キングダム

【キングダム647話ネタバレ】司馬尚と李牧は会い趙はどう進む?

【キングダム最新話647話ネタバレ速報】心折れる太子嘉と李牧で趙に勝算はあるのか?
Pocket
LINEで送る

キングダムのアニメも合従軍編で盛り上がってますね。

2020年7月9日(木)発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム647話のネタバレ考察をお届けします。

前話キングダム646話では、太子嘉が李牧ともども邯鄲を追われてしまいました。

心が砕けてしまった太子嘉はこの後一体どうなるのでしょうか?

また、チャンスとばかりに狙っている秦軍、弱気になってしまった李牧は撃墜することができるのでしょうか?

キングダム647話もどんな展開になるのか楽しみですね。

今回は「【キングダム最新話647話ネタバレ速報】司馬尚と李牧は会い趙はどう進む?」と題し紹介していきます。

李牧が解放されたキングダム645話ですが、ここで趙の動向を振り返ってみませんか?

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、キングダム単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにキングダム無料で読むことができます。

さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐキングダムを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

キングダム647話ネタバレ考察

キングダム前話では太子嘉と李牧が邯鄲を追われてしまいました。

国を牛耳るのは郭開、そして外では秦軍が今か今かと待ち構えています。

この先、太子嘉と李牧の運命は!?

また、趙国は一体どうなってしまうのでしょうか?

 

キングダム647話へのツイッターの予想・感想

以下がキングダム646話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム647話ネタバレ

キングダム最新話646話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム647話ネタバレ|揺れる女ごころ

李牧の天幕を出たカイネは、李牧に突然後ろから抱きついてしまったことに戸惑い「危ない」と何度もつぶやきます。

李牧の天幕での出来事を思い出し、慌てて離れたカイネに対して、李牧がこちらこそすみません、ありがとうと言った言葉の意味が何なのか、頭の中を駆け巡ります。

後ろから抱き着いたのは、家臣としての行為でなにもおかしなことはないと言い聞かせるカイネですが、恥ずかしさが先立ってしまい、心は穏やかになることはありません。

そんなカイネを馬南慈と舜水樹と傳抵が見つけ声を掛けます。

3人に連れられて、再びカイネは李牧の天幕へ。

しかし、カイネは顔を赤らめ、3人より後ろの離れたところにいるのです。

そんなカイネの様子に傳抵が不思議がります。

 

キングダム647話ネタバレ|舜水樹の思惑

李牧の天幕に現れた3人は、今後の身の振り方を話し合います。

王命に逆らい王の軍と戦った李牧達は、どんな理由があろうと、どう画策しようと、反乱軍でしかないと舜水樹は言います。

残された道は3つしかないという舜水樹。

一つ目は、趙に降参し罪を償うこと。

二つ目は、このまま逃げ続けること。

三つ目は、邯鄲に攻め入り、新王と郭開を抹殺して太子嘉を王にすること。

舜水樹が、邯鄲に攻め入ることを考えていたことに皆はざわめきます。

そして舜水樹はさらに続けて言うのです

第三の選択肢を変化させて、邯鄲に攻め入り、新王と郭開を抹殺し、太子嘉を呼ばず、李牧が新王朝をたてること

目を見開き、驚くカイネと傳抵

そして李牧はそのくらいにしなさいというのです。

邯鄲を陥落させ、太子嘉を王座に座らせても、それは強奪であり、皆に認められ新趙王として迎えてもらうことはできない。

ましてや自分がなるなんてとんでもない。そんな考えはないときっぱりと断ります。

申し訳ないと謝る舜水樹。

しかし、どうするのか、降伏しても皆殺しになってしまうという傳抵。

 

キングダム647話ネタバレ|李牧の思惑

それに対し、李牧は消去法で逃げる以外ないと答える。

そして続けてこう言うのです。

秦軍から、趙を守るためには、必ず私たちの力が必要になる。

李牧が軍総司令に戻るまでだと。

驚くカイネ。

馬南慈は、李牧なしでは秦軍を止めることはできず、1年ほどで郭開のバカが泣きついてくるといいます。

舜水樹も今回の即位はまだ正式ではなく、即位していない空白の期間に起きたことなので、後からどうにでも覆せるといいます。

逃げ続けることに成功せれば、秦も攻めてき、さらにいろいろと曖昧になる、それに向け準備をすると李牧。

それに対し、既に包囲されている状態でどこに逃げ込むかと馬南慈。

すると、李牧は突然行きたいところがあるといいます。

それは、なんと司馬尚のところだったのです。

李牧は彼のところで力をつけ、再起を狙います。

 

キングダム647話ネタバレ|肆氏が政に話したい事

紀元前235年、秦では向とその子ども、そして陽の3人が降ってくる雪を見ています。

中華でも驚くべき三国間の戦いが起こります。

また、秦国内でもいくつかの大きな事件が起きたといいます。

趙戦を話し合う中、肆氏が浮かない顔をして入ってきます。

肆氏は政に対し、外で話したいといいます。

昌文君はその様子に政について外へでます。

肆氏は昌文君になぜいるのか問いますが、昌文君は自分がいてはいけない理由を言えと言います。

それに対し、肆氏は昌文君なら別に問題はないといいます。

 

キングダム647話ネタバレ|呂不韋の現在

肆氏が告げたのは、呂不韋のことでした。

また不穏な動きをみせたのかと心配する昌文君ですが、肆氏はまだはっきりとはわからないと答えます。

位を剥奪された呂不韋ですが、この3年間で人を集め、見過ごせないほどになっているというのです。

様々な残党が呂不韋のもとに集まっていると。

長年、水面下で阻止はしていたものの、既に限界を超えているというのだ。

肆氏は根本を断ずる時がきたといいます。

そう、呂不韋の命を奪うということです。

しかし、嬴政は、その前に呂不韋に直接会い、話をしたいと自分の意志を告げるのです。

 

まとめ

前話キングダム646話では、太子嘉と李牧は郭開により、邯鄲を追われてしまいました!!!

多くの賢臣や国士たちを失った太子嘉も、李牧でさえも意気消沈で見ているのが辛かったですね。

そして今回キングダム最新話確定速報としてネタバレを紹介してきました。

キングダム647話では、李牧達の会話から、今後の趙の動きが見えてきました。

そして、呂不韋の不穏な陰が秦にも迫ります。

李牧の策略のように、郭開が泣きつき李牧は再び戦の表舞台へ戻ってくるのでしょうか?

また、嬴政は呂不韋との決着がうまくつけられるのでしょうか?

今後のキングダムも目が離せませんね。

以上「【キングダム最新話647話ネタバレ速報】司馬尚と李牧は会い趙はどう進む?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る