ワンピース

ワンピースのゴールドロジャーの悪魔の実の能力は?ルフィと同じ先代のゴムゴムの実の能力者だった?

ワンピースのゴールドロジャーの悪魔の実の能力は?ルフィと同じ先代のゴムゴムの実の能力者だった?
Pocket
LINEで送る

ワンピース本誌の966話からゴール・D・ロジャーが登場し、おでんがロジャー海賊団に入り、一緒に最後の島を目指します。

今までところどころでロジャーについて語られてきましたが、おでんとの航海でロジャーの秘密が明らかにされてきました。

そこで気になるのは海賊王となったロジャーが悪魔の実の能力者だったかです。

ルフィはゴムゴムの実の能力者となり、海賊王を目指しましたが、ロジャーは能力者だったのでしょうか?

悪魔の能力者だったらロジャーは何の実の能力者だったのでしょうか?

ロジャーの能力について考察していきます。

今回は「ワンピース(ONE PIECE)のゴールドロジャーの悪魔の実の能力は?ルフィと同じ先代のゴムゴムの実の能力者だった?」と題しお届けします。

 

ワンピースのゴールドロジャーは悪魔の実の能力者?

まずはロジャーが悪魔の実の能力者かどうだったかを考えていこうと思います。

現在のところロジャーが能力を使ったという描写はありませんが、実際のところどうだったのでしょうか?

現在、ワンピースのストーリーの中では当たり前のように「悪魔の実」の能力者が出てきます。

強いキャラクターはだいたい何かの能力者といっても過言ではないほどです。

だとすれば当然、海賊王になったゴール・Ⅾ・ロジャーも「悪魔の実」の能力者だったという可能性はもちろんあります。

ですが、ロジャーの一味や白ひげたちが全盛期だったその時代、「悪魔の実」は伝説の存在のように扱われています。

当時見習い海賊だったバギーが「悪魔の実」を誤食してしまった経緯の中で、「悪魔の実」を見たクルーたちが不思議そうな、怖がるような、驚くような反応を見せていました。

自分の船長がもし「悪魔の実」の能力者だったら、そこまで忌避するような反応を見せるでしょうか?

右腕だと言われていたシルバーズ・レイリーでさえ、興味関心を持つような態度でした。

とはいえ、白ひげなど同世代の海賊は能力者であることも。

彼らがいつ「悪魔の実」を口にしたのか定かではないですが、どこかのタイミングでロジャーが「悪魔の実」を食べた可能性もあるということになります。

 

ワンピースのゴールドロジャーは先代のゴムゴムの実の能力者でルフィが継いだ?

では仮にロジャーが悪魔の実の能力者だった場合、何の実の能力者だったのでしょうか?

今のところ一番予想されているものはルフィが食べたゴムゴムのみです。

ロジャーがゴムゴムの実の能力者と予想する理由を挙げていきます。

 

ゴムゴムの実をシャンクスが持っていた

すべての始まりとなる第一巻、そこでルフィは「悪魔の実」を口にすることになります。

そのきっかけがルフィの恩人であり、憧れであり、海に出る後押しをしたシャンクスです。

そして彼はかつての海賊王、ゴール・Ⅾ・ロジャーの船に見習いとして乗っていた過去があります。

そんなシャンクスが持っていた「ゴムゴムの実」。

彼は一体どういう経緯でその「悪魔の実」を手に入れたのでしょうか?

「悪魔の実」は、作中ではほとんどの場合取引にて売買されていたり、保有していた機関や組織から略奪して手に入れられることが多いです。

その市場価値の高さから後々、人工的に「悪魔の実」を作り出す闇家業が横行することになるほどです。

伝説といわれるほど希少な存在、売れば何億ベリーにもなり得る価値の高いもので、恐れられると同時に喉から手が出るほど欲しいものでもあります。

ですが、本編でシャンクスの船のクルーであるラッキー・ルウが「敵船から奪ったゴムゴムの実」と明言しています。

一説ではゴール・Ⅾ・ロジャーもゴムゴムの実の能力者だったのではという噂もありますが、このセリフだけでその可能性は低くなってしまいます。

あとでも説明しますが、「悪魔の実」は所有者が死ぬとまたどこかで再生されます。

「悪魔の実」の能力者であったロジャーが死に、人知れず再生した「悪魔の実」をシャンクスが手に入れ、それをルフィが食べた、という展開は非常に期待したい流れでもあります。

財宝や高価なものには興味がないシャンクスが、「敵船から奪った」というほどですからもしかするとシャンクスにとってはどうしても手に入れたいものだったのかもしれません。

「偉大なる航路」や「新世界」などひと通り旅をしてロジャーの故郷であり、最弱と呼ばれる「東の海」へとわざわざ訪れたのも、なにかロジャーの足跡を追ってのことかもしれません。

受け継がれる意志、レイリーに対して言った「おれは死なねえぜ」というセリフ。

ゴムゴムの実という「悪魔の実」が、原点にして頂点であったオチは個人的には胸を熱くさせるものがあると思います。

 

コビーの言葉

コビーがあのゴムゴムの実を食べたなんて驚きましたと、ルフィがゴムゴムの実の能力者であることに驚いています。

ここで注目すべき点は”あの”ゴムゴムの実をという点です。

ということはゴムゴムの実は有名な悪魔の実の能力なのではないかと思うのです。

特にゴムゴムの実と聞いても強そうには聞こえませんので、ゴムゴムの実のルフィより前の能力者が有名な人物だったと予想されます。

その点からロジャーがゴムゴムの実の能力者でしたら、あのとコビーが言った理由も納得です。

 

悪魔の実は能力者が死ぬと復活する

作中ではたびたび「悪魔の実」についての説明がされます。

ですが、まだわからないことや解明されていないことのほうが多いです。

それでも明確なのは「「悪魔の実」を体に宿した保有者が亡くなると世界のどこかに再生する」ということ。

メラメラの実の保有者であったエースの死後、ドレスローザ編でコリーダコロシアムの景品としてメラメラの実が再登場しました。

その仕組みで考えると、何らかの能力者であったロジャーの死後、彼をたいそう慕っていたシャンクスがロジャーの保有していた「悪魔の実」を探そうとする可能性もあり得てきます。

 

ワンピースのゴールドロジャーの能力のツイッターでの予想

ツイッターでもロジャーが能力者ではなかったのかといった予想ツイートが多くみられました。

以下がロジャーの能力についてのツイートの一部です。


ロジャーの能力については様々な考察や想像、期待と願望がネット上で見られます。

個人的にはゴムゴムの実の能力者であってほしいという願望もあります。

しかし「悪魔の実」なしであの時代に名を上げた、伝説の海軍ガープのように腕っぷし一本で成り上がった「漢」でもあってほしいとも思います。

 

ワンピースのゴールドロジャーの能力まとめ

ここまでワンピースの海賊王、ゴール・Ⅾ・ロジャーの能力について考察してみました。

Twitterや考察サイトなどで多く見られたのはやはりゴムゴムの実の能力者ではないか、ということです。

ゴムゴムの実の能力者であったロジャー亡き後、どこかで再生したゴムゴムの実を探し出し手に入れたシャンクス。

ロジャーの故郷である「東の海」にその思いの詰まった「悪魔の実」を返しに来たところ、ルフィが食べてしまう。

伝説の始まりの海がまた、伝説の始まりとなる。

作中でよく使用される「受け継がれる意志」のひとつになるのではないでしょうか。

以上「ワンピース(ONE PIECE)のゴール・D・ロジャーは悪魔の実の能力者?ルフィの前のゴムゴムの実の能力者だった?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る