僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ283話ネタバレ】デクが先々代OFAの個性「浮遊」に目覚める!

【ヒロアカネタバレ最新話283話確定速報】ギガントマキアが街に迫る!
Pocket
LINEで送る

2020年9月7日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌283話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ前話の282話では、ついに死柄木が個性消失弾をイレイザーヘッドに向けて撃ってしまいました。

イレイザーヘッドは撃たれた左足を切り落とし、個性の消失を免れましたが、追撃してきた死柄木の手によって倒れてしまいます。

怒りに燃えるデクが100%の力を振り絞り、死柄木に殴りかかります。

しかし狂気にかられた死柄木は止まりません。

そうしているうちに別行動していた轟が死柄木の元へとやってきました。

そして場面は変わり、麻酔薬で眠らせたはずのギガントマキアが街へと突っ込もうとしています。

果たしてこのままギガントマキアの進撃を許してしまうのでしょうか?

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)283話ネタバレ】デクが先々代OFAの個性「浮遊」に目覚める!」と題しお届けします。

 

現在ヒロアカでは今回で282話となっており、戦いも激化してますね。

ここでこれまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そこでヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか?

ヒロアカ28巻を無料で読むには?ネタバレあらすじや収録話は何話までで発売日がいつか紹介

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにヒロアカを無料で読むことができます。

今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ヒロアカ283話ネタバレ考察

考えられる今後のヒロアカの展開を紹介していきたいと思います。

ヒロアカ最新話282話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ283話ネタバレ考察|敵連合vs雄英生!

B組の骨抜による地面の軟化によって引き倒されたギガントマキア、その背に乗っていたヴィランたちは振り落とされてはいませんが、その衝撃に驚きました。

謎の多い荼毘や、吸血少女のトガヒミコ、Mr.コンプレスやスピナー、そして異能開放軍の元幹部スケプティックがA組とB組の雄英生やプロヒーロー達に取り囲まれます。

ここでギガントマキア進撃妨害作戦と同時に、敵連合と雄英生たちとの戦いが始まりそうです。

ギガントマキアが立ち上がれないようにサポートに回っている面々や、Mr.コンプレスやギガントマキアの攻撃を受けてしまった上鳴たちなど、戦闘できない生徒たちも出てきています。

上記した敵連合メンバーの中で、一番厄介なのは何といっても荼毘でしょう。

彼はスパイ活動をしていたホークスを不意討ちとはいえ、戦闘不能に追いやるほどの能力を持っています。

プロヒーローですら確保が困難な敵連合の幹部級を、果たして雄英生たちは追い詰めて確保することができるのでしょうか?

 

ヒロアカ283話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がヒロアカ282話を読んでの感想、これからのヒロアカの予想をしていたツイートの一部です。

 

ヒロアカ283話ネタバレ

ヒロアカ最新話283話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ283話ネタバレ|止まらないギガントマキア

ギガントマキアと対峙していたA組B組合同チームから話は始まります。

彼らの目の前にはギガントマキアが通り過ぎて行った、地面が抉れて地形が変わるほどの光景が広がっていました。

麻酔薬をギガントマキアに飲ませた後、しかしギガントマキアは止まらず暴走を続けました。

それを食い止めようとプロヒーローたちは奮闘しますが、なすすべはなく、それでも生徒だけでも守ろうとヒーローの手によって合同チームは九死に一生を得ます。

ギガントマキアは腕や爪を変形させ、暴れまわっていったのを目の当たりした生徒たちは、過ぎ去ったあとも恐怖に震えていました。

そして市街地へと突っ込むギガントマキアは、敵連合幹部を背に乗せて「主のもとえええ!!!」と叫びながら進撃を続けます。

捕まったドクターは笑いながら、暴走を続けるニアハイエンドやギガントマキア、そして死柄木を止めることはできないのだと叫びます。

 

ヒロアカ283話ネタバレ|死柄木が深手を負う!?

瓦礫の上に立つ死柄木は、やっと自分の個性「崩壊」を抑え込んでいたイレイザーヘッドを再起不能にできて、満足げに笑います。

轟は倒れたイレイザーヘッドこと影山先生の安否が気になり、暴豪はデクは動けたのに咄嗟に動けなかった自分を責めています。

そんな中、デクは怒りと憎しみを込めて死柄木を見つめます。

そんなデクを、死柄木は迎え撃とうとしますが、しかしそこで死柄木の体に異変が起きました。

なんと右腕から右の胸部にかけて、「バキャッ」っという音とともに、大きく傷が出来ましたのです。

丁度傷があったところに突然傷ができ、噴き出す血を見て死柄木も何が何だかわからずに、ただ「あ?」というしかありません。

デクが何かしたのかと疑う死柄木ですが、デクは何もしていないと言いながらも、脳裏でとあることを思い出しました。

自分がワンフォーオールの力の制御ができていないころに、身体を壊した過去の日々を。

死柄木の調整は75%というあと一歩のところで、ミルコによって無理矢理外に出されたという伏線が、ここで回収されました。

 

ヒロアカ283話ネタバレ|デクが先々代OFAの個性「浮遊」に目覚める!

突然深手を負うもののそれでも動こうとして、死柄木は一度体勢を立て直そうと距離を取ろうとしますが、その隙をデクは見逃しません。

デクは、ワンフォーオールの力をまた振り絞り、黒鞭を使って死柄木を捕まえようとしたそんな時、今度はデクの体に変化が起き始めます。

黒鞭を発動させながら、フルカウルの電撃のようなオーラを身に纏ったデクは、なんと死柄木とともに宙に浮きあがります。

そう、この瞬間に先々代ワンフォーオールである志村菜奈の個性「浮遊」が、デクに継承されて発動したのです。

これ以上被害を増やさないよう、「空(ここ)で」と口にしながら、デクは拳を握り締めます。

死柄木の祖母である志村菜奈の個性が目覚めて死柄木を止める、というなんとも運命的な展開になりました。

 

ヒロアカ283話ネタバレまとめ

ヒロアカ前話の282話では、死柄木の個性「崩壊」が復活してしまいました。

しかし最新話確定速報としてヒロアカ283話のネタバレを紹介しましたが、今回の283話にて、なぜか死柄木の体が突然傷つき、大きな隙が出来ました。

その隙を見逃さなかったデクが、死柄木を追い詰めようと迫ります。

そして遂に、ワンフォーオールの歴代後継者たちの個性の一つが発現しました。

何の因果か、死柄木の祖母であり先々代ワンフォーオールである志村菜奈の個性である、「浮遊」をデクが発現しました。

きっと死柄木を止めようと、志村菜奈がデクに託したのでしょうね。

舞台を空に変えたデクと死柄木の戦いは、どのような結末を迎えるのでしょうか?

次回のヒロアカも目が離せませんね。

以上「【ヒロアカ283話ネタバレ】デクが先々代OFAの個性「浮遊」に目覚める!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る