ワンピース

ワンピースのゴールドロジャーの息子はエースだけじゃなくルフィも?映画スタンピードの場面が本誌でも描かれる!

ワンピースのゴールドロジャーの息子はエースだけじゃなくルフィも?映画スタンピードの場面が本誌でも描かれる!
Pocket
LINEで送る

現在、ワンピースではゴールド・ロジャーの過去にまつわるストーリーが進められています。

これまで語られてきたことが次々に真実に近づいていくような感じで、ワンピースをずっと読んできた人であれば目が離せない展開となっていますね。

それでもまだまだ謎は多く残されています。

かつてコミック45巻でガープがルフィに「おまえの父の名はドラゴン」という旨の話をしています。

しかしワンピースの世界では親子や家族、兄弟を名乗るうえで、血縁の義理の関係ないということが非常に多いです。

そこから、ルフィの父親がドラゴンであることも義理ではないか?という考察は後を絶ちません。

実際のところはどうなのでしょうか?

今回は「ワンピースのゴールドロジャーの息子はエースだけじゃなくルフィも?映画スタンピードの場面が本誌でも描かれる!」と題しお届けします。

 

ワンピースのゴールドロジャーの息子はエース

普通にワンピースを読み進めている人であれば、ゴールド・ロジャーの息子は頂上戦争にて死亡したポートガス・D・エースであることはご存じだと思います。

実際に本編の中でも誕生についての描写があります。

ポートガス・D・ルージュという母親の存在がセンゴクの口から語られています。

もちろんエース本人も血のつながった父親がロジャーであることは知っていたようですが、父の名を言うようセンゴクに促された時には「白ひげ」だと一点張り。

これがワンピースの世界でよくある義理の兄弟、親、家族の関係です。

エースはロジャーのことを「ろくでもない」「なんの記憶も恩もない」と言っていました。

ロジャーが父親であることを世界に知られることで不必要に命を狙われてきたからろくでもない、と言ったのかは定かではありません。

しかしロジャーの没年とエースの年齢を考えるとロジャーが父としてエースに何かを与えたことがないのは事実でしょう。

海賊王となり、世界政府がロジャーに関わるすべての人間を排除しようと世界中を奔走していました。

そんな中エースの母であるポートガス・D・ルージュは罪のない子供を守るために20か月に及ぶ長期間、胎内にエースを身ごもったまま隠し通しました。

世間のほとぼりが冷め、落ち着いたころにエースを出産、母体への負担は大きくそのままルージュは帰らぬ人となってしまうのですが、エースという名前はロジャーが決めていたようですね。

そのときに母ルージュが「この子の名はゴール・D・エース」と言っていましたが、その後エースが名乗っているのは母の姓。

ゴールド・ロジャーの血縁者だとバレると殺されてしまうのでそれを隠すために立会人であったガープが変えさせたのか。

それとも本人が自らそう名乗ったのかはわかりませんが、エース自身ゴールド・ロジャーが父親であることを喜ばしく思ってはいないようです。

当のロジャーは女の子、男の子両方の名前を考えたり、本当のひとつなぎの大秘宝を見つけるのは息子だと胸を張ったり、ロジャーなりにいろいろ思うところはあったのでしょうが、親の心子知らずというものかもしれませんね。

 

ワンピースのルフィもゴールドロジャーの息子?

そしてロジャーの息子はエースだと公式発表されているにもかかわらず、ネット上やファンたちの間で囁かれている「ルフィもロジャーの息子ではないか?」説。

これが今あながちない話でもない雰囲気になってきています。

まずネット上で言われていることに多いのは、ルフィがドラゴンの息子ではないことです。

確かに、革命軍としてともに行動することが多かったというイワンコフでさえ、その話を聞いた時には驚いていました。

さらには同じ革命軍であるコアラやサボが嬉々としてルフィの話をしようとすると、それをめんどくさそうに回避する描写もありました。

息子だから信じているのか、息子ではないから興味がないのか。

45巻でガープがルフィに「おまえの父の名はドラゴンじゃ」といったときの態度もあまりに白々しい感じがしました。

なにより、ナミに「普通気になるでしょ!?こんな有名人が父親なんだから!」と言われて新聞を見たルフィ本人が「初めて見た。あんまり似てねえな」というシーンもあります。

そのようなことの積み重ねから、ドラゴンがルフィの父親である可能性は低いのではないかという噂話が後を絶ちません。

それでも一応、新世界や世界各地で活動しているドラゴンがはるばるローグタウンまでルフィのグランドラインデビューを手助けし、見届けに来たエピソードもあります。

それはまだ明かされていない真実を知ったうえでルフィに興味を持って冒険の始まりを見届けに来たのか。

または息子の本当の船出を直接見たいと思ったのかはわかりません。

少なくとも本当の父親説があるロジャーよりはルフィに対して行動力があるように感じます。

 

ワンピースのロジャーの息子発言した映画スタンピードの場面が本誌でも描かれる!

「ワンピースのゴールド・ロジャーの息子はエース」の考察で先に言ってしまいましたが、実は映画スタンピードでの場面がジャンプ本誌にも掲載されていました。

ひとつなぎの大秘宝を見つけ、海賊王と騒がれるようになったロジャーですが、レイリーのセリフと思われる部分で誰が見つけるんだろうなと発言しています。

それに対してロジャーが自分の息子と答え、いないだろとレイリーが呆れるシーンがありました。

 

ラフテルに行くのは早すぎた?

この、ひとつなぎの大秘宝に関してたびたび出てくる「早すぎた」というキーワード。

怒涛の勢いで冒険をこなし、条件やタスクをクリアしてたどり着いたラフテル。

しかしこの発言からすると、ラフテルにはたどり着いた、しかし「早すぎた」ばかりにそれを手に入れることは叶わなかった、ということになります。

ロジャーは「この世のすべてをそこに置いてきた」と海賊たちを焚きつけて大海賊時代を作り上げましたが、実際は「手に入れることができなかった」のかもしれません。

そしてそれを次世代、つまり息子に託した。

ですがこの時点で息子はまだいない、ということが明確になっています。

この出来事の後に、ルージュと出会い、ガープにエースを任せたのであれば、海賊王の称号を手に入れ一味を解散した後のロジャーはしばらく政府から隠れながらも「普通の人間」として過ごしていた時期があるのかもしれません。

 

レイリーの行動

もしエースがロジャーの息子であったとすれば、あの頂上戦争の日、レイリーが動いてもよかった気はします。

血縁より義理の絆が強いワンピースの世界ですので、白ひげの一味が立ち向かうことはもちろんですが、付きっ切りの修行と言い、二度目の船出と言い、レイリーが望みをかけたのはルフィのほうでしたね。

ルフィはロジャーの息子説、生まれ変わり説、ルフィとエース入れ替わり説などさまざな予想や考察がありますが、本編で明かされる日も近いのではないでしょうか。

 

ワンピースのゴールドロジャーの息子についてのツイッターの声

SNS上でもロジャーの息子はエースだという意見と、ルフィかもしれないという予想が散見されました。

やはりエースの死や白ひげとのつながりを考えると、エースが息子、というのはロジャーにとって心残りなことが多すぎる気もしますね。

以下がツイッターでの反応です。

 

ワンピースのゴールドロジャーの息子まとめ

ワンピースのゴールド・ロジャーの息子について考察していきました。

今回はジャンプ968話で、映画スタンピードともリンクする重要なシーンがありました。

ロジャーの息子についての言及はまだ謎が多いですが、現在公式で発表されているエースなのか、それとも多くの人が予想しているルフィなのか、真相に少しずつ近づいてきている感じはあります。

エースの年齢や時系列から考えると息子はエースである可能性が大きいですが、登場キャラクターの反応や逸話、なにげない反応などを見ていくとルフィであっても不思議ではない流れです。

光月トキの「トキトキの実」やジュエリー・ボニーの年齢操作の能力など、さまざまな特殊能力が出てきていますのでロジャーの息子が誰なのかを考えるにあたって、母親の所在や正体も重要になってくるのではないでしょうか。

物語も佳境に近づいていると作者である尾田先生は言っていましたが、まだまだ残された謎が多いワンピース。

すべての伏線を回収して謎が明らかになるまではもう少し時間がかかりそうです。

以上「ワンピースのゴールドロジャーの息子はエースだけじゃなくルフィも?映画スタンピードの場面が本誌でも描かれる!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る