進撃の巨人

【進撃の巨人ネタバレ137話最新話確定速報】ユミルがアルミンを座標へ呼んだ?

【進撃の巨人ネタバレ137話最新話確定速報】ユミルがアルミンを座標へ呼んだ?
Pocket
LINEで送る

2021年2月9日(火)発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌137話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

進撃の巨人の前話136話では、リヴァイからアルミン、ピーク、両方を助ける作戦が提案されました。

その結果、エレンを助けることはほぼ不可能となり、ミカサは絶望してしまいます。

ジャンとライナーがピークの救出に、コニー、アニ、ミカサがアルミンの救出へ向かう中、リヴァイはジークを探していました。

自分たちが夢見た巨人のいない世界はもっといいものだと思っていましたが、このままでは人類虐殺のために心臓を捧げたことに変わりないと、もう一度手に力を入れます。

一方、巨人に飲み込まれたアルミンは、座標でジークと遭遇。

対話を試みますが、ここから進撃の巨人の話はどうなってしまうのでしょうか?

今回は「【進撃の巨人ネタバレ137話最新話確定速報】ユミルがアルミンを座標へ呼んだ?」と題し紹介していきます。

進撃の巨人最終回のネタバレ考察!情熱大陸最終コマの赤ん坊はエレンとミカサの子?
進撃の巨人最終回考察!情熱大陸最終コマの赤ん坊はエレンとミカサの子?https://youtu.be/9D0dtlqe3p8 連載が始まってから約10年がたち、そろそろ最終回を迎えそうな『進撃の巨人...

現在進撃の巨人は137話となっていますが、もうすぐ最終回との情報もあり、これまでの進撃の巨人の話を読み返したいですよね?

そんな時は進撃の巨人の単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

そこでおすすめなのがU-NEXTというサイトです。

U-NEXTは現在31日間無料トライアルキャンペーンを実施していて、登録するだけで漫画を1冊分を無料で読めてしまう、ポイントがもらえます。

さらには漫画だけでなく進撃の巨人のアニメも無料で見ます!

12月からは進撃の巨人アニメ4期「The Final Season」も始まるので、これまでのアニメをこの機会に見返してみるのもいいかもしれませんね。

もし継続したくないと思っても、31日間の間に解約してしまえば、無料で利用することが出来ます。

試しに無料期間内に解約したことがありますが、1円もかかることなく31日間利用できました!

ですので、完全無料で進撃の巨人の最新刊を読むことができ、アニメまで見れてしまいます。

コロナの影響で会員数も増えて、このキャンペーンがいつ終わってしまうかわかりませんので、今のうちに試してみませんか?

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなく進撃の巨人をすぐに無料で読むことができます。

今すぐ進撃の巨人を読み直したいと思ったら、下のリンク先でおすすめのサイトを紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

\進撃の巨人アニメも無料でイッキ見!/

>>進撃の巨人最新刊についてはこちら<<

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察

進撃の巨人前話136話では、ジャンとライナーがピークの救出へ、コニー、アニ、ミカサはアルミンの救出へ向かいました。

ファルコの背に残ったリヴァイはジークの姿を探し、エルヴィンの最後の命令を完遂しようと再び立ち上がります。

一方、巨人に飲み込まれたアルミンは、座標でジークと遭遇していました。

ジークの前に移動して対話を試みますが、ここから進撃の巨人にどんな展開が待っているのでしょうか?

進撃の巨人の考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|アルミンはユミルにとって必要な人物?

136話で座標へたどり着いたアルミン。

本来座標へは、始祖の巨人の継承者とユミルが求めたものしか来ることが出来ません。

その証拠に、133話でエレンがアルミンたちに「話し合いは必要ないと話すため」に104期生たちを座標へ招いていましたよね。

そしてハンジの予想通り、エレンはジークの王家の血を利用するためにここへ拘束しています。

そう考えると、アルミンが生きて座標へたどりついたということは、エレンかユミルがアルミンを求めたのではないでしょうか?

しかし、エレンはアルミンたちと話し合う必要はないとはっきり宣言していました。

そしてアルミンが巨人に飲み込まれる際、ユミルの姿を確認しています。

つまり、アルミンをここへ呼んだのはユミルのはず。

137話では、ユミルがアルミンを求めた理由が明かされるのではないでしょうか?

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|起爆スイッチを押すのは誰?

エレンを殺すという苦渋の決断を下した104期生。

では、誰が起爆スイッチを押すのでしょうか?

当初、エレンにトドメを刺すのはミカサだと思っていました。

しかし、ミカサはアルミンの救出へ向かっているので、ここで起爆スイッチを押すとは考えにくいですよね。

前にエレンの首を撃ち落としたことがあるガビという可能性もありますが、2度もガビがエレンを仕留めるのも難しそう。

そもそもライフル銃で巨人の首を吹っ飛ばせるとは思いませんし…。

もしかして、座標にいるアルミンが再度エレンの説得を試みるのでしょうか?

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|ミュラー長官はアニの父を殺していない?

104期生がエレン討伐に向けて動く中、地上ではエルディア人とマーレ兵が衝突。

ミュラー長官が前に出た直後、銃声が鳴り響きましたが、アニの父は無事なのでしょうか?

134話でミュラー長官は、「憎しみ合う時代と決別し、二度と同じ過ちは犯さない」と誓っていました。

もしここでミュラー長官がアニの父親を撃っていたら、またしてもお互いを憎しみ合うことになってしまいます。

アニの父の生死は描かれませんでしたが、恐らくミュラー長官によって生かされているでしょう。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|始祖ユミルが豚を逃がした理由

今回の最新話で、豚を逃がした真犯人が始祖ユミルであることが判明しました。

これまで冤罪と思われてきましたが、始祖ユミルが逃がしていたんですね。

恐らく始祖ユミルは、自分が奴隷として扱われる中、家畜である豚すらも従属する状態が耐えられなかったのではないでしょうか。

そんな始祖ユミルが人類に絶望し、エレンの人類大虐殺に手を貸さないわけがありません。

また、アルミンも言っていましたが、今のエレンは始祖ユミルの意思に従っているだけとも見れます。

果たしてエレンのやっていることは、本当にエレン本人の意思なのでしょうか?

それとも、人類への反逆へ出た始祖ユミルの意思によるものなのでしょうか?

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|アニメと連載が連動?

延期されていた進撃の巨人TheFinalseasonの放送が始まりました。

先日第1話が放送されたばかりですが、その中で、原作ではなかったセリフが登場したのです。

上記の画像でも分かるように、ファルコの「剣を持って飛び回っていた」という発言ですね。

ファルコはマーレのエルディア人戦士隊なので、剣を持って戦うシーンはありませんでした。

さらにひっかかるのが、「飛び回っていた」という部分ですね。

剣を持って飛び回る、まさに立体起動装置で巨人を討伐する調査兵団の姿と酷似しています。

では、なぜファルコはそんなことを言い出したのでしょうか?

進撃の巨人の本誌では、今まさにファルコが鳥型巨人へと変身してエレンのもとへやってきました。

このままファルコが立体起動装置を使って、エレン討伐へと動き出す伏線なのでしょうか?

それとも、ファルコが進撃の巨人を継承するという、全く予想できなかった展開への伏線なのでしょうか?

原作でも描かれなかったセリフなので、アニメオリジナルのこのシーンが、今後どんな展開をもたらすのか非常に楽しみです。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|スラトア要塞でアニ親子が再会?

気を失ったオニャンコポンに、娘の安否を確かめるアニの父親。

その一方で、ライナーの母は息子がやられたと勘違いし、その場に泣き崩れていました。

しかし、ライナーはジャンによって助けられたのでまだ生きていますし、アニだってピンピンしています。

今後エレンとの戦いがどのように終わりを迎えるかはわかりませんが、アニとライナーの巨人化は避けられないはず。

激戦を潜り抜け、無事、親と再会を果たしてほしいですね。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|リヴァイがジークと相打ちになり死亡?

遂に獣の巨人を見つけた一行。

完全復活していないリヴァイも飛行船から飛び降り、それぞれ今自分が出来ることの最善を尽くそうとしています。

しかし、ここでリヴァイが命を落としそうな気がしてなりません。

というのも、リヴァイにはまだ獣の巨人、つまり、ジークを倒すという役割が残っているのです。

そのため、リヴァイが獣の巨人にとどめを刺すことは間違いありませんが、相打ちとなって死亡する可能性が…。

恐らく座標でエレンを説得するのはアルミンやミカサでしょうし、獣の巨人を倒したリヴァイは役割を果たしたことになるので、命を落とす展開が待っていそうですね。

 

広告

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|ヒストリアの子の父親はだれ?

遂に出産を迎えたヒストリア。

部屋の中には祈るポーズをした男性の姿が描かれ、この男性が子供の父親なのではないかと噂されています。

たしかに、107話で登場したヒストリアを気遣う男性と服装が一致していますよね。

一部では「ヒストリアの子の父親はエレンなのでは?」という考察もありますが、このシーンから、部屋にいる男性が子供の父親とみて間違いないでしょう。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|ジークを倒すためリヴァイの指が再生?

進撃の巨人132話で、指が2本もあれば十分だと言っていたリヴァイ。

もちろん133話の冒頭でも、指のない右手を庇っている姿が描かれました。

しかし、座標でのエレンとの対話から戻ると、指が生えているような…?

作戦会議をしている際は、腕組みをしていたので指がはっきり見えませんが、座標から戻ったリヴァイの右指は、しっかり5本あるように見えます。

もしかして座標に行った際、指が再生されたのでしょうか?

ジークが雷槍の信管を引いて自爆した際、知らない少女が土をこねて体を創り出してくれたと言います。

そして、座標へ行った時のリヴァイは、一人だけ不自然にその場に座っていますよね。

この時、砂で指を作っていたとも考えられます。

まだ作画ミスという可能性も捨てきれませんが、リヴァイを殺すために指が再生したのかもしれませんね。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|アルミンが座標へ行けた理由

進撃の巨人131話では、座標にいる幼いエレンの前に現在のアルミンがいきなり現れました。

そもそも、座標に行くのは簡単なことではなく、フリッツ王家の血をひき、始祖の巨人を継承したものがその力を行使する時に来る場所です。

以前、この条件に該当しないものが座標へ現れたのを覚えていますか?

そう、エレンがユミルの民に向けて地鳴らしを行うと宣言した時です。

あの時、条件に該当していないアルミンとミカサが座標にたどり着いていたのです。

これが何を意味するのかというと、エレンが望みさえすれば、条件に該当しないものでも座標へ行くことができるということ。

そして今回の進撃の巨人131話では、エレンがアルミンにもこの景色を見せたいと願ったのが原因で、アルミンは座標へとたどり着けたのではないでしょうか。

頭のいいアルミンはなぜ自分があの場所へ行けたのか考え、エレンが望めば座標へ行ける、という答えにたどり着くのではないでしょうか。

エレンとの最終決戦の場は座標となりそうですね。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|ミカサを遠ざけるため?

時折ミカサに現れる、突発性の頭痛。

今回の進撃の巨人で、この頭痛はアッカーマン特有のものではないことが判明しました。

以前エレンが言っていたアッカーマンの特性で、正しいのは以下の4つ。

  • 長い歴史の中で出来た偶然の産物
  • 人のまま巨人の力を引きだせる
  • 条件が揃うと(極限状態になると)高い身体能力を発揮する
  • 過去のアッカーマン一族の戦闘経験が得られる

以上の4点をミカサに伝えつつ、「宿主を認識すると修正が発動する」という嘘を織り交ぜて話していたのです。

つまり、「ミカサがエレンに執着するのはアッカーマンの習性によるもの」こそが全くの嘘。

では、なぜエレンはミカサに嘘をついたのでしょうか。

それは、大切なミカサを守るため。

エレンは、自分のためにどんな危険なこともやってのけるミカサを、この戦いから遠ざけたかったのではないでしょうか。

 

広告

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|ミカサがマフラーをまかない理由は?

ミカサがマフラーを持っていることが判明しました。

しかし、持っているけど今は巻かない、とのこと。

どうして巻きもしないマフラーを持ち続けているのでしょう。

進撃の巨人12巻に収録されている50話で、ミカサが「マフラーを巻いてくれてありがとう」と感謝するシーンがありました。

これに対し、「そんなもの何度でも巻いてやる」と答えたエレン。

このやり取りからもわかるように、2人の間でマフラーは重要な役割を担っています。

そして「今は巻いてない」というミカサの発言。

「今は」の後に少し間があるのが気になりますね。

恐らくミカサは、もう一度エレンにマフラーを巻いてもらいたいのではないでしょうか。

エレンから拒絶されたミカサは、その言葉を信じることが出来ず、マフラーを巻けなくなってしまった。

そのため、もう一度エレンにマフラーを巻いてもらうことで、エレンに受け入れてもらう。

そんな希望を込めて、今はマフラーを巻いていないのかもしれませんね。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話考察|感想・予想ネタバレツイート

以下が進撃の巨人136話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話確定速報

進撃の巨人最新話137話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回進撃の巨人掲載のマガジン発売日前に確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

進撃の巨人ネタバレ137話最新話確定速報まとめ

進撃の巨人本誌の前話136話では、アルミンとピークを救出しながら、起爆スイッチを作動してエレンを殺すことが決定しました。

起爆スイッチを押すためにジャンとライナーが、アルミンの救出にはコニー、アニ、ミカサが、残されたリヴァイはファルコの背からジークを捜索。

一方、巨人に飲み込まれたアルミンは座標でジークと遭遇。

試しにジークに話しかけますが、ここからどうなってしまうのでしょうか?

進撃の巨人137話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

今後の進撃の巨人の展開も気になりますね。

以上「【進撃の巨人ネタバレ137話最新話確定速報】ユミルがアルミンを座標へ呼んだ?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る