ワンピース

【ワンピース967話ネタバレ】ラフテルにロジャーとおでんが到着で世界の秘密が明らかに?

【ワンピースネタバレ967話最新話確定速報】ロジャーとおでんのラフテル到着の過去が明らかに?
Pocket
LINEで送る

最近のワンピース(ONE PIECE)本誌ではおでんがロジャーの船に乗り込みついにロジャーの最後の航海が明かされていきます。

前話966話では、ロジャー達が空島でポーネグリフを発見したところで終わりました。

967話では、その後のラフテルへの道のりが描かれていくのでしょうか?

まだまだ謎が多いラフテルですが、これから徐々に全貌が明らかにされていくのではないでしょうか?

今まで謎に包まれていた部分が明らかにされていき、ワクワクしますね。

またおでん不在でオロチが牛耳ってきているワノ国も気になりますね。

今回は「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ967話最新話確定速報】ロジャーとおでんのラフテル到着の過去が明らかに?」と題しお届けします。

 

ワンピース(ONE PIECE)最新話967話ネタバレ最新話考察

おでんがついにロジャーの船に乗り、ラフテルへの手がかりを見つけましたが、967話ではどのような展開となってくるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

謎だったラフテルが明らかに?

おでんはポーネグリフの文字を読むことができたために、ロジャーと一緒に最後の島を目指します。

ポーネグリフに書いてある古代文字は、光月家に伝わる文字でロジャーはその文字が読めなくて、進めていませんでした。

光月家がポーネグリフを作ったようですが、そのこともトキは知っているのでしょうか?

トキトキの実の能力を持っているトキが、何かしらの理由でおでんが生きた時代のワノ国に来たと思われます。

トキはおでんと一緒にロジャーの船に乗ることになったので、そのまま一緒にラフテルに行っていると考えられます。

そのことから空白の100年について伝えたい何かをもっておでんの元に来たのではないでしょうか?

光月家は確実に空白の100年に関係しており、その末に滅んだ国の人が逃れてきてできたのがワノ国であることが考えられます。

またDの一族のDが半月に見えることから、光月家とDの一族が関係しているのではとも言われていますね。

そのことから、光月家とルフィーとの間にも関係があるのかもしれません。

モモの助はルフィーの血縁関係だったなんてこともあるかもしれませんね。

どのような経緯でトキが来たのかはわかりませんが、ポーネグリフの古代文字が読めるおでんと一緒に航海することで、水先星島の先のラフテルにたどり着くこととなると思います。

967話ではまだラフテルにたどり着くことはできないかもしれませんが、その過程でまたさまざまな今まで隠されていたことが明らかになってくるでしょう。

また967話以降でラフテルにたどり着くところも描かれると思われます。

ルフィー達も最終的にラフテルに向かうと思われるので、モモの助から何か伝えられるかもしれませんね。

 

ロジャーとルフィーの夢とは?

ロジャーが言っていた世界一の海賊団になった後の目指すものとはいったい何なのでしょうか?

白ひげがガキでもないのにと馬鹿にしたように笑っていましたが、ルフィーも同じことを言っていました。

シャンクスが同じことを言っていたという場面も過去にありましたね。

その目指すものが今後明らかになるのではないでしょうか?

白ひげやサボが笑ってしまうような子供が言うようなこととは何でしょうか?
原作者の尾田栄一郎もあと5年以内に終わらせたいと言っているので、そのゴールがそろそろわかってくるのかもしれませんね。

ロジャーとルフィーの夢が一緒で、ロジャーと一緒に航海していたモモの助が今は一緒にいます。

色々と話がつながってきて、次の話も見逃せませんね。

 

ワンピース(ONE PIECE)最新話967話への感想・予想ネタバレツイート

やはりロジャーとおでんの航海で過去の伏線を回収していっていて、今まで読んでいるファンからすると熱いものがありますよね。

今までの話がここから来ていたんだと思うと単純にすごいなと思います。

以下がワンピース967話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

ワンピース(ONE PIECE)最新話967話ネタバレ確定速報

ワンピース967話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

空島を後にして航海は続く

ロジャー海賊団は空島を降りて、ポーネグリフを引き続き探す航海をしていきます。

次にウォーターセブンに向かいますが、シャンクスとバギーは北極と南極のどっちが寒いのかでケンカし始め、レイリーに喧嘩両成敗で止められます。

その後ウォーターセブンに着き、ロジャーはロジャー海賊団にオーロ・ジャクソン号を作ったトムと再会します。

列車はできたかとロジャーはトムに聞きますが、建設中と笑いながら答えます。

そこには子供のころのフランキーもいました。

おでんはうちの船長に相談してもいいと、ロジャー海賊団に入ることを進めます。

しかしフランキーは海賊に捨てられたからいいと怒りだしますが、おでんは捨てられたのかと笑います。

航海の途中日和が眠っているのを見ておでんは笑顔をみせます。

途中の島で巨大な肉を取って巨大な生き物におでん達はおでんの頭の上には幼いモモの助が乗っていました。

次に魚人島にロジャー達は向かいます。

魚人島では当時3歳の預言者のシャーリーの言葉に翻弄されていました。

ロジャーとおでんは海王類の声が少し聞こえるようで、違和感を抱きます。

また10年後に生まれる人魚姫しらほしが海王類と話すことができると言われていました。

ロビンが解読していたジョイボーイからの謝罪、ポセイドンについてロジャー達も解読します。

ロジャーが兵器に興味を示したと思ってネプチューンは嫌悪感を示すが、レイリーがロジャーはそんなことはないと否定します。

生まれる前のしらほしのことをしりネプチューンと会話し、その人魚姫伝説からポセイドンが人魚姫であることがわかります。

おでんについてきたイヌアラシとネコマムシは自分たちの故郷のゾウに赤いポーネグリフがあると言い、ロジャーは驚きましたが、本人たちは重要なことと思っていませんでした。

そしてゾウが故郷の二人が乗っている絶好の機会とゾウを目指します。

しかしそのころトキが病に伏します。

ゾウに向かう途中ワノ国の近くだったため、ワノ国に立ち寄りトキを預けます。

錦えもんたちもトキのことを知らないため、イヌアラシとネコマムシも一緒にワノ国に残ることにします。

おでんも一緒に残ろうとしますが、トキはおでんにはやらないといけないことがあるからと一喝します。

それを聞いておでんは船を降りることを想いとどまります。

また錦えもんは今のワノ国の現状を話そうとしますがトキが止めます。

そしてゾウで最後のポーネグリフを見つけて、そこに光月家の家紋を確認します。

ペドロが船に乗りたいと言いますが、人には出番があるものだと言われてしまいます。

その時にはもうすでにワノ国は異変が起こってきていました。

最後の島に出航しようとするとき、バギーが高熱が出てしまいます。

その時シャンクスが自分が看病をすると名乗り出て、2人は船を降ります。

シャンクスは行くときは自分の船で行くと言っています。

そしてロジャー海賊団はついに最後の島にたどり着きます。

ロジャーは前人未到だった世界一周をして海賊王の称号を得ることになりました。

 

ロジャー達は世界のすべてを知る

ロジャーは最後の島にたどり着き世界のすべてを知ります。

ここには世界政府が隠してきた「空白の100年」「Dの一族」「古代兵器」とは何なのかが記されていました。

そのすべてはやはりワノ国につながっていました。

ワノ国は鎖国していますが、昔は世界と接していたということです。

おでんも自分の国がまさかこのように関わっていたとは思っていなかったようです。

これらすべてをおでんは航海日誌に記しています。

 

最後の島ラフテル

そして最後の島には膨大な宝の山がありました。

その宝を目の前にロジャーは大きな口を開けて、涙を流しながら笑っていました。

ロジャー海賊団のみんなも腹を抱え、涙を流しながら笑っています。

おでんはクロッカスと肩を組んで、ギャバンはひっくり返り、レイリーは口を大きく開けて大笑いしていました。

笑いながらろじゃーはジョイボーイと同じ時代に生まれたかったと言います。

ジョイボーイにとんでもない宝を残してくれたといい、これはとんだ笑い話だと言いました。

ロジャーはみんなに提案します。

最後の島には800年もの間誰も足を踏み入れることができなかったので名前もないから、名前を付けないかと。

そしてロジャーは最後の島にラフテル Laugh Tale(笑い話)と名付けました。

 

ワンピース(ONE PIECE)627話以降のネタバレ考察

ロジャー達は最後の島ラフテルにたどり着きました。

今後どのような展開となっていくのでしょうか?

今後ロジャーはもう病気で余命わずかなようなので、以前描かれていた白ひげとの花見の場面になるのだと思います。

その時Dの一族について語っていますが、それもラフテルで知った世界の謎をもとに話していたのですね。

花見の場所はワノ国と今まで言われてきましたが、ラフテルに行ったあとはロジャーが処刑の時に言ったように財宝を隠して、ワノ国に向かうこととなりそうですね。

その頃ワノ国ではオロチが好き勝手にやっていそうです。

ワノ国を救うためにもおでんがワノ国に帰って救いに行くところも描かれるかと思います。

おでんの最期の場面まで描かれて、現代に戻ってくるのではないでしょうか?

またロジャーと白ひげはワノ国でもう一度会っていると思いますが、おでんとは再開しているのでしょうか?

それでしたらワノ国の一件も白ひげが解決してくれそうな気もしますが、おでんが自分の家の話だからと断ったのでしょうか?

いずれにせよロジャーとおでんの航海でまた色々なことが明らかになってきそうですね。

 

ワンピース(ONE PIECE)627話ネタバレ最新話確定速報まとめ

ワンピース(ONE PIECE)の前話966話では、おでんがロジャーと航海することとなり、空島でポーネグリフを見つけるところまでいきました。

最新話967話ではラフテルにたどり着きました。

今までルフィーが行ってきたところが出てきて、ちょっと感動ものでしたね。

次は「空白の100年」「Dの一族」「古代兵器」の内容が明らかになるのでしょうか?

次々と明かされていく、ロジャー、おでんの過去ですが、次の話も楽しみですね。

以上「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ967話最新話確定速報】ロジャーとおでんのラフテル到着の過去が明らかに?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る