進撃の巨人

【進撃の巨人135話最新話ネタバレ確定速報】リヴァイがジークと相打ちになり死亡?

【進撃の巨人本誌ネタバレ135話最新話確定速報】リヴァイがジークと相打ちになり死亡?
Pocket
LINEで送る

2020年12月9日(水)発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌135話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

進撃の巨人の前話134話では、遂にヒストリアが出産を迎えました。

喜ばしい出来事の裏で、世界の人々は地鳴らしによって踏みならされていきます。

ある土地の人々は巨人から逃げまどい、ある土地では巨人に祈りを捧げる人々の姿が描かれました。

また、飛行船を求めてスラトア要塞にやってきたアニの父やライナーの母ですが、すでに飛行船は一台も残っていませんでした。

飛行船部隊は大量の爆弾を抱えて始祖の巨人に向かいますが、突如現れた獣の巨人によって全滅してしまいます。

そこへアルミンたちを乗せた飛行船が到着し、地鳴らしを止めるべくそれぞれが出来る最善を尽くすのでした。

ここから進撃の巨人の話はどうなってしまうのでしょうか?

今回は「【進撃の巨人本誌ネタバレ135話最新話確定速報】リヴァイがジークと相打ちになり死亡?」と題し紹介していきます。

現在進撃の巨人は135話となっていますが、これまでの進撃の巨人の話を読み返したいと思われる場合は、進撃の巨人の単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに進撃の巨人を無料で読むことができます。

更には2020年秋に進撃の巨人アニメFinalSeasonも始まりますので、アニメも一緒にイッキ見してみませんか?

今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察

進撃の巨人前話134話では、遂にヒストリアが出産を迎えました。

涙を流している様子から無事子供は生まれたようですが、セリフは一言もなく…。

一方、世界各国で巨人が出現し、大地が踏みならされていきます。

アルミンたちは無事スラトア要塞に到着し、遂に始祖の巨人まであと一歩というところ。

ここから進撃の巨人にどんな展開が待っているのでしょうか?

進撃の巨人の考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|リヴァイがジークと相打ちになり死亡?

遂に獣の巨人を見つけた一行。

完全復活していないリヴァイも飛行船から飛び降り、それぞれ今自分が出来ることの最善を尽くそうとしています。

しかし、ここでリヴァイが命を落としそうな気がしてなりません。

というのも、リヴァイにはまだ獣の巨人、つまり、ジークを倒すという役割が残っているのです。

そのため、リヴァイが獣の巨人にとどめを刺すことは間違いありませんが、相打ちとなって死亡する可能性が…。

恐らく座標でエレンを説得するのはアルミンやミカサでしょうし、獣の巨人を倒したリヴァイは役割を果たしたことになるので、命を落とす展開が待っていそうですね。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|獣の巨人は戦鎚の巨人の能力で作られた偽物?

エレンが食べた戦鎚の巨人の能力は、地面から自在に硬質化を操り武器でもなんでも生み出すことが出来ます。

もちろんその能力を持ったエレンは、どこに幽閉されたとしても好きな時に自由に出現することが可能。

これらのことから考えると、今目の前にいる骨だけの始祖の巨人の内部にエレンとジークはいないのではないでしょうか。

また、始祖の巨人から獣の巨人が出てきたのも、エレンが獣の巨人を創り出したとも考えられます。

単にジークがエレンに操られている可能性もありますが、もしかしたらこの獣の巨人はエレンが作り出した偽物かもしれませんね。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|ヒストリアの子の父親はだれ?

遂に出産を迎えたヒストリア。

部屋の中には祈るポーズをした男性の姿が描かれ、この男性が子供の父親なのではないかと噂されています。

たしかに、107話で登場したヒストリアを気遣う男性と服装が一致していますよね。

一部では「ヒストリアの子の父親はエレンなのでは?」という考察もありますが、このシーンから、部屋にいる男性が子供の父親とみて間違いないでしょう。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|ジークを倒すためリヴァイの指が再生?

進撃の巨人132話で、指が2本もあれば十分だと言っていたリヴァイ。

もちろん134話の冒頭でも、指のない右手を庇っている姿が描かれました。

しかし、座標でのエレンとの対話から戻ると、指が生えているような…?

作戦会議をしている際は、腕組みをしていたので指がはっきり見えませんが、座標から戻ったリヴァイの右指は、しっかり5本あるように見えます。

もしかして座標に行った際、指が再生されたのでしょうか?

ジークが雷槍の信管を引いて自爆した際、知らない少女が土をこねて体を創り出してくれたと言います。

そして、座標へ行った時のリヴァイは、一人だけ不自然にその場に座っていますよね。

この時、砂で指を作っていたとも考えられます。

まだ作画ミスという可能性も捨てきれませんが、リヴァイを殺すために指が再生したのかもしれませんね。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|スラトア要塞でアニ親子が再会?

自分の巨人の力で飛行船を追いかけようと提案したファルコ。

進撃の巨人134話の時点ではアニはこの提案に乗っていませんが、後悔しないためにも、ファルコたちと共に飛行船を追いかける展開になると思います。

アルミンたちの乗る飛行船の行き先は、スラトア要塞。

そこにはアニの父親やライナーの母親の向かっていますよね。

もしかしたらスラトア要塞でアニ親子が感動の再会を果たすかもしれません。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|ファルコの巨人の力でエレンのもとへ行く?

今回、エレンのところへ向かうチームと、ヒィズルの船に残るチームに分かれてしまいました。

船に残るのはアニ、ガビ、ファルコの3人。

しかし、ガビとファルコはピークによって部屋に閉じ込められたので、強制的に置いてけぼりにされた状態。

そんな状態にあのガビとファルコが納得するとは思えません。

さらに、巨人の力を継承したにも関わらず、ファルコの力が発揮されるシーンはほとんどありませんでした。

空を飛ぶ力を持っていると予想されますが、これに関して詳細は不明。

そのため、ファルコが巨人の力を使ってエレンのもとへ向かう展開が来るのではないでしょうか。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|アニがアルミンのピンチに駆けつける?

お互いの気持ちに気付いたアルミンとアニですが、最終決戦を前に離ればなれになってしまいました。

ですが、ファルコが飛行能力を有していることから、あとからアニがアルミンたちに合流するのは可能。

しかし、葛藤を抱えたアニがすぐにアルミンと合流する展開は考えられません。

アルミンたちがエレンのもとに到着し、何かしらの危機が迫ったタイミングでアニが登場、という展開がありそうです。

そうでもしないと、ここでアルミンとアニを引き離した理由がわからないからです。

104期生であるアニも最終的にはアルミンたちと合流し、共に戦う展開が待っていそうですね。

 

広告

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|アルミンが座標へ行けた理由

進撃の巨人131話では、座標にいる幼いエレンの前に現在のアルミンがいきなり現れました。

そもそも、座標に行くのは簡単なことではなく、フリッツ王家の血をひき、始祖の巨人を継承したものがその力を行使する時に来る場所です。

以前、この条件に該当しないものが座標へ現れたのを覚えていますか?

そう、エレンがユミルの民に向けて地鳴らしを行うと宣言した時です。

あの時、条件に該当していないアルミンとミカサが座標にたどり着いていたのです。

これが何を意味するのかというと、エレンが望みさえすれば、条件に該当しないものでも座標へ行くことができるということ。

そして今回の進撃の巨人131話では、エレンがアルミンにもこの景色を見せたいと願ったのが原因で、アルミンは座標へとたどり着けたのではないでしょうか。

頭のいいアルミンはなぜ自分があの場所へ行けたのか考え、エレンが望めば座標へ行ける、という答えにたどり着くのではないでしょうか。

エレンとの最終決戦の場は座標となりそうですね。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|ミカサを遠ざけるため?

時折ミカサに現れる、突発性の頭痛。

今回の進撃の巨人で、この頭痛はアッカーマン特有のものではないことが判明しました。

以前エレンが言っていたアッカーマンの特性で、正しいのは以下の4つ。

  • 長い歴史の中で出来た偶然の産物
  • 人のまま巨人の力を引きだせる
  • 条件が揃うと(極限状態になると)高い身体能力を発揮する
  • 過去のアッカーマン一族の戦闘経験が得られる

以上の4点をミカサに伝えつつ、「宿主を認識すると修正が発動する」という嘘を織り交ぜて話していたのです。

つまり、「ミカサがエレンに執着するのはアッカーマンの習性によるもの」こそが全くの嘘。

では、なぜエレンはミカサに嘘をついたのでしょうか。

それは、大切なミカサを守るため。

エレンは、自分のためにどんな危険なこともやってのけるミカサを、この戦いから遠ざけたかったのではないでしょうか。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|ミカサがマフラーをまかない理由は?

進撃の巨人134話で、ミカサがマフラーを持っていることが判明しました。

しかし、持っているけど今は巻かない、とのこと。

どうして巻きもしないマフラーを持ち続けているのでしょう。

進撃の巨人12巻に収録されている50話で、ミカサが「マフラーを巻いてくれてありがとう」と感謝するシーンがありました。

これに対し、「そんなもの何度でも巻いてやる」と答えたエレン。

このやり取りからもわかるように、2人の間でマフラーは重要な役割を担っています。

そして進撃の巨人134話での、「今は巻いてない」というミカサの発言。

「今は」の後に少し間があるのが気になりますね。

恐らくミカサは、もう一度エレンにマフラーを巻いてもらいたいのではないでしょうか。

エレンから拒絶されたミカサは、その言葉を信じることが出来ず、マフラーを巻けなくなってしまった。

そのため、もう一度エレンにマフラーを巻いてもらうことで、エレンに受け入れてもらう。

そんな希望を込めて、今はマフラーを巻いていないのかもしれませんね。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察アルミンのアニへの想いはベルトルトに影響された?

ついにお互いの想いを通わせたアルミンとアニ。

しかし、アルミンのアニに対する気持ちは、果たして本物なのでしょうか?

ベルトルトの超大型巨人を引き継いだアルミン。

しかし、ベルトルトはアニに想いを寄せていましたよね。

ベルトルトの巨人の力を引き継いだアルミンは、ベルトルトがアニへ向けていた想いまで引き継いでしまったのではないでしょうか。

アルミンは硬化したアニにずっと語りかけてきましたが、これは超大型巨人を引き継いだ後から始まったようです。

さらに、エレンからも「お前の脳はベルトルトにやられた」と言われるほど。

今後はアルミンが、ベルトルトではなく、全て自分の意思であると示すような展開があるのではないでしょうか。

 

広告

進撃の巨人135話最新話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下が進撃の巨人134話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

進撃の巨人135話最新話ネタバレ確定速報

進撃の巨人最新話135話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回進撃の巨人掲載の別冊少年マガジン発売日の2~3日前確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

進撃の巨人135話最新話ネタバレ確定速報まとめ

進撃の巨人本誌の前話134話では、遂にヒストリアが出産。

新しい命が誕生する一方で、世界中の人々は巨人に踏みならされていました。

マーレ大陸だけでなく、世界各国に同時に出現した巨人たち。

ある場所では人々が巨人から逃げまどう姿が、またある場所では巨人に向かって祈りを捧げる人々の姿が描かれました。

また、スラトア要塞では飛行船部隊が巨人たちに攻撃を始めますが、突如現れた獣の巨人によって全滅してしまいます。

そこへアルミンたちを乗せた飛行船が到着。

地鳴らしを止めるべく獣の巨人に挑みますが、ここからどうなってしまうのでしょうか?

次回の進撃の巨人の展開も気になりますね。

進撃の巨人135話の内容がわかり次第、進撃の巨人確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上「【進撃の巨人本誌ネタバレ135話最新話確定速報】リヴァイがジークと相打ちになり死亡?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る