五等分の花嫁

【五等分の花嫁ネタバレ118話最新話確定速報】五月の風太郎への想いが動き出す?

Pocket
LINEで送る

2020年1月22日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の五等分の花嫁本誌118話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

五等分の花嫁117話では、五月は四葉と風太郎のことを祝福したいと願いつつも、自身の風太郎へのモヤモヤとする気持ちの正体が何なのか、悩み始めます。

そして四葉は二乃を食堂に呼び出し、改めて話したいことがあるようです。

また、風太郎も五月に言いたいことがあるようです。

4人が偶然にも食堂に集まりますが、それぞれの想いはすれ違い…。

二乃は去って行ってしまします。

五月と風太郎は2人で二乃を探し、とある暗い教室に入ります。

すると暗い部屋に突然ネズミが現れ、驚いた五月は風太郎を押し倒してしまいます。

赤面する五月、そして感じるモヤモヤとした気持ち。

そこに四葉と二乃が現れます。

五月と風太郎は見つからないように物陰に隠れ、2人の様子を見守るのでした。

今回は「【五等分の花嫁本誌ネタバレ118話最新話確定速報】五月の風太郎への想いが動き出す?」と題し紹介していきます。

 

五等分の花嫁最新話118話ネタバレ最新話考察

前話で五月と風太郎は二乃を探して暗い教室に入ります。

そこでトラブルで五月は風太郎を押し倒してしまいます。

するとそこに四葉と二乃が現れて・・・。

と言った内容でしたがでしたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

四葉が二乃に話したい事とは?

四葉が二乃を食堂に誘い、なにか話したいようです。

四葉は二乃になにを語るのでしょか。

115話にて四葉は二乃に謝罪をしますが受け入れてもらえず、姉妹の縁を切るとまで言われてしまっています。

前回四葉は二乃の気持ちを考えていなかったと反省しているので、ここでの四葉の話したい事とは単なる謝罪ではなく、別のことでしょう。

ここまで二乃が四葉に強く当たるのは、二乃にはなぜ風太郎が四葉を選んだのか、そして四葉の本心をまだ知らず、納得できていないからだと思われます。

ここで四葉が語るのは、「京都の女の子」としての話ではないでしょうか。

6年前の小学校の修学旅行で、四葉は風太郎と会っており、その時からずっと風太郎のことを想い続けていた。

四葉が二乃に本心をぶつけなければならない時が来たと思います。

風太郎への想いを二乃に告げる展開があると思います。

 

二乃は四葉に何を想うのか?

四葉に京都の女の子のことを告げられたとしても、二乃が簡単に納得するとは考えにくいです。

三玖と同じように、自分の気持ちを四葉にぶつけるでしょう。

そうなると、二乃の思いはどうなるのか。

たとえ京都の子が四葉であり、風太郎と今の学校で出会えたのも四葉のおかげという事実があったとしても、二乃の性格を考えると簡単に納得するとは思えません。

ここで考えられるのは、教室で風太郎が2人話を聞いているであろうということ。

そうなると風太郎は、小学生の時の修学旅行であった女の子は四葉だったと認識します。

四葉と三玖は一対一で思いをぶつけ、和解しましたが、二乃の場合は対話だけでの和解は困難なように感じます。

そうなれば今回の場合、風太郎が2人の間に入り、なにかしらのアクションを起こす展開があるのではないでしょうか。

二乃と風太郎はこれからどのように関わるのか。

今後も二乃の言動に注目です。

 

五月の気持ちは動き始めるのか?

ここまで風太郎への想いを明らかにせず、応援するスタンスを崩さなかった五月ですが、風太郎へのモヤモヤする気持ちを認識し、その正体に悩んでいます。

そして暗い教室で風太郎を押し倒してしまったとき、そのモヤモヤする気持ちがなんなのか、確信めいた表情をしていたように感じました。

五月はこの気持ちをどうするのでしょうか。

五月も風太郎と同じく、教室で四葉と二乃の想いを聞くこととなります。

それを聞いたうえで、五月が感じるモヤモヤは風太郎への恋愛感情からくる嫉妬心なのか?

その感情を自覚したとき、五月は風太郎にその思いを告げるのでしょか。

 

風太郎は五月になにを話したかったのか?

風太郎が五月に話したかったこととは何なのでしょうか?

ここで推察できるのは、零奈として現れたのが五月だった気が付いた。

または単純に勉強や進路の話、一花の時のように四葉についての話を五月にする。

などが考えらると思いますが、ここでは四葉の話をしたかったと推測します。

風太郎自身も四葉について考えを巡らせているところがあると思いますが、五月は唯一学園祭で風太郎にキスしていませんし、相談しても問題ないと考えていると思います。

前項でも考察しましたが、五月は四葉と二乃の想いを聞いた後、心情は下記のようになるのではないでしょうか。

五月が風太郎への恋愛感情を認識する。

風太郎が五月に四葉に関することを話す。

五月が四葉への嫉妬心、風太郎への恋愛感情を押さえられなくなる。

といった展開が考えられると思います。

 

五等分の花嫁最新話118話への感想・予想ネタバレツイート

以下が五等分の花嫁117話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

五等分の花嫁最新話118話ネタバレ確定速報

五等分の花嫁118話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

二乃の四葉への想い

昔から二乃は自分より先を四葉が行っているように感じていました。

昔の姿で二乃は悲しいような表情をしています。

二乃は四葉がうらやましくもあり、嫌いだと言います。

それまで5人姉妹で仲良くやってきたのに、四葉は1人先に行ってしまって5人の姉妹の関係を壊していったと言います。

それを聞いて四葉は自分勝手だったと二乃に謝りますが、風太郎との付き合いは認めて欲しいと頼みます。

二乃はなぜ自分が認めなければいけないと言いますが、その時教室の前の方の机が動きガタっと音がします。

2人は驚きますが、ねずみの鳴き声がして、ねずみがいるのかと納得したようです。

 

隠れる五月と風太郎

そのとき風太郎と五月は、2人に見つからないように教室の中で隠れていました。

ねずみの声マネをしていたのでした。

机を動かしてしまったのは、教室から出ようと試みた結果のようです。

机を動かしてしまい、さらに隠れようとする風太郎ですが、五月に近づきすぎて、五月は近づかないように言います。

五月はこんな密着している状況を2人には見せられないと顔を赤らめます。

風太郎は五月からスマホを借りようとポケットに手を伸ばします。

しかし、五月は勘違いして暴れます。

風太郎はスマホから2人に連絡して、教室の外へ連れ出そうという作戦を考えていました。

五月もいいアイデアだと一瞬思いますが、思いとどまります。

教室が暗いため、スマホの画面の明かりでバレてしまう可能性があると言います。

風太郎もその意見に納得し、2人が教室を出るまで待つことにします。

 

二乃の想い

二乃は四葉に、自分の思いを話し始めます。

二乃は四葉がいつも1人で先に行ってしまうことを不満に思っていたようです。

五つ子は対等であるべきなのに、四葉はいつも五つ子の関係を壊していくと。

これに対して四葉は、私は風太郎を好きなのと同じくらい皆が好きと伝えます。

二乃は、五つ子の呪縛から逃れられる四葉に羨ましいと言います。

そして今は風太郎のことを諦めるが、いつもあんた達のことを見てる。

チャンスがあったらいつでも奪いとってやる、と四葉に宣言します。

二乃は自分の気持ちに一区切りをつけ、四葉の背中を押すのでした。

五月は下田との会話を思い出し、これが嫉妬だとしたら自分は悪い子だと考えます。

 

四葉が本心を語る

二乃が教室を出ようとしますが、四葉が引き止めますが、二乃は勝手に付き合えばいいと言います。

四葉はこれは2人だけの問題ではなく、他の4人が風太郎と過ごした日々をムシできないと言います。

2人が付き合うことを認めて欲しいと四葉は思っているが、それは今すぐに認めてくれなくてもいいと思っていました。

時間がかかっても自分が誰よりも風太郎が好きという想いを見ていて欲しいと言います。

二乃は今四葉に何を言われても納得できないと言いますが、四葉は姉妹の皆が好きだからと答えます。

二乃は今まで四葉に置いていかれていると思っていましたが、ライバルと思ってくれているの聞きます。

四葉はそれを当たり前でそれでずっと生きてきたと言います。

それを聞いて二乃も風太郎への気持ちが止まっておらず、まだ終わってないと言います。

見守ってはいるが、四葉が隙を見せたら風太郎を奪うと宣言しました。

 

五月の携帯には・・・

ここで風太郎と五月は二乃に呼ばれます。

四葉は全く気づいてませんでしたが、二乃はずっと2人がいることに気づいていたようです。

四葉はずっと風太郎が話を聞いていたことがわかり赤面します。

二乃は先ほどの宣言を聞いていたことを風太郎に確認し、油断しないようにと言います。

その様子を見て五月は下田の予想が外れたと心の中で思います。

五月はそのあと、下田のところにいた中学生の恋愛相談に乗り、その想いを語ります。

振られてしまったとしても、今までの恋をしていた自分の記憶は宝物になり、これからも自分を輝かせてくれると言います。

なのでこの記憶を手放さないようにと伝えましたが、それは自分自身に言っているようでした。

そう言う五月は自分が風太郎のことを好きだという気持ちを認め、心の中でおめでとうと言います。

五月のスマホにはらいはと風太郎と三人で取ったプリクラが張られていたのでした。

 

五等分の花嫁118話ネタバレ最新話確定速報まとめ

五等分の花嫁本誌の前話117話では、五月は四葉を祝福したいと願いつつも自身のモヤモヤした気持ちに戸惑います。

四葉は二乃に自身の想いを伝える為、食堂に呼び出します。

そして4人は偶然にも同じ教室に集まることになります。

五月と風太郎は、四葉と二乃に見つからないように身を隠します。

そこで四葉と二乃が対峙します。

四葉は二乃に何を語り、二乃はどんな反応をするのでしょうか。

次の話も楽しみですね。

118話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。

以上「【五等分の花嫁本誌ネタバレ118話最新話確定速報】五月の風太郎への想いが動き出す?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る