炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊247話ネタバレ】ヴァルカンの新兵器でジョヴァンニ倒れる?

【炎炎ノ消防隊最新話ネタバレ247話確定速報】ヴァルカン一家とジョヴァンニ戦闘開始!
Pocket
LINEで送る

2020年12月9日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の炎炎ノ消防隊本誌247話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

炎炎ノ消防隊前話246話では、天照内部に入ったヴァルカンたちと後から入ったジョヴァンニついて描かれました。

ジョヴァンニはヴァルカンに円周率の秘密や太陽の成り立ちなどを明かしました。

炎炎ノ消防隊247話では、ジョヴァンニとヴァルカン一家の戦いが本格化。

ジョヴァンニが250年前からの因縁を明かしたあと、ヴァルカンの新兵器がさく裂します。

これで勝負アリ!?

今回は「【炎炎ノ消防隊247話ネタバレ】ヴァルカンの新兵器でジョヴァンニ倒れる?」と題し紹介していきます。

 

これまでの炎炎ノ消防隊の話を読み返したいと思われる場合は、炎炎ノ消防隊単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに炎炎ノ消防隊無料で読むことができます。

さらには無料で今までの炎炎ノ消防隊のアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐ炎炎ノ消防隊を読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

炎炎ノ消防隊247話ネタバレ考察

アニメも絶好調な炎炎ノ消防隊ですが、前話では天照内のヴァルカンたちの様子が描かれました。

今後の考えられる炎炎ノ消防隊の展開を紹介していきたいと思います。

 

炎炎ノ消防隊247話ネタバレ考察|ジョヴァンニとの戦い

ジョヴァンニとはこれまで何度か戦っていますが、そのたびに逃げられています。

最初はヴァルカンがメカニックらしく改造されたジョヴァンニの体をバラし、次に対峙した地下ではシンラとアーサーが組んで撃退しました。

会うたびに人から離れた異形の姿となり、二度目の時は小さな蟲の大群となって姿を消しました。

近付くものを検知するヘラペンシルという機能もついているため強敵です。

ジョヴァンニは一通り喋り終わったようなので、今後はヴァルカンたちを攻撃してくるでしょう。

機関員であるヴァルカンと元部下で手の内を知られているリサ、ちょっと変わった少年ユウでは心元ないです。

ヴァルカン側も相当すごい新兵器を持ってきていないと不利な戦いとなるでしょう。

 

炎炎ノ消防隊247話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が炎炎ノ消防隊246話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊247話ネタバレ

炎炎ノ消防隊最新話247話「弐佰伍拾年の執念」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊247話ネタバレ|手一杯

シンラはアドラにいました。

ここがアドラだということは分かりましたが、ショウや他のみんなの姿は見えません。

つづけて大災害はどうなったのか、自分が大災害を止めなければと思いました。

そのころ、天照内ではジョヴァンニが大災害について話し続けています。

人柱はみんなアドラに行き、こちらの世界とアドラを結ぶことになる、滅びと同調して大災害が起こればこの星は第二の太陽となると言います。

ユウは信じられないと言いますが、ヴァルカンは月があんな風になるのなら何が起こるのか分かったものじゃないと言い、リヒトに通信します。

マッチボックス内から外を眺めているリヒトは、全て聞いていた、こちらも手一杯だが何とかしてそちらに向かうと返しました。

その眼前では第8やアローが大焔人やゾンビの大群と戦っています。

 

炎炎ノ消防隊247話ネタバレ|ヴァルカンとジョヴァンニの先祖

ジョヴァンニは体の形状を自在に変え、リサに襲い掛かります。

リサはそれを漁火でなぎ払い、ヴァルカンの先祖が造った天照を破壊兵器にはさせないと声を荒げます。

するとジョヴァンニは、この天照は初めから大災害を起こす破壊装置として自分たちが造ったものだと言いました。

ジョヴァンニは250年前の天照の建築について話し始めます。

後に灰島創設メンバーとなる部隊によって天照の建築が行われ、そこにヴァルカンの先祖と一緒に自分の先祖も動力源担当エンジニアとして参加していたと言います。

しかしヴァルカンの先祖は、天照の中から助けを呼ぶ声を聞き、天照の真の力に鍵をかけて封印した、だから時がくるまでヴァルカンの一族を監視し続けたと言いました。

ヴァルカンは監視ではなく祖父と父を殺しただろうと声を荒げ、リサも人でなしだと言ってジョヴァンニを攻撃します。

すると、リサはジョヴァンニの体が全て蟲で構成されていることに気づきました。

 

炎炎ノ消防隊247話ネタバレ|惨めだな

リサが怯えて震えだすと、ヴァルカンが肩を抱き、自分がついている、大丈夫だと言います。

そして策がある、二人で乗り越えようと励ますと、ユウにあるものを準備させ、リサに触手に刺せと言いました。

ヴァルカンは蟲のことは研究済み、蟲は人にない器官で磁場を見ている、磁場を乱して統率を崩すと言います。

そしてリサが触手に用意されたものを差し込むと、次の瞬間、ジョヴァンニの体が吹き飛びました。

統率を喪った蟲たちがボトボトと床に落ち、小さな喋る蟲だけが残りました。

ヴァルカンはそれが本体かと言って見下ろすと、惨めだなと言いました。

 

炎炎ノ消防隊247話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊本誌の前話246話では、天照の中でヴァルカンとジョヴァンニが再会しました。

ジョヴァンニは大災害についての衝撃の真実を明かしました。

炎炎ノ消防隊最新話確定速報として247話のネタバレを紹介しました。

炎炎ノ消防隊247話では、ジョヴァンニが250年前の天照建築時のことを話します。

ヴァルカンの先祖は天照の中で助けを呼ぶ人の声を聞き、真の力を封印した、それから一族を監視しつづけたと言いました。

ヴァルカンは監視ではなく殺しただろうと激昂、ジョヴァンニの体を構成する蟲を新兵器によって吹き飛ばしました。

ジョヴァンニは再起不能になったのでしょうか!?

炎炎ノ消防隊のつづきが楽しみですね。

以上「【炎炎ノ消防隊247話ネタバレ】ヴァルカンの新兵器でジョヴァンニ倒れる?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る