呪術廻戦

【呪術廻戦128話ネタバレ】京都校も渋谷へ向かい東堂は黒閃を決める!

【呪術廻戦ネタバレ128話最新話確定速報】東堂が虎杖に隠した”あのこと”とは?
Pocket
LINEで送る

2020年11月2日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌128話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

https://twitter.com/jump_henshubu/status/1320455087123169281

呪術廻戦前話127話では、宿儺の大量殺人や、七海や釘崎を救えなかったことを悔やむ虎杖の姿が描かれました。

自分なんか消えた方が良いと言ってうずくまる虎杖に対し、呪術師の本質を解き、戦いに復帰させた東堂。

また、新田新は釘崎を連れてその場を離れます。

真人は東堂の術式に翻弄され、遂に虎杖に黒閃を決められるのでした。

今回は「【呪術廻戦128話ネタバレ】京都校も渋谷へ向かい東堂は黒閃を決める!」と題し紹介していきます。

これまでの呪術廻戦の話を読み返したいと思われる場合は、呪術廻戦単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに呪術廻戦を無料で読むことができます。

今すぐ呪術廻戦読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

Pocket
LINEで送る