呪術廻戦

【呪術廻戦134話ネタバレ】偽夏油の正体が加茂憲倫と判明して裏梅も参戦!

【呪術廻戦ネタバレ134話最新話確定速報】偽夏油の正体は加茂憲倫で虎杖を作った?
Pocket
LINEで送る

呪術廻戦はアニメも10月から放送が開始されていて注目の作品です。

2021年1月4日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌134話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦前話133話では、渋谷事変でのそれぞれの状況が明らかになりました。

獄門疆が持ち去られたことを知った東堂と新田。

目的が「五条奪還」から「味方の救出と敵戦力を削ぐこと」に変わったと気合を入れ、戦いに挑みます。

また、日下部とパンダは瓦礫の下に隠れ、生存していたことが判明。

憂憂と冥冥はすでにマレーシアに高飛びし、これからの日本と諸外国の関係について誰かとやり取りをしている様子。

一方、虎杖に「存在しない記憶」を植え付けられた脹相は、虎杖が何者なのか、また、自分が何者なのか確かめようと、行動を起こすことに。

さらに、虎杖の前に現れた偽夏油は真人を取り込んでしまいます。

今後呪術廻戦がどうなっていくか気になります。

今回は「【呪術廻戦134話ネタバレ】偽夏油の正体が加茂憲倫と判明して裏梅も参戦!」と題し紹介していきます。

これまでの呪術廻戦の話を読み返したいと思われる場合は、呪術廻戦単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに呪術廻戦を無料で読むことができます。

今すぐ呪術廻戦読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

Pocket
LINEで送る