ワンピース

【ワンピース974話ネタバレ】赤鞘九人男の中からスパイがいると判明!

【ワンピースネタバレ最新話974話速報】傳ジローが居眠り狂死郎となり暗躍?
Pocket
LINEで送る

2020年3月16日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース(ONE PIECE)本誌974話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ワンピースの前話973話では、過去編でトキが皆を未来へ飛ばし、その後傳ジローが居眠り狂死郎となり日和を小紫と名乗らせ守ることになりました。

傳ジローが陰で暗躍して、ルフィたちの助けとなってくれそうですね。

974話では現代に戻るのでしょうか?

今後のワンピースも見逃せませんね。

今回は「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ最新話速報974話確定】傳ジローが居眠り狂死郎となり暗躍?」と題し紹介していきます。

 

ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ最新話974話考察現代編

前話では傳ジローが居眠り狂死郎と判明しましたが、今後どうなるのでしょうか?

考えられる現代に戻ってから展開を紹介していきたいと思います。

 

カイドウが話していた裏切り者とは?

おでんの襲撃をスパイによって知ったカイドウは、兵をそろえて待ち受けていました。

そのスパイとは誰なのでしょうか?

ネットでも誰が裏切ったのかという議論がされています。

おでんが殺され赤鞘九人男たちは一旦は助かったということですが、皆おでんのことを想い泣きながら逃げています。

このことでこの中に裏切り者がいるという可能性は低くなったのではないでしょうか?

ですが、まだ裏切りがないとは言えませんね。

まだ現代においても判じ絵が一度バレてしまった点は裏切り者の誰かがバラした可能性もありますね。

赤鞘の中に裏切り者がいないことを願いたいものですね。

また裏切り者と言えば福ロクジュや御庭番衆ですが、彼らのことを言っていた可能性もありますね。

またヒグラシがマネマネの実の能力で誰かに化けて潜入していた可能性もあります。

最後にモモの助の姿にもなっていたことから、もしかしたらモモの助になって九里の城に潜入していたのかもしれませんね。

本当のところはどうなのでしょうか?

 

 

ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ最新話974話考察過去編

過去編が長く描かれていますが、過去での内容で今後描かれるであろう内容を考察していきます。

 

おでんの遺書の続きには何が?

トキはおでんからの手紙を途中で破ってしまいます。

もちろんトキはすべてを読んでから破ったのでしょう。

そのあとの内容が気になるところではないでしょうか?

もし自分が死んだらと続く内容はトキトキの実で未来に飛んでほしいということだと思われます。

ですが、トキはモモの助たちを未来に飛ばして自分は残っています。

おでんからの遺書を破ってしまったということは違う道を進むという決意だったのかもしれませんね。

トキは800年もの前の過去から何度も未来へ飛んできておでんと出会いました。

それらの経験から自分がどのようにした方がワノ国、世界のためになるのか分かった上での決断だったのではないでしょうか?

そして旅の執着地としておでんが死んでしまったこの時を終わりとしたかったのかもしれません。

また未来へ飛ぶ計画がオロチ、カイドウに漏れてしまっては、未来に飛んだところで潰されてしまう可能性もあります。

そのため証拠が残らないように破ったのかもしれませんね。

これから未来に飛ぶ場面が描かれるかと思いますが、どのような状況、どのような思いがあったのか描かれていくのではないでしょうか?

 

トキの過去

トキは800年も前から未来に何度も飛んできています。

それらの過去にもさまざまな物語があったでしょう。

まだ過去に何があったのか明かされていませんね。

それらを語る場面があるかもしれません。

それはモモの助になのか、赤鞘たちへなのか、死んでしまったおでんに向けてなのかはわかりません。

ですが、ここでトキがなぜ800年もの過去から未来へ何度も飛んだことを明らかにすることにより、物語も進んでいくのではと思っています。

そして過去に何があったのか気になりますよね?

おそらく空白の100年、Dの一族、光月家について関係していることと思われますので、今後の物語にも重要な事柄だと思われます。

 

トキの他にも過去から未来に飛んできた人がいる?

おでんはトキに対して、トキにお前800年前から探しに来たのではないかと尋ねています。

この「も」が気になった人も多いのではないでしょうか?

「も」の考え方は2つ考えられるかと思います。

  • トキと一緒に未来にやってきた人がいる
  • トキと同じものを同じように探している人がいる

どちらかだとは思いますが、おでんも知っている人物であると思われます。

ですので、トキと同じように未来に飛んできた人がいるという可能性はすくないのではないでしょうか?

その人物が最初にトキと一緒にいなかったのも気になります。

そしてトキと同じように探している人というのは、ジョイボーイのことではないでしょうか?

おでんはラフテルにたどり着き、世界の秘密を知りました。

そしておでんが最後に言っていた、皆が待ち望んでいる人物ということになるのではと思われます。

 

おでんが言おうとしたこととは?

おでんはトキが望むと言いかけたところで、口をふさがれます。

そして上のツイートの方も行っているように「ム」と言いかけたように見えます。

この「ム」とは何でしょうか?

  • ただ単に口をふさがれたために言った言葉
  • トキが「ム〇〇○」を望んでいた

これはどちらともあり得そうです。

急に口をふさがれれば誰でも驚き、言おうとしている言葉が「ム」のようになる気もします。

またムから始まる言葉がトキの望むものかもしれません。

この場合ムギワラの可能性が高いのではないでしょうか?

聖地マリージョアの地下には麦わら帽子がありました。

麦わら帽子が世界の秘密と関係があることは確実です。

ロジャーが麦わら帽子をかぶっていたことがわかっていますが、このことからジョイボーイもかぶっていた可能性が出てきています。

となるとトキが求めていたのは聖地マリージョアの麦わら帽子なのかもしれません。

この麦わらのことをドフラミンゴは国宝で存在自体が世界を揺るがすと語っています。

麦わらが帽子があれば、世界規模で何かが起こりそうな感じがします。

おでんが言いかけた「ム」とは何だったのでしょうか?

この辺りは読者に色々考えさせるためにあえてこうしたのかもしれません。

 

せみ丸もひぐらしと一緒にカイドウに殺された?

おでんとの戦いを邪魔したとしてカイドウはひぐらしを殺しました。

せみ丸に関しては、おでんがオロチの城に攻め込んだ時以来出てきていません。

せみ丸はどうなったのでしょうか?

カイドウがひぐらしと一緒に殺してしまった可能性もありますね。

ひぐらしを守ろうとして、カイドウに一緒に殺されたのではないでしょうか?

現在バリバリの実はバルトロメオが能力者ですので、過去のどこかのタイミングで死んでいることは間違いないでしょう。

それにバリバリの実の能力者が出てきて、そのまま現在に戻ることはないかと思いますので、何かしらせみ丸が死んだことがわかる描写があるかと思われます。

また赤鞘九人男たちが処刑場から逃げる間に、誰かがせみ丸と戦っていたかもしれないですね。

せみ丸がどうなったのか、未来に移る前に描かれるのではないでしょうか?

 

光月家は月から来た?

日和が三味線で弾いているのは「つきひめ」という曲であるということがわかりました。

光月家、天月トキ、つきひめどれも月に関係しています。

このことからワノ国は月に関係しているのではないのかと思います。

エネルの扉絵でも月の民が資源を求め地球へ移住したということがわかりました。

そのことからも空島、ワノ国は月と関係があるのではと思います。

そのことから、空白の100年、世界政府、天竜人の秘密も絡んでくるのではないでしょうか?

エネルは月に向かい、神の国を建国しています。

その後どうなったかはわかりませんが、ワンピースの物語はこれから月がかかわってくると思いますので、エネルが再び登場といった展開にもなってくるのではないでしょうか?

 

ワンピース(ONE PIECE)最新話974話への感想・予想ネタバレツイート

以下がワンピース973話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ最新話974話確定速報

ワンピース最新話974話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

日和と傳ジロー

日和は傳ジローのことを丑三つさんと呼び、稼いだお金を渡します。

傳ジローは無理をしている日和を心配しますが、お礼を言いお金を受け取り、えびす町に日和の分を含めて届けます。

傳ジローは日和に毎日血のりを着物に仕込んでおくように伝えます。

オロチが完全に小紫に惚れていると言います。

そして親の仇であるオロチと接触することは辛いと思い声をかけます。

しかし万一の時は死でオロチと小紫を引き離すといいます。

もうすぐ20年であとわずかだと励まします。

 

オロチの不安

オロチは20年前モモの助や赤鞘たちの骨が出てこないことで、いつか復讐されるのではと恐れていました。

そして20年後、現代より数か月前のことです。

桃の助と赤鞘九人男の4人が20年前から飛んできたとの知らせを受け、恐怖します。

それを聞いてカイドウはあの燃える城から未来へ飛ぶ能力なんてあるのかと疑い、おびえたオロチを騙しているだけなのではと言います。

そこでオロチは証拠として未来へ飛んできたことを知らせてきた手紙を見せます。

オロチはこの知らせを受けてすぐに海岸で出国する者がいないか、見張らせます。

カイドウは本当に生きていたのなら殺すなとオロチに言います。

20年経って光月家に聞きたいことができたそうです。

 

オロチに未来から飛んできたことを知らせた裏切り者とは

オロチが言うには、赤鞘たちが未来へ飛んできたという情報を届けた人物は、信頼できる男だと言います。

 

大衆演劇の一座の生まれで、大名殺しの一族だとその人物の両親は、舞台上で殺されてしまいます。

両親を殺されたことで心を失い、舞台で演じることしか知らなかったために、他の誰かを演じることで生きていたそうです。

その人物にオロチは目を付けます。

光月家に復習しないかと、自分が黒炭家の末裔で、両親を殺した犯人は殺したと言います。

そしてオロチは光月として生き、光月と死ぬという役割を演じるように勧めます。

そして悪魔の実を渡します。

その人物は演じることしかできず、死に場所を探していたため、オロチの言う通りすることになります。

そしてオロチが言うには、おでんの城に金を借りに行ったとき、その男は倍の額を倉庫から取ってきて渡してくれたと。

そのおかげでカイドウとも手を組めたのだと言い、そのおかげでおでんの襲撃も知れたのだと。

そしてその男はおでんと一緒に処刑で死ぬつもりだったが、助かったためにその後も光月家の家臣として暮らし、情報をオロチに淡々と送ってきていると言います。

 

錦えもんたちは船で鬼ヶ島へ向かう

過去編が終わり、舞台は現代に戻ります。

モモの助は錦えもんたちが鬼ヶ島へ行くことを止めようとしますが、制止を振り切り船を出します。

集まる予定だった4200人の仲間はおらず、天気は嵐で、港には船の残骸が残っているだけです。

錦えもんはモモの助に少数であれば敵にもバレずに潜入することができるため諦めないと叫びます。

モモの助は港に残され、泣きながら止まるように叫びますが、しのぶに止められます。

船の中では皆作戦が漏れてしまったのだと考えます。

錦えもんは赤鞘九人男の中に裏切り者がいると考えたくなかったと言い、今さら知りたくもないと言います。

菊の丞は錦えもんの胸倉をつかみ、スパイを探し出し斬って前に進まないのは錦えもんらしくないと言います。

錦えもんは悔しそうな表情で、スパイである人物が自首するわけがないと言います。

カン十郎は菊の言う通りでしっかりやらなければと言います。

 

カン十郎がスパイと名乗り出る

そしてカン十郎が自分がそうであると言うのです。

錦えもんは信じられないような顔をし、一緒に釜茹での刑を受けたことを言い冗談ではと言いますが、カン十郎はそれが役割で、一緒に死んで完成したと言います。

子供のころからカン十郎は死に場所を探しており、カン十郎という存在は初めからいなかったのだと言います。

そこに感情はなく、一緒に一喜一憂して過ごし、信頼を得て、誰も傷つけずに来たと。

しかし、オロチに情報は渡していたと言います。

これには赤鞘の皆も驚愕します。

菊がなぜそのようなことをと聞きますが、カン十郎は黒炭家の人間で黒炭カン十郎と名乗り、理由はこれで十分だろと言います。

最初の作戦が漏れたのも、ローの部下が漏らしたのではなく自分が漏らしたものだと言い、康イエが約束の場所を変えたのはよかったが、自分に伝わった時点で犬死だと。

それを聞き錦えもんは涙を流し、怒りの形相になります。

ビブルカードがない状態でなぜジャックが現れたのか怪しく思わなかったのかとカン十郎はイヌアラシとネコマムシにいい、こうなるまでなぜ疑わなかったのかと言います。

>>勘十郎がスパイか考察

 

百獣海賊団が待ち受ける

そして百獣海賊団の船が待ち構えていました。

船の中からなぜ今まで身内を疑わなかったという声、オロチの言う通り鬼ヶ島を目指す船がいたとの声が聞こえます。

本当にあの時の赤鞘たちがいると驚き、スパイが忍び込んでいて、お前だなと尋ねます。

カン十郎はいかにもと答えます。

それを聞き錦えもんは怒りカン十郎の首を斬り落とします。

しかし首が落とされても胴体がしゃべります。

正体を明かさずにこのまま一緒に死ぬのもよかったが、オロチにモモの助を連れて来いと言われており、止められてと言います。

そして気が付くとカン十郎はモモの助を抱えて、すでに離れている船に乗っていました。

そして赤鞘と一緒にいたカン十郎は絵で消えていきます。

皆カン十郎の絵は下手だという認識でしたが、これも演技だったようで、イヌアラシもゾクッとします。

 

ルフィたちが鬼ヶ島に乗り込む!

その時わーぎゃー言っている船が近づき百獣海賊団の船が爆発します。

ルフィが遅くなってごめんと言います。

そして海底からローの海賊船が浮上し、こんな嵐に小さい船で行くとはなめているなとローが言います。

さらには反対から百獣海賊団の船を攻撃して、キッドが現れます。

姿を現したルフィ、ロー、キッド。

ルフィは海なら海賊が相手だと言います。

この3人も鬼ヶ島に乗り込むようです。

これからどうなっていくのでしょうか?

 

ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ最新話速報974話まとめ

ワンピース(ONE PIECE)本誌の前話973話では、傳ジローが狂死郎で日和が小紫ということが判明しました。

最新話確定速報として974話のネタバレをお届けしました。

過去編が終わり話は現代へと変わりました。

カイドウが言っていたスパイとはカン十郎でした。

赤鞘九人男の中にスパイがいるとは驚きでした。

おでんが処刑されたときは皆泣いて逃げていましたし、赤鞘の中にはいないものと思っていました。

そしてルフィ、ロー、キッドが現れ、共闘するようです。

これからカイドウ達との決戦となるかと思いますが、どうなるのでしょうか?

次の974話も見逃せない展開となりそうですね。

以上「【ワンピース(ONE PIECE)ネタバレ最新話速報974話確定】傳ジローが居眠り狂死郎となり暗躍?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る