呪術廻戦

【呪術廻戦139話ネタバレ】禪院直哉と乙骨憂太が虎杖を発見!

【呪術廻戦 ネタバレ最新話139話確定速報】伏黒が虎杖を救うため禪院家当主になる?
Pocket
LINEで送る

2021年2月22日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌139話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦前話138話では、ついに禪院直毘人の死亡が確定し、禪院家では直毘人の遺言の内容が明かされました。

順当にいけば直毘人の息子・直哉が当主となる予定でしたが、五条悟が封印された今、次期当主は伏黒恵に…。

納得できない直哉は、虎杖悠仁の捜索に当たる伏黒恵を虎杖もろとも殺すことに。

一方、自分が犯した罪の重さから高専に帰れないと判断した虎杖は、脹相とともに呪霊を狩ることに。

乙骨憂太と禪院直哉が命を狙っていますが、果たして虎杖はどうなってしまうのでしょうか?

今後呪術廻戦がどうなっていくか気になります。

今回は「【呪術廻戦139話ネタバレ】禪院直哉と乙骨憂太が虎杖を発見!」と題し紹介していきます。

>>呪術廻戦最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦139話ネタバレ考察

呪術廻戦前話138話では、乙骨憂太と禪院直哉に命を狙われる虎杖は、脹相と行動を共にしていました。

いくら宿儺に乗っ取られていたとは言え、大量殺人を犯した自分は皆と一緒にいられないと嘆く虎杖。

脹相はそんな虎杖と一緒にいることを選び、共に呪霊を狩ることに。

ここから呪術廻戦はどうなってしまうのでしょうか?

今後の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

 

呪術廻戦139話ネタバレ考察|宿儺は呪霊の下にはつかない?

呪霊の下についたら手始めに渋谷の人間を皆殺しにしてやるという宿儺。

しかし、宿儺が呪霊に下につくことはないでしょう。

というのも、呪術廻戦10巻に収録された89話に、113話につながる伏線が隠されていたのです。

89話では、五条が発動した0.2秒の領域展開の説明が書かれていました。

そこには、地下五階にいた生き残りは2か月後に社会復帰を果たすと書かれているのです。

生き残った人間がいることから、「渋谷の人間を皆殺しにする」という宿儺の言葉が実行されていないということに。

89話の説明分から考えると、宿儺が呪霊に下につく展開はないと思っていいでしょう。

 

呪術廻戦139話ネタバレ考察|139話への感想・予想ツイート

以下が呪術廻戦138話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

呪術廻戦139話ネタバレ

呪術廻戦最新話139話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦139話ネタバレ|息ぴったりで呪霊を狩る虎杖と脹相

東京に放たれた呪霊をひたすら狩り続ける虎杖と脹相。

呪霊狩りの方法は単純で、虎杖が手を叩いて呪霊をおびき出し、囮となって地下にいる脹相のもとへ誘導。

狭い地下では呪霊は一体ずつしか前に進めず、それを狙ったかのように脹相が穿血を放って討伐。

虎杖は穿血を免れた呪霊を討伐し、脹相は虎杖の成長速度に驚きを隠せません。

渋谷事変で戦った時は、まだ力任せでパワフルさがあったと思い返す脹相。

しかし、今の虎杖は繊細さが加わっただけでなく、より洗練された呪力操作と強靭な肉体のおかげで、まさに鬼神と言っても過言ではないほどに。

「全快ではないながらにこれほどの破壊力…」と、脹相は虎杖が自分の弟であることを誇らしげに感じているようです。

「さすがは俺の弟だ!」

しかし、虎杖はそのことを認めず…。

そんな虎杖に対し脹相は、「お前の父親にもあった額の縫い目を思い出せ」と語りかけたのです。

 

呪術廻戦139話ネタバレ|伏黒より早く直哉が虎杖たちを発見

その時、どこからともなく禪院直哉が登場。

「恵君おらんね」

その一言で我に返る虎杖ですが、それまで伏黒の話などしていなかったので、なぜ目の前の人物が伏黒を知っているのか理解できない様子。

すると直哉は、

「トロすぎへん?」

と一言。

おそらく伏黒がまだ虎杖たちを発見できていないことに驚いているのでしょう。

直哉の興味は虎杖たちに移り、2人がまだアクションを起こしていないことにツッコミを入れます。

「逃げる気ないの?」

直哉の言葉が理解できない虎杖。

その様子から虎杖に死刑執行が伝わっていないと知った直哉は、五条の後ろ盾がなくなった今、虎杖の死刑が執行されることを伝えたのです。

虎杖が殺されると聞き、直哉をにらみつける脹相。

その時、虎杖は「五条さんが融通を利かせてくれたおかげで救われた術師はたくさんいる」という猪野の言葉を思い出しました。

そう、自分が今生きているのも五条のおかげだということに気付いたのです。

 

呪術廻戦139話ネタバレ|直哉の目的は伏黒

用があるのは伏黒だから、虎杖の生死はどうでもいいと語る直哉。

ただ、虎杖に邪魔をされて伏黒を殺せなくなるのも困るので、足を追って動けなくしようかなと、冗談なのかわからないことを話し続けます。

そんな直哉に対し、伏黒に何の用があるのか尋ねる虎杖。

「死んでもらおうと思って」

「その前に一筆書いてもらえると助かる」

ようやく直哉の目的を知った虎杖は直哉をにらみつけ…。

次の瞬間、高架らから飛び降りたはずの直哉が、一瞬で虎杖と脹相の前に移動してきたのです。

 

呪術廻戦139話ネタバレ|乙骨憂太登場!

「恵君は君を探している」

そう話しかけた直哉の拳は、虎杖の顔面にヒット。

すかさず脹相が直哉に攻撃を仕掛けますが、直哉はそれをかわし、またも2人の前から消えてしまいました。

「確かに速いけど、なんか変だな」

そう語る虎杖は、直哉の速さが術式によるものだと理解。

一方直哉は、虎杖と一緒にいる脹相が何者なのか気になるようです。

とりあえずもう少し速さを上げて戦ってみようとした瞬間、ぬるっとした気色の悪い空気があたりに漂い始めました。

一瞬、五条の気配かと思った虎杖ですが、今感じている気配は五条よりも不気味で不穏な空気。

その不気味な空気のほうを振り返ると、そこには虎杖が一人ではないことに驚く乙骨の姿が…。

ついに虎杖と、死刑執行人・乙骨が出会ってしまいましたが、ここからどうなってしまうのでしょうか!?

 

呪術廻戦139話ネタバレまとめ

呪術廻戦の前話138話では、これまで安否不明だった真希と直毘人の状況が判明、真希はまだ予断を許さない状態で、直毘人は死亡。

直哉、扇、甚壱の3人は直毘人の遺言の内容を聞くと、本来であれば直哉が当主になる予定だったのに、五条悟が封印されたことで、伏黒恵が当主になる可能性が浮上。

遺言に納得できない直哉は、虎杖も伏黒も抹殺すると宣言します。

一方、虎杖は高専に戻らず、脹相と呪霊狩りを行っていて…!?

最新話速報として呪術廻戦139話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦139話では、呪霊を狩り続ける虎杖と脹相の前に禪院直哉が現れました。

まだ伏黒が来ていないことに驚きつつ、虎杖が逃げないことに違和感を覚える直哉。

それもそのはず、虎杖に死刑執行の通達は届いておらず、呪術師から追われていることを知らなかったのです。

虎杖に死刑執行を伝えるも、自分の目的は伏黒にあると語る直哉。

虎杖&脹相と直哉の戦いが始まろうとしたその時、不穏な空気を漂わせて乙骨憂太が登場し…!?

ここからどうなってしまうのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦139話ネタバレ】禪院直哉と乙骨憂太が虎杖を発見!」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。