呪術廻戦

【呪術廻戦135話ネタバレ】脹相は裏梅と戦い九十九由基も参戦!

【呪術廻戦135話ネタバレ】脹相は裏梅と戦い九十九由基も参戦!
Pocket
LINEで送る

2021年1月18日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌135話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦前話134話では、遂に偽夏油の正体が加茂憲倫であると判明しました。

しかし、加茂憲倫ですら数ある名の一つに過ぎず、その真の正体は明かされず…。

また、京都校、日下部、パンダ、脹相が登場。

脹相は、自分の母を弄び、弟である虎杖を殺すよう仕向けた偽夏油に挑みますが、裏梅が現れ、脹相vs裏梅が始まろうとしていました。

今後呪術廻戦がどうなっていくか気になります。

今回は「【呪術廻戦135話ネタバレ】脹相は裏梅と戦い九十九由基も参戦!」と題し紹介していきます。

>>呪術廻戦最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察

偽夏油の正体が、自分の母を弄んだ加茂憲倫だと知った脹相。

弟を守るためにも偽夏油に戦いを挑みますが、裏梅が現れ、脹相vs裏梅に発展してしまいます。

果たしてここからどうなるのでしょうか?

今後の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察|偽夏油の正体は加茂憲倫で虎杖を作った?

これまで偽夏油の正体は九十九由基だと思われてきました。

「あっはっは」という笑い方や、冥冥を五条や夏油のように「冥さん」と呼ぶことからそう考えられてきましたが、今回偽夏油の正体=加茂憲紀である可能性が浮上しました。

というのも、呪術廻戦134話で偽夏油が言っていた「我ながら~」という言葉。

これは、偽夏油が虎杖を宿儺の器として作ったと取れますよね。

もしそうだとすれば、脹相が虎杖との関係に疑問を抱き、自分の存在理由を確かめようとするのもうなづけます。

来週以降は、脹相と虎杖の関係や、偽夏油の正体が明らかになるのではないでしょうか?

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察|真衣が東堂に義手をプレゼント?

左手を失い、すでに不義遊戯は死んでいると語った東堂。

このまま引退してしまうのでしょうか?

東堂の術式の発動条件は「手を叩くこと」でしたが、左手を失った今、もう術式を発動することはできません。

左手が再生できればいいのですが、真人の無為転変を受けた部分は家入の反転術式でも治すことは不可能。

そこで重要となるのが、真希の妹である真衣の構築術式です。

構築術式とは、己の呪力をもとに物質を0から構築され、構築術式で生成された物質は術式終了後も消えることありません。

今の真衣はまだ1日に銃弾1発を作るのが限界ですが、その力を使えば東堂の義手を作ることが可能なのではないでしょうか?

東堂は虎杖を成長させてくれた、なくてはならない存在なので、この先も活躍してほしいですね。

 

呪術廻戦135話ネタバレ考察|135話への感想・予想ツイート

以下が呪術廻戦134話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

呪術廻戦135話ネタバレ

呪術廻戦最新話135話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦135話ネタバレ|兄として戦う脹相

赤血操術で裏梅に挑む脹相。

偽夏油から「疲れてるだろう」と言われますが、「弟の前で命を張らない理由があるか?」と返し、兄としての威厳を見せつけます。

その間、パンダは虎杖の兄が脹相なのかどうか確認しますが、虎杖は一度脹相に殺されていることを説明。

パンダは東堂が同じように「虎杖の兄弟」と言っていたのを思い出し、虎杖からやばいフェロモンが出ているのではないかと冗談を言います。

もちろんそんなことはなく、脹相の記憶には虎杖の姿が…。

虎杖は偽夏油が作り出した宿儺の器のため、呪胎九相図と兄弟関係である可能性は十分にあります。

 

呪術廻戦135話ネタバレ|氷結系の術式を使う裏梅

虎杖とパンダに向けて「霜凪」という氷結系の術式を使う裏梅。

この攻撃によりパンダと虎杖は凍りついたように見えましたが、虎杖だけ脱出。

凍らせる力が弱かったようですが、虎杖は宿儺のおかげで助かったのだと推察しています。

 

呪術廻戦135話ネタバレ|脹相と共闘

虎杖が「味方でいいのか?」と確認するも、「違う」と否定する脹相。

しかし、味方ではなく、あくまでも「兄」として戦うようです。

その後、「とりあえず1回兄ちゃんと呼んでみてくれないか?」とふざける脹相。

これは脹相が味方になる伏線なのでしょうか?

 

呪術廻戦135話ネタバレ|九十九由基、登場

ついに九十九由基が登場し、戦況は一変。

いつものように好みの女を尋ねますが、彼女の登場により、偽夏油はこの場を掌握できなくなってしまいました。

もちろん九十九由基は偽夏油に対する対策を練ってきているはず。

このまま偽夏油が逃亡する可能性もありますが、ここからどうなってしまうのでしょうか?

 

呪術廻戦135話ネタバレまとめ

呪術廻戦の前話134話では、遂に偽夏油の正体が加茂憲倫だと判明しましたが、それすらも仮の姿で、真の正体が一体何者なのか分からず…。

また、虎杖の前には京都高専と日下部、パンダ、脹相が現れました。

脹相は偽夏油の正体が母を弄んだ加茂憲倫と知って戦いを挑みますが、裏梅が間に入り、脹相vs裏梅へと発展しました。

最新話速報として呪術廻戦135話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦135話では、呪術師側ではないものの、脹相が裏梅と対峙。

兄として虎杖を守ると宣言しますが、裏梅の術式によってダメージを受けます。

また、パンダはその真相を虎杖に確かめますが、一度脹相に殺されかけているので、兄であるわけがないと断言。

さらに九十九由基の登場で戦況は一変。

ここからどうなってしまうのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦135話ネタバレ】脹相は裏梅と戦い九十九由基も参戦!」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。