炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊245話ネタバレ】アーサーとドラゴンの再戦スタート!

Pocket
LINEで送る

2020年11月25日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の炎炎ノ消防隊本誌245話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

炎炎ノ消防隊前話244話では、訓練校時代のシンラとの会話や消防官としての鉄則を思い出したオグンは、第8の力を借りてカロンに膝をつかせました。

しかし、そこに最強の屠リ人ドラゴンが現れます。

炎炎ノ消防隊245話では、アーサーとドラゴンの戦いが始まりました。

新エクスカリバーによってアーサーの力は増していますが、ドラゴンはアーサーの剣戟を評価しても無傷で受けます。

ただアーサーも竜の吐息を無傷でかわしました。

二人の戦いはどうなっていくのでしょうか。

今回は「【炎炎ノ消防隊245話ネタバレ】アーサーとドラゴンの再戦スタート!」と題し紹介していきます。

 

これまでの炎炎ノ消防隊の話を読み返したいと思われる場合は、炎炎ノ消防隊単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに炎炎ノ消防隊無料で読むことができます。

さらには無料で今までの炎炎ノ消防隊のアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐ炎炎ノ消防隊を読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

炎炎ノ消防隊245話ネタバレ考察

アニメも絶好調な炎炎ノ消防隊ですが、前話では訓練校時代のシンラたちの回想が描かれ、オグンが仲間の力を借りてカロンにダメージを与えました。

そして現れたドラゴンをアーサーが見つめます。

今後の考えられる炎炎ノ消防隊の展開を紹介していきたいと思います。

 

炎炎ノ消防隊245話ネタバレ考察|ドラゴンVS.アーサー

いよいよアーサーがドラゴンと戦います。

前回の戦いでは傷一つつけられず、エクスカリバーは折られ、後から来た紅丸もドラゴンのことを化物扱いしていました。

アーサーはあれから修行を積み、ヴァルカンに新しいエクスカリバーも用意してもらいました。

今度こそ対等に戦えるはずです。

鍵となるのは、アーサーがアドラから力を引き出せるかどうかです。

ドラゴンはアーサーに、片側だけの力ではダメだと言っていました。

その直後にドラゴンが焔ビト化して攻撃を仕掛けてきたことから、アドラやドッペルゲンガーとしての力も使うべきだと言ったと考えられます。

アーサーは、シンラが星空の下で寝転がり、アドラに乗り込もうとしていたことを知っています。

アーサーがドラゴンの発言の意図を理解し、アドラの力が必要だと考えていたのなら、同じような修行をしてアドラの力を使う術を手にしている、ということもあるかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊245話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が炎炎ノ消防隊244話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊245話ネタバレ

炎炎ノ消防隊最新話245話「竜と騎士、再戦」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊245話ネタバレ|竜、来たる

以前と変わらぬ凄まじいプレッシャーを携えたドラゴンが現れました。

カロンやオグン、火縄、桜備に緊張が走る中、目を閉じたアーサーの横に立ちました。

気配を察したアーサーが片目を開け、剣を持って立ち上がって「来たか」と言うと、ドラゴンは懲りていないようだと返します。

アーサーは、ドラゴンスレイヤーの称号はここでしかもらえないからだと言うと、剣の柄に手を掛けました。

ドラゴンが不愉快そうな顔をして、戯け者、自分の前には何も残らないと言うと、二人の間につかの間の沈黙が入ります。

直後、アーサーは剣を引き抜き、一閃を放ちました。

 

炎炎ノ消防隊245話ネタバレ|激闘開始

ドラゴンはアーサーの剣が以前と違うことに気づき、それは何かと聞きます。

アーサーは大鍛冶師ヴァルカンが星の石を鍛えて蘇られせた新エクスカリバーだと答えました。

アーサーの斬撃はドラゴンに直撃します。

ドラゴン本体こそ無傷ですが、その背後は斬撃によって生じた衝撃波で吹き飛びます。

ドラゴンはニヤリと笑い、凄まじい剣風、これほどの剣筋なら斬れないものはないだろうと言いますが、自分以外だと付け加えると、反撃に転じます。

ドラゴンは両腕を振り上げます。

そしてただ振り下ろしただけで地面が爆発し、アーサーは爆風と一緒に舞い上がります。

ドラゴンは追い打ちをかけるように吹き飛べと言って、竜の吐息を放とうとします。

アーサーは「紫電」と言うと、吹き飛ばされた地面の欠片を高速で飛び移ります。

夜空に竜の吐息が放出されます。

 

炎炎ノ消防隊245話ネタバレ|ともに無傷

ドラゴンはアーサーの姿を見失いました。

竜の吐息による手ごたえがないと感じると、空中に移動して、アーサーはどこだと辺りを見渡します。

次の瞬間、背後に現れたアーサーが剣を再び一閃を放ちました。

不意を突いた攻撃であっても、依然としてドラゴンにダメージはありません。

振り向きざまにアーサーは殴られ、ゾンビ焔ビトたちがいる地上へと吹き飛ばされました。

その衝撃によって幾人ものゾンビ焔ビトが粉砕されます。

ただアーサーは空中で態勢を立て直していたので、無事に着地します。

そしてドラゴンも地面に降りてきました。

二人のにらみ合いは続いています。

 

炎炎ノ消防隊245話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊本誌の前話244話では、シンラとアーサーの喧嘩を思い出したオグンが第8の力を借りてカロンを倒しました。

しかし、そこで最強の屠リ人ドラゴンが現れます。

炎炎ノ消防隊最新話確定速報として245話のネタバレを紹介しました。

炎炎ノ消防隊245話では、アーサーがドラゴンと対等に渡り合います。

しかし両者ともに無傷、まだまだ勝負の行方はわかりません。

前回は完膚なきまでに敗北したアーサーのリベンジとなるのか、つづきが気になります。

炎炎ノ消防隊のつづきが楽しみですね。

以上「【炎炎ノ消防隊245話ネタバレ】アーサーとドラゴンの再戦スタート!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る