロー志向と優等生

入学当初、自己紹介のときにすでにヒーローになりたいと言ったシンラ、騎士になりたいと言ったアーサーは互いに印象に残っていたため、すぐに言葉を交わすようになります。

シンラはアーサーがその顔立ちの良さと天然さでモテているのを、少し羨ましそうにします。

そこにオグンがやってきて、もう仲良くなったんだなと声を掛けました。

シンラが新入生の中で筆記と実技が首席だったなと言うと、オグンは個人の成績は関係ない、消防官はチームだからと返します。

さらにそのチームにはヒーロー志向も必要だと言ったので、シンラとアーサーはオグンをいい奴だと思いました。

遠巻きに見ていた同級生が、実技試験最速のシンラと最高火力のアーサーと首席のオグン、結局カーストのトップ同士でつるむんだなと言います。

近くにいた火鱗が面白くなさそうに舌打ちをすると、火鱗の横にいた同級生に扮するヨナが、シンラの噂を知っているかと言い出します。

そして親と弟を殺した悪魔らしい、オグンは良い奴だから騙されないといいなとつづけると、火鱗はシンラへの疑念を強めました。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレ|悪魔の噂

噂は広がり、シンラは少しずつ孤立し始め、「親殺しの悪魔」と耳にしたシンラは顔がこわばり、さらに怖いと言われます。

しかしオグンだけは気にするな、よく分からない噂で仲間を疑ったりしない、同じ隊に配属されるかもしれないんだと言ってくれました。

ある日、授業でバスケをやることになりますが、同級生たちはオグンに勝てるわけがないとしり込みします。

オグンは一人で止められないなら二人で止めればいい、だからチームスポーツは楽しいんだと返します。

そんな中、ヒーローか騎士かで喧嘩するシンラとアーサーの怒声が聞こえてきました。

 

炎炎ノ消防隊243話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊本誌の前話242話では、オグンはかつてラフルスをも救った英雄の子孫だと分かり、消防官としての導いた民を守ると言いました。

そしてフレイミーインクを発動しますが、カロンの圧倒的な力の前に重い一発を喰らいました。

炎炎ノ消防隊最新話確定速報として243話のネタバレを紹介しました。

243話では、オグンが立ち上がるもカロン相手に勝機を見いだせずにいました。

そこで思い出したのが訓練校時代の記憶です。

シンラとアーサー、オグンは出会った当初は仲が良かったのに、シンラが悪魔と噂されたときから少しずつおかしくなります。

そしてある日、シンラとアーサーの喧嘩が始まりました。

シンラとアーサーが険悪になったきっかけに、打倒カロンへのヒントがあるのでしょうか。

炎炎ノ消防隊のつづきが楽しみですね。

以上「【炎炎ノ消防隊243話ネタバレ】オグンが訓練校時代のことを思い出す」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る