キングダム

【キングダム675話ネタバレ】王賁へ桓騎大将軍の命令

【キングダムネタバレ最新話675話確定速報】影丘の戦い王賁軍が囮?

2021年4月1日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム675話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム674話では、六大将軍復活後の趙国戦が本格的に始まりました。

李信軍では、羌瘣の完全復活、そして髪を突然切った羌瘣に驚き、それを整えてあげる羌礼の、微笑ましいやりとりも見れました。

そして、蒙恬より告げられる王賁の大事件、それは鄴攻め後に結婚して子供が生まれていたとの事でした。

驚きを隠せない李信は、少し羨ましがってるようにも見えました。

そんな中戦いは激化、特に桓騎軍は平陽を狙い激しく攻めて行ってます。

趙国軍有利の影丘の土地では秦国軍はどんどんやられてます。

趙国の首都、邯鄲まですぐそこなのに中々攻めきれない秦国軍…。

今後どのように戦いは展開していくのでしょうか?

今回は「【キングダム675話ネタバレ】影丘軍の戦い王賁軍が囮?」と題し紹介していきます。

>>キングダムの最新話ネタバレはこちら<<

 

キングダム675話ネタバレ考察

前回キングダム674話では、蒙恬軍が王翦軍に参戦。

李信軍はまだ桓騎軍、王翦軍どちらに参戦するか決まっていませんが、王翦将軍なら必ず必要な所に必要な最大戦力をぶつけてくるでしょう。

何故なら、李信軍はあの龐煖を倒した程の隊で、まさに秦国軍最強クラスの矛!

その使い所も計算ずくでしょう。

そして王賁は桓騎軍に加わる事になりました。

前線の中でも一番激しい戦場に結婚し、子供も生まれたばかりの王賁を配備するなんて桓騎将軍でないと出来ないでしょう。

桓騎将軍の思惑とは?

今後、王賁のように同期のライバルの蒙恬や李信達の浮いた話などは出てくるのでしょうか?

では続きが気になるキングダムの今後を考察して参りたいと思います。

 

キングダム675話ネタバレ考察|影丘にて王賁が囮!

桓騎の策に秦国の桓騎軍は平陽へ進行していました。

しかしその平陽までの道のりは影丘と言われる、立地的に趙国軍有利の土地を攻めなくては行けませんでした。

実際に趙国有利と言われてるだけあって実際に秦国の桓騎軍は相当数やられてしまってます。

桓騎はその戦況を鋭い目つきで見てます。

そこに桓騎は王賁軍を呼んで共に戦うように指示しました。

桓騎軍と王賁軍は全く真逆の隊です。盗賊上がりが多い桓騎軍と規律を重んじる名家が集まるエリート集団の王賁軍。

王賁は桓騎に何故呼ばれたのでしょうか?

おそらく桓騎は王賁軍を趙国軍にぶつけ激しく戦わせてる間に桓騎軍の別働隊が右翼から激しく迂回し直接平陽を狙うのではないかと思われます。

王賁軍ほど協力な戦力をぶつけ趙国軍の意識をそちらに向ける事で桓騎はより動きやすくなるでしょう。

王賁軍を囮にするなんて桓騎程の人間でないと思いつかないでしょう。

王賁は自分が囮となり、自軍の兵士がやられてる事にも、じっと耐えながら、それでも少しでも自軍の兵を守る為にも更に強気に攻めていくのではないでしょうか?

 

キングダム675話ネタバレ考察|飛信隊の躍進

羌瘣との巫舞という戦いの語り合いで改心した羌礼。

今後飛信隊に加わるの決定的でしょう。

今まで趙国軍に苦戦を強いられてた飛信隊ですが、今後は今までと違う展開になるでしょう。

何故なら復帰した羌瘣に加えた、蚩尤となり更に成長を期待出来る羌礼が加わります。

松佐の穴を埋めきれずいた飛信隊ですが、将軍級の羌礼が加わり押されてた前線を再度押し上げて行くでしょう。

蒙恬軍、王賁軍に遅れをとっていましたが、この遅れも取り戻せるでしょう。

そのぐらい羌礼の加入は飛信隊にとって大きいでしょう。

 

キングダム675話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム674話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム675話ネタバレ

キングダム最新話675話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム675話ネタバレ|伝令摩論現る‼︎

キングダム前話674話では、結婚して、子供が生まれたばかりの幸せをゆっくり噛みしてめていたはずの王賁は趙国戦の前線で戦いを繰り広げてました。

しかも正に死地と呼ぶに相応しい影丘です。

この土地は趙国軍有利の丘で、守りの趙国軍有利の立地です。

秦国軍は攻める難しい土地であり、実際に無理に攻めてる秦国軍は相当数やられてます。

キングダム675話ではその影丘を攻めるように桓騎軍から指示された、王賁軍の元に一人の男が現れます。

その人物は自ら桓騎軍の大軍師と名乗ってる摩論でした。

 

キングダム675話ネタバレ|桓騎の伝令、影丘を突破せよ

桓騎軍の軍師摩論が現れ、王賁に桓騎の作戦、伝令を伝えます。

それはシンプル且つ難題でした。

王賁軍で影丘を突破せよとの事でした。

玉鳳隊の関常はこの影丘は非常に危険で攻めるべきでないと言います。

この命令に対して王賁も反論をします。 桓騎軍本軍を援軍に出せと。

桓騎の命令は桓騎軍左翼と玉鳳隊で影丘を突破しろと言います。

何故こんな危険事を桓騎は王賁にやらせるのでしょうか?

それはやはり、なんだかんだ、王賁の武力、そして突破力に関しては信じてるからでしょう。

そして、影丘を突破した、玉鳳隊と桓騎軍本軍で挟撃するとの事でした。

 

キングダム675話ネタバレ|王賁将軍が反論‼︎

王賁は摩論に桓騎軍本軍を援軍に呼べと言います。

この軍配備に明らかな差別があると納得しない王賁。

しかし摩論は冷静に王賁に切り返します。

差別をしてるのは玉鳳隊だと、これが王翦将軍の命令なら無理難題だとしても大人しく従いやり遂げるだろうと。

王賁もこの摩論の切り返しには思わず口をつぐみます。

王翦の自分の隊を思って反論しますが、この摩論の言い分に受け止めるしか出来ませんでした。

 

キングダム675話ネタバレ|桓騎に進言する摩論

摩論は桓騎軍に戻り、影丘の状況を伝えます。

場合によっては玉鳳隊は影丘を突破出来ないかも知れない、そしてそれに合わせて前線が上がりすぎてるから、少し後退した方が良いのでは?と進言します。

桓騎は「かも知れない」と一言。

しかし後退はしない様子です。

扈輒軍は平陽と武城の間に15万もの大軍で陣取っています。

これは楊端和軍、桓騎軍にどちらにも対応出来るような配置です。

その扈輒軍が動き出し、桓騎軍を攻めに大軍が動き出しました。

摩論も含めこれは後退せざる得ないと思った戦局ですが、桓騎は違いました。

桓騎は言います、「前進」と。

ここで桓騎は対局を見て勝利を見据えてまっすぐ眼差しで趙国軍を睨んでます。

ここでキングダム675話は終了となります。

 

キングダム675話ネタバレまとめ

前話キングダム674話では、李信軍の羌瘣の完全復活が描かれてました。

羌礼との仲睦まじい様子も描かれてました。

そして李信の同期でライバルの王賁が結婚し子供も授かったと蒙恬より話もありました。

そんな王賁ですが、趙国戦の前線で死地とも言われてる、影丘で戦ってると話が入りました。

そして最新話確定速報としてキングダム675話を紹介してきました。

キングダム675話では、その王賁軍に桓騎軍の軍師摩論が現れ、桓騎の作戦伝令を伝えました。

玉鳳隊も流石にこの軍配備に対して、桓騎将軍への不満を漏らしますが、摩論は桓騎将軍出なく王翦将軍の命令なら素直に従ってるのではと言います。

そして趙国軍の扈輒将軍と共に15万の大軍が桓騎軍の元に進軍を始めました。

摩論は後退すべくではと言いますが、桓騎将軍は敢えてここで、前進命令を出しました。

桓騎将軍は決して無策で戦う人ではないです。

この前進、王賁軍の影丘攻めにもきっと意味があるのでしょう。

今後のキングダムも目が離せませんね。

以上「【キングダム675話ネタバレ】王賁へ桓騎大将軍の命令」と題しお届けしました。

>>今すぐ無料でキングダム最新刊を読む方法<<


POSTED COMMENT

  1. 陸仙は? より:

    影丘の戦、番陽ジジイが心配。
    信との口喧嘩、何気にほのぼのして好きなんだけどお互い理解してきた所
    ちょっと嫌な予感がします。

  2. より:

    カイ姉は、前髪を切っただけでは?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。