進撃の巨人

【進撃の巨人ネタバレ133話最新話確定速報】ファルコの力を使いアニがアルミンのピンチに駆けつける?

【進撃の巨人本誌ネタバレ133話最新話速報】ファルコの力を使いアニがアルミンのピンチに駆けつける?
Pocket
LINEで送る

2020年10月9日(金)発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌133話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

進撃の巨人の前話132話では、一行を乗せた船はオディハに到着。

ようやく準備を終え、離陸まであと少しと迫った中、死んだと思われたフロックが襲い掛かってきたのです。

フロックによって傷つけられた燃料タンクを補修する間に、超大型巨人が到達。

何としてでも飛行艇を出発させたいハンジは、時間を稼ぐために超大型巨人に単独で挑み、その命を落としてしまいました。

今回は「【進撃の巨人本誌ネタバレ133話最新話確定速報】ファルコの力を使いアニがアルミンのピンチに駆けつける?」と題し紹介していきます。

現在進撃の巨人は133話となっていますが、これまでの進撃の巨人の話を読み返したいと思われる場合は、進撃の巨人の単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに進撃の巨人を無料で読むことができます。

更には2020年秋に進撃の巨人アニメFinalSeasonも始まりますので、アニメも一緒にイッキ見してみませんか?

今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

進撃の巨人ネタバレ133話最新話考察

進撃の巨人前話132話では、エレンのもとへ向かうチームと船に残るチームに分かれ、アニとアルミンが離ればなれになってしまいました。

さらに、フロックとハンジが命を落とすなど、衝撃の展開が…。

ここからどんな展開が待っているのでしょうか?

進撃の巨人の考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

進撃の巨人ネタバレ133話最新話考察|ファルコの巨人の力でエレンのもとへ行く?

今回、エレンのところへ向かうチームと、ヒィズルの船に残るチームに分かれてしまいました。

船に残るのはアニ、ガビ、ファルコの3人。

しかし、ガビとファルコはピークによって部屋に閉じ込められたので、強制的に置いてけぼりにされた状態。

そんな状態にあのガビとファルコが納得するとは思えません。

さらに、巨人の力を継承したにも関わらず、ファルコの力が発揮されるシーンはほとんどありませんでした。

空を飛ぶ力を持っていると予想されますが、これに関して詳細は不明。

そのため、ファルコが巨人の力を使ってエレンのもとへ向かう展開が来るのではないでしょうか。

 

進撃の巨人ネタバレ133話最新話考察|アニがアルミンのピンチに駆けつける?

お互いの気持ちに気付いたアルミンとアニですが、最終決戦を前に離ればなれになってしまいました。

ですが、ファルコが飛行能力を有していることから、あとからアニがアルミンたちに合流するのは可能。

しかし、葛藤を抱えたアニがすぐにアルミンと合流する展開は考えられません。

アルミンたちがエレンのもとに到着し、何かしらの危機が迫ったタイミングでアニが登場、という展開がありそうです。

そうでもしないと、ここでアルミンとアニを引き離した理由がわからないからです。

104期生であるアニも最終的にはアルミンたちと合流し、共に戦う展開が待っていそうですね。

 

進撃の巨人ネタバレ133話最新話考察|ヒストリア出産か?

進撃の巨人130話で描かれたエレンの回想に登場したヒストリアですが、それ以外では全く姿を見せていません。

回想シーンではエレンに子供を作ることを提案していましたが、果たして子供の父親はエレンなのでしょうか?

進撃の巨人130話の回想シーンで、ジークにアッカーマンのことを聞くエレン。

そのシーンに交じって、ヒストリアとの回想も描かれましたよね。

これは、ミカサの好意を否定し、ヒストリアと子供を作る罪悪感を無くしているのではないでしょうか。

ミカサが自分のことを好きだと知った上で、ヒストリアと子供を作るのはあまりにも残酷。

そのため、エレンはミカサの恋心を否定して、その上でヒストリアと子供を作っていた可能性も…。

まだヒストリアの出産は描かれていませんが、107話のように少しだけヒストリアの姿が描かれるかもしれませんね。

 

進撃の巨人ネタバレ133話最新話考察|アルミンが座標へ行けた理由

進撃の巨人131話では、座標にいる幼いエレンの前に現在のアルミンがいきなり現れました。

そもそも、座標に行くのは簡単なことではなく、フリッツ王家の血をひき、始祖の巨人を継承したものがその力を行使する時に来る場所です。

以前、この条件に該当しないものが座標へ現れたのを覚えていますか?

そう、エレンがユミルの民に向けて地鳴らしを行うと宣言した時です。

あの時、条件に該当していないアルミンとミカサが座標にたどり着いていたのです。

これが何を意味するのかというと、エレンが望みさえすれば、条件に該当しないものでも座標へ行くことができるということ。

そして今回の進撃の巨人131話では、エレンがアルミンにもこの景色を見せたいと願ったのが原因で、アルミンは座標へとたどり着けたのではないでしょうか。

頭のいいアルミンはなぜ自分があの場所へ行けたのか考え、エレンが望めば座標へ行ける、という答えにたどり着くのではないでしょうか。

エレンとの最終決戦の場は座標となりそうですね。

 

進撃の巨人ネタバレ133話最新話考察|ミカサを遠ざけるため?

時折ミカサに現れる、突発性の頭痛。

今回の進撃の巨人で、この頭痛はアッカーマン特有のものではないことが判明しました。

以前エレンが言っていたアッカーマンの特性で、正しいのは以下の4つ。

  • 長い歴史の中で出来た偶然の産物
  • 人のまま巨人の力を引きだせる
  • 条件が揃うと(極限状態になると)高い身体能力を発揮する
  • 過去のアッカーマン一族の戦闘経験が得られる

以上の4点をミカサに伝えつつ、「宿主を認識すると修正が発動する」という嘘を織り交ぜて話していたのです。

つまり、「ミカサがエレンに執着するのはアッカーマンの習性によるもの」こそが全くの嘘。

では、なぜエレンはミカサに嘘をついたのでしょうか。

それは、大切なミカサを守るため。

エレンは、自分のためにどんな危険なこともやってのけるミカサを、この戦いから遠ざけたかったのではないでしょうか。

 

進撃の巨人ネタバレ133話最新話考察|ファルコは空を飛ぶ能力を持っている?

巨人化したファルコですが、その姿はこれまでの顎の巨人と似て非なる不思議な姿をしていました。

一番の特徴は、体中に生えたふわふわの体毛と、鳥のような手(足?)。

また、鼻から下は嘴のような部分に覆われています。

本来、顎の巨人の力だけを継承すれば、このような姿にはならないはず。

となると、獣の巨人であるジークの脊髄液を取り込んでいることが大きく作用しているのではないでしょうか。

もしそうだとすれば、進撃の巨人23巻の1ページのファルコの言葉と93話での元帥の言葉は伏線だったという可能性が…。

また、進撃の巨人130話では空を飛ぶ鳥が印象的に描かれており、こちらも鳥=ファルコの能力を示唆しているのかもしれません。

ハンジたちの間では飛行船を整備して使うという計画になっていますが、ファルコが飛行能力を持っているなら話が変わってきますね。

 

進撃の巨人ネタバレ133話最新話考察|感想・予想ネタバレツイート

以下が進撃の巨人132話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

進撃の巨人ネタバレ133話最新話確定速報

進撃の巨人最新話133話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回進撃の巨人掲載のマガジン発売日の週の火曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

進撃の巨人ネタバレ133話最新話確定速報まとめ

進撃の巨人本誌の前話132話では、ついに一行はオディハに到着。

飛行艇の準備を終え、最終チェックをする中、死んだと思われたフロックが襲い掛かってきました。

フロックに破壊された燃料タンクを補修する中、超大型巨人がオディハに到達し、巨人から飛行艇を守るためにハンジが命を落としてしまいました。

アルミンたちは無事エレンのもとへたどり着けるのでしょうか?

また、この先進撃の巨人はハッピーエンドは待っているのでしょうか?

進撃の巨人133話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「【進撃の巨人ネタバレ133話最新話本誌確定速報】ファルコの力を使いアニがアルミンのピンチに駆けつける?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る